読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

おきらく・ごくらく日記

野鳥とゲームとデジタルガジェットの日々

新しい「ハンドスピナー」が届きました

昨日購入した「ハンドスピナー」。
ken-s.hateblo.jp

買ったばかりですが、近くにあると、ついつい回してしまっております。
WEBサーフィン中でも右手でマウスを握りながら、左手でくるくると無意識で回している状態・・・ある種の中毒状態なのかもしれませんね。

息子と娘も気に入ってしまい、なかなか私の元に戻って来なかったので、追加で新しい「ハンドスピナー」を注文。
それが本日届きました。

前回購入したのは、プラスティック製のアームが3つのもの。

そして、今回届いたのは、金属製(銅製)のアームが2つのものです。

材質による違いや、アームの数による違いなどを体感するために、違うタイプのものを買ってみました。

ハードな感じのデザインが、男性っぽくて良いかなぁということで買ってみました。
そのうち、クロムハーツとかから純銀製のものが出たりすれば、結構人気が出そうな気もします。

強度的にどうかは分かりませんが・・・

さておき、今回も大きめの箱で到着しました。

中身は前回同様にスカスカですが・・・

今回はナイロン袋に入っておりました。

ナイロン袋を開くと、ブリキ缶が入っておりました。

ブリキ缶を開けると、商品がウレタン製の固定部品にハマっている状態で入っておりました。

先に買っていたものと並べてみると、サイズの違いはこんな感じです。

重量的には、結構ずっしりと感じられます。

厚みも結構あります。

どれぐらいか量ってみました。

プラスティック製のアーム3本の方は53gでした。

今回買った金属製のアーム2本の方は57gでした。

案外重量的な差はありませんでした。

ただ、持った感じは、金属製のアーム2本の方が表面積が小さくて少し重い分、凝縮感がある感じでした。

とりあえず、今回も回してみました。

前回同様、動画を撮影しております。
youtu.be

回転させる為にハンドスピナーを弾く時の感じが、どことなくZIPPOのフタの開け閉めのようで、プラスティック製よりもちょっと気持ちよかったりします。

ZIPPO (ジッポー) ライター クロームサテーナ 200.YS

ZIPPO (ジッポー) ライター クロームサテーナ 200.YS



実際に回してみた感じでは、先に買ったアーム3つの方が私は回しやすいと感じました。

回転の初速も、一日の長というか、1日早く楽しんでいたアーム3つの方が早い感じです。

ところが、2つを同時に回してみたところ、金属製のアーム2つの方が、ベアリングが良いのか回転が止まるまでにかなり粘る感じ。
初速が劣っていても、止まるまでの時間は金属製ものの方が長かったりします。

あくまで個人的な感想ですが、回しやすさはアームが2つのものよりも3つの方がよくて、ベアリングの粘りはプラスティック製よりも金属製の方が良いという感じです。

他のプラスティック製のものや、金属製のものがはたしてどうかは分かりませんが、今回我が家で購入した2つの商品を比較した感じでは、このような結論となりました。

とりあえず、新旧2つのハンドスピナーを両手で同時に回してみたりもして、楽しめております。

ただ、油断をすると、息子と娘が私のところからハンドスピナーを奪って行くので、気付いたら無くなっているという争奪戦が行われていたりします。
さすがに、追加でもう1つというのは・・・ちょっと避けたいところですが・・・

「ハンドスピナー」という玩具を買ってみました

人生には、適度な遊びが必要ですね。

つい数日前に見た記事にて、とある玩具のことを知りました。
headlines.yahoo.co.jp

ハンドスピナーは、アメリカではフィジェットトイ(Fidget Toys)と呼ばれているそうです。
中央に持ち手となる軸があって、その周囲にベアリングでつながったアームがあり、そのアームの先に重りがついただけの玩具。

記事によると、アメリカの学校で流行して、禁止になったところもあるとか・・・

個人的には実際にそういった記事は提灯記事が多く、流行らせたいという記事を書いた側の意図が見受けられるので、あまり気にはしないのですが、やってみた感覚がちょっと楽しそうというか、気持ちよさそうな気がしたので、乗ってみることににました。

早速買う為にアマゾンを覗いてみたら・・・思いのほか多数の商品が出てきました。

金属製のものもあれば、プラスティック製のものもあり、形も多様で安っぽいものからちょっと高級感のあるものまで、品揃えが沢山。
ただ、販売元を見ると、中国の会社のものが多いようなので、もしかしたら品質もピンキリなのかも。

さらには、提灯記事の場合は、それを書かせる側の意図が含まれ、特定の商品を売りたいから書かせるのがほとんどですが、アマゾンでここまで多くの類似品というか、商品が横行している状態だと、提灯記事を書かせても効果がないのではないかなぁと。

だとすると、元の記事は提灯記事というわけではなく、本当に流行しているのかもしれませんね。

で、記事を読んだ後、これは試してみても良いかなぁということで、早速注文したところ、本日無事に商品が到着しました。

結構大きな箱で到着しました。

しかし、中身はこんな感じでスカスカです。

私が購入したのは、ケース付の商品です。

ケースを開けると、いよいよ実物とご対面。

手にとってみるとこんな感じ。

さっそく回して遊んでみると・・・感覚的には結構楽しかったりします。

実際にどんな感じなのか、動画で撮ってみました。
youtu.be
軽く弾いただけで、結構回りました。

続きを読む

WiiU「幻影異聞録#FE」をクリアーしました

先日よりほぼ毎日のようにプレイしていたWiiU幻影異聞録#FE」。
ken-s.hateblo.jp

本日、最後のボスを倒して、ゲームをクリアーしました。

幻影異聞録♯FE

幻影異聞録♯FE

トータルのプレイ時間は72時間ほど。
実際には、夜中にプレイしながら、うたた寝してしまった時間も含まれていたりするので、操作していた時間はもう少し短かったとは思いますが、とりあえずのクリアーです。
f:id:KEN-S:20170510212050j:plain

このソフトをプレイする前に連続でオープンワールド系のゲームばかりをプレイしていて、久しぶりのJRPGだったため、レベル上げのための敵との積極的な戦闘に若干戸惑いつつも最後までプレイをすることができたのは、途中で飽きる事なくプレイできるように作られているおかげかなぁと。

何度も行われる戦闘でも、色んな飽きさせない仕組みが用意されておりました。

セッションと呼ばれる仲間との連続攻撃や、ランダムで発生する強力攻撃のアドリブパフォーマンス、バトル中に少しずつ貯めたSPを使って発動できる強力なスキルのスペシャルパフォーマンス、さらには、ランダムで発生する仲間2人の協力攻撃のデュオアーツなど。

スキルのコマンドを選択した後でも、選択したコマンドから別のより強力な攻撃方法に変化するので、コマンド選択時に想定していたダメージ以上のダメージを与えることができたり、より派手な演出が行われたりと見ていてなかなかに楽しかったおかげかもしれません。

また、メインで進行するストーリーの他に、キャラクターごとのサイドストーリーが用意されていたり、フィールド上のNPCからのリクエストが用意されていたりして、レベル上げのついでにそれらをこなすことができたので、それも飽きずにプレイできた理由かもしれません。

ゲームとしてはなかなか面白かったので、買ってプレイして良かったのではないかなぁと。

ただ、プレイしていていくつか気になった点もあったりします。
個人的に気になった部分をいくつかピックアップしてみました。

なお、今回も一部でネタバレになるような内容も含まれておりますので、そういうものがイヤな方は、以下は読まれない方が良いかと思います。

続きを読む

明星「麺屋こころ監修 チーズ味噌台湾ラーメン」を食べてみました

辛いもの好きな私は、コンビニやスーパーで辛い食べ物を見かけると、ついつい気になってしまいます。

買う買わないは別として、とりあえずは手に取ってパッケージを見てみる。
その上で、食べるべきかスルーするべきかを判断しております。

その私が、本日コンビニのラーメン棚で見かけて気になったのは、明星「麺屋こころ監修 チーズ味噌台湾ラーメン」というカップ麺。

最近、台湾ラーメンづいているような気もしますが、やはり辛いラーメンはどうしても気になってしまいます。
ken-s.hateblo.jp

台湾ラーメン自体が、コクがあるのですが、そこにさらにチーズと味噌が加われば、かなり美味しいような気がしてきます。

ということで、手に取ってわずか3秒足らずで購入を決定してしまいました。

早速帰宅してから、挑戦してみることに。

カロリーはこれ1食(124g)で、537kcalあります。

開封してみると、粉末スープ、液体スープ、あとのせかやくの3つの袋が入っておりました。

カップの方には、麺とともにすでに乾燥肉が入っております。

お湯を注ぐ前に、粉末スープを麺の上に開けます。

作っている途中、こぼれた粉末スープを舐めてみましたが、そこそこ辛く感じました。
これは、期待が持てます。

そして、お湯をそそいで4分待ちます。



4分後にフタを開いて、麺をほぐすとこんな感じです。

そこに、液体スープ(味噌)を加え、さらにあとのせかやくのチーズと乾燥ニラを投入。

混ぜると、出来上がりです。

さっそく食べてみます。
粉末スープを舐めた時は、そこそこ辛いように感じましたが、チーズのおかげで少しまろやかになっておりました。

予想通り、台湾ラーメンのコクにプラスして、味噌とチーズのコクで、味わい深い感じに仕上がっております。

あとのせの為か、乾燥しているニラが歯触りがしっかりしていて、少々固い感じでした。

麺はフライ麺ですが、フライ麺によくある粉っぽさというかはあまり感じませんでした。
ノンフライ麺のようなコシが少し感じられる出来で、この麺は結構良く出来た麺だと思います。

麺の縮れ具合もちょうど良い感じで、麺をすすっている時に程よくスープが絡んで来ます。

麺もスープも、個人的にはかなり良い感じで、最後まで美味しく頂くことができました。

個人的には、辛さ的には少々物足りなさを感じますが、しっかりとしたコクがその辛さの代わりに充実感というかおいしさを与えてくれます。

これは、またチャンスがあれば買ってみても良いかなぁと思いますが、定番メニューではないと思うので今だけかもしれませんが・・・

伊藤園「タリーズコーヒー バリスタ ICED BREW 超すっきり Black」を飲んでみました

本日、お昼のドリンク選びのためにコンビニに立ち寄ったところ、いつも買っている「タリーズコーヒー バリスタブラック」の横に少し違う商品を発見。

それが、「タリーズコーヒー バリスタ ICED BREW 超すっきり Black」という商品。

水だしコーヒーらしいのですが、個人的に水だしコーヒーは味が薄いイメージがあるので、あまり積極的には買わなかったりします。
ところが、今日は通常価格よりも少し安くなっていて129円(税別)。

普段はあまり買いませんが、安くなっているなら、選択候補としては上がってきます。

せっかく安くなっているなら、一度味見で買ってみるかなぁということで買ってみました。

カロリーは無糖なので、これ1本(390ml)で0kcalです。

「氷水だしで苦みを抑えた超すっきりブラック」とあります。

個人的には、苦みはある程度はあってほしいところですが・・・

さっそく飲んでみます。

続きを読む

PS3「FINAL FANTASY XIII」・DS「ポケットモンスターホワイト」・3DS「モンスターストライク」を買いました

本日はゴールデンウィーク最終日。
ゴールデンウィーク中に、安売りセールを行っているゲームショップのゲオにて、本日も日替わりの安売りゲームソフトがあったので、先日に引き続き買ってみました。
ken-s.hateblo.jp

本日購入したゲームソフトは3本。


購入金額は全部で税込860円でした。

選り好みしなければ、ゲオが年間に数回行う安売りセールのゲームを買うだけで、1年分ゲームを楽しめそうな感じもしますが・・・

PS3ファイナルファンタジー 13」

言わずとしれたスクウェアエニックスの看板ゲーム「ファイナルファンタジー」シリーズのナンバリングタイトルの1つです。

ファイナルファンタジーXIII

ファイナルファンタジーXIII

個人的には、「ファイナルファンタジー」よりも「ドラゴンクエスト」シリーズの方が好きで、「ドラゴンクエスト」はナンバリングタイトルが出る度に購入しております。

しかし、「ファイナルファンタジー」の方はというと、ナンバリングタイトルはあまりプレイしておりません。
プレイしたタイトルで言えば、1〜7とオンラインの11のみ。
ただし、最後までプレイできたのは、「ファイナルファンタジー4」だけという体たらく。

ファイナルファンタジー4

ファイナルファンタジー4

主な理由は、デモシーンやムービーシーンがあまり好きではないから。
特にファイナルファンタジーシリーズは、過剰と感じるようなデモ演出が随所に散らばっていて、せっかくゲームに没頭している時に、プレイできないデモシーンが入ると、どうも興醒めしてしまうというか・・・

特にプレイステーションというディスクメディアに変わった「ファイナルファンタジー7」からはデモムービーが多くなったせいで、ゲームの世界に没入できず。

しかも、レンダリングのフィールドマップが視点固定で、操作するキャラクターの場所が分かりにくくなったりして、プレイ自体もやりづらくなったり、プレイディスクが複数枚になっていて、ゲームの途中でディスクを入れ替える必要があったりと、かなりうんざり。
その結果、2枚目のディスクに入ったぐらいのタイミングで、それ以降プレイしなくなってしまいました。

一部では「ファイナルファンタジー7」が名作と呼ばれているようですが、私にとってはファイナルファンタジーシリーズとの決別を決定付けたソフトだったりします。

それでも、オンラインになったタイミングで、「ファイナルファンタジー11」には手を出していて、知り合いとプレイしてなかなか面白かった記憶が残っております。
ムービーの演出などが、通常のナンバリングタイトルに比べて少なめだったのが、良かったのではないかなぁと。

それでもまぁ、日本を代表するゲームの1つではあるので、機会があれば「ファイナルファンタジー」シリーズの最近のタイトルをプレイしても良いかなぁと思っていたところ、今回安売りされていたので、久しぶりに買ってみようかなぁと。
ただ、個人的にJRPGというジャンルのゲームが、少々面倒臭さを感じていたりするので、果たして最後までプレイできるかは分からなかったりしますが・・・

続きを読む

「でかからあげクン かいしんのいちげき味」を食べてみました

本日、ワンコの散歩で近所のローソンの前を通ったところ、新しいのぼりが上がっておりました。

のぼりの内容は、ゲーム「ドラゴンクエスト XI」とのタイアップキャンペーンに関するもの。

その中の「でかからあげクン かいしんのいちげき味」ののぼりでした。
www.lawson.co.jp

かなり前からキャンペーンを開催するという情報は聞き知っていたのですが、いつから始まるのかまでは覚えておりませんでした。
※後から調べてみたら、ちょうど本日(2017年5月6日から販売開始だったようです)

そしてたまたま通りがかったローソンで、のぼりを見たというのは、これはもう買うしかないと・・・
妻にワンコを托して、そそくさとお店に入って「でかからあげクン かいしんのいちげき味」のみを購入。

今回もまた前回のキャンペーン同様に、レジで購入する時にドラゴンクエストのレベルアップの曲が流れます。
ken-s.hateblo.jp
残念ながら、今回はちょっとワンコの散歩中ということもあって、持ち物が多かったため、購入する際に動画を撮り忘れてしまいましたが・・・

後から外出していて食べていなかった息子も欲しいということで、再び買いに行った際に動画を撮ってみました。
youtu.be
レジでお金を支払ってから、店員さんが用意するまでに少々時間がかかっていて、レベルアップ音が流れるまでに時間がかかってしまっておりますが・・・

とりあえず、無事に各店100個限定のスライム型のフタもゲットできました。

いつものからあげクンの入れ物ではなく、「ドラゴンクエスト」仕様の紙コップで、その上にスライム型のフタが付いております。

今回は普通の爪楊枝しか付いておりません。

中身はでかからあげクンが5個入っておりました。

でかからあげクンなので、普通のものより少し大きいのかもしれませんが、私にはちょっとよく分かりませんでした。

言われてみれば、少し大きいような気もしますが・・・

早速1つ目を食べてみます。

続きを読む