おきらく・ごくらく日記

野鳥とゲームとデジタルガジェットの日々

Nintendo Switch「天穂のサクナヒメ」をクリアしました

一部で話題になり、一時期パッケージ版にプレミアム価格がつくほど品薄だった稲作アクションゲーム「天穂のサクナヒメ」。

天穂のサクナヒメ-Switch

天穂のサクナヒメ-Switch

  • 発売日: 2020/11/12
  • メディア: Video Game

個人的にはプレイしたいと思い、購入しようと思ったら完全に売り切れ状態。
ダウンロード版であればいつでも入手できるのですが、Nintendo Switch の場合、本体の増設ストレージが miniSDカードなので、容量的にはあまりダウンロードソフトが入りません。

天穂のサクナヒメ|オンラインコード版

天穂のサクナヒメ|オンラインコード版

  • 発売日: 2020/11/11
  • メディア: Software Download

容量のやりくりのことを考えると、ダウンロード版を入手するよりは、パッケージ版を入手したいので、購入を当面見送っておりました。

そのNintendo Switch「天穂のサクナヒメ」のパッケージ版が再販されたのか、通常価格で売られていたので入手してプレイを開始。
f:id:KEN-S:20210228144242j:plain

そして昨日、無事にクリアいたしました。
f:id:KEN-S:20210228154058j:plain

ということで、プレイした個人的な感想をメモとしてまとめておきます。
記事中にネタバレとなる内容が含まれている可能性もあるため、読まれる際にご注意ください。

続きを読む

カンムリカイツブリ2羽・イカル3羽・ウグイスの地上採餌(大阪城野鳥探鳥20210130 6:40-12:20)

先週の週末は雨のため2週間ぶりの大阪城探鳥です。

本日の日の出時刻は6:58。
日の出時刻も6時台に入りました。

本日も日の出前に大阪城へと向かいます。
到着した後、いつものように西外堀を覗こうとしたところ、足元の石垣の水面付近にゴイサギを発見。
向こうもこちらに気づきいたようで、こっちを凝視しております。
とりあえず、撮影しようとカメラを構えた瞬間に、飛び去ってしまいました。
見えていたのは1羽だったのですが、飛び去った鳥影は2羽。
どうやら見えない位置にも一羽ゴイサギがいたようです。
到着早々に驚かせてしまって、かわいそうなことをしたかなぁと。

気を取り直して西外堀のほかの野鳥を確認した後、京橋口から飛騨の森へ。

飛騨の森には、ツグミがいました。
f:id:KEN-S:20210130162503j:plain

シロハラは地面で採餌している個体も見られます。
f:id:KEN-S:20210130162537j:plain

エナガとも遭遇しました。
f:id:KEN-S:20210130162547j:plain

北外堀には早朝に西外堀から飛び去ったと思しきゴイサギの姿がありました。
f:id:KEN-S:20210130162524j:plain

その後、青屋門へ向かうと、ツグミがいました。
f:id:KEN-S:20210130162557j:plain

ハクセキレイの姿も見られました。
f:id:KEN-S:20210130162610j:plain

梅林へ移動するとカワラヒワが地上で採餌中。
f:id:KEN-S:20210130162619j:plain

同じくツグミも地面で採餌中です。
f:id:KEN-S:20210130162628j:plain

ハクセキレイもいました。
f:id:KEN-S:20210130162642j:plain

ジョウビタキのメスの姿も見られました。
f:id:KEN-S:20210130162653j:plain

メジロも咲き始めた梅の蜜を吸いに来ておりました。
f:id:KEN-S:20210130162704j:plain

そのメジロが突然こちらへと飛んで来るので、何事かと思うと、どうやらこのモズの姿を見て逃げ出したようです。
f:id:KEN-S:20210130162714j:plain

ジョウビタキのオスも姿を見せてくれました。
f:id:KEN-S:20210130162724j:plain

東外堀にはカンムリカイツブリがいました。
f:id:KEN-S:20210130162737j:plain

豊国神社へ移動すると、コゲラがいました。
f:id:KEN-S:20210130162748j:plain

シロハラも見られました。
f:id:KEN-S:20210130162802j:plain
撮影した時にちょうど瞬膜が閉じた瞬間だったらしく、目が少々怖いです。

カワラヒワの姿も見られました。
f:id:KEN-S:20210130162812j:plain

ジョウビタキのメスもいました。
f:id:KEN-S:20210130162821j:plain

修道館ではツグミがいました。
f:id:KEN-S:20210130162831j:plain

空堀をのぞくと、アオジが二羽。
f:id:KEN-S:20210130162839j:plain

ジョウビタキのオスもいました。
f:id:KEN-S:20210130162852j:plain

配水池ではシロハラがいました。
f:id:KEN-S:20210130162903j:plain

前回に引き続き、本日もキセキレイをここで見ることができました。
f:id:KEN-S:20210130162914j:plain

ツグミもいました。
f:id:KEN-S:20210130162925j:plain

ジョウビタキのメスも2羽見かけました。
f:id:KEN-S:20210130162935j:plain

メジロの姿も見られました。
f:id:KEN-S:20210130162950j:plain

日本庭園ではコサギがいました。
f:id:KEN-S:20210130163000j:plain

アオジの姿も見られました。
f:id:KEN-S:20210130163015j:plain

修道館へ戻ると、シロハラが地面に降りて餌探し中。
f:id:KEN-S:20210130163026j:plain

普段は茂みの中を移動することが多いウグイスが、今日は珍しく開けた地面の上で餌を探しておりました。
f:id:KEN-S:20210130163039j:plain
しかも、この近くにもう1羽いて、2羽のウグイスが同じような行動をしておりました。

メジロの姿も見られました。
f:id:KEN-S:20210130163050j:plain

桜広場ではシロハラがいました。
f:id:KEN-S:20210130163103j:plain

ジョウビタキのオスの姿も見られました。
f:id:KEN-S:20210130163112j:plain

コゲラもいました。
f:id:KEN-S:20210130163124j:plain

沖縄復帰の森ではヤマガラがいました。
f:id:KEN-S:20210130163135j:plain

アトリの姿も見られました。
f:id:KEN-S:20210130163149j:plain

カワラヒワもいました。
f:id:KEN-S:20210130163159j:plain

ハクセキレイの姿も見られました。
f:id:KEN-S:20210130163225j:plain

音楽堂西通路でもアトリがいました。
f:id:KEN-S:20210130163214j:plain

エナガの姿も見られました。
f:id:KEN-S:20210130163238j:plain

市民の森へ移動すると、シロハラがいました。
f:id:KEN-S:20210130163250j:plain

イカルも3羽見かけました。
f:id:KEN-S:20210130163301j:plain

南外堀にもカンムリカイツブリがいました。
f:id:KEN-S:20210130163314j:plain

教育塔ではジョウビタキのメスがいました。
f:id:KEN-S:20210130163327j:plain

その後、西外堀へ戻って、本日の探鳥は終了です。

全般的に野鳥の姿が少ない1日でしたが、ウグイスが地上で採餌していたり、イカル3羽と遭遇できたり、カンムリカイツブリが二羽滞在中だったりと、それなりには楽しめました。

欲を言うならば、木曜日に見られたというヒレンジャクが滞在してくれていれば、さらに嬉しかったかなぁと。

続きを読む

Nintendo Switch「ゼルダ無双 厄災の黙示録」をクリア

昨日、発売日に入手してからプレイしていたNintendo Switchゼルダの伝説 厄災の黙示録」をクリアしました。

ゼルダ無双 厄災の黙示録 -Switch

ゼルダ無双 厄災の黙示録 -Switch

  • 発売日: 2020/11/20
  • メディア: Video Game

発売前に体験版からプレイを開始し、体験版でプレイできる限界までプレイした後、そのデータを引き継いで本編をプレイしておりました。
f:id:KEN-S:20210227210117j:plain

ということで、プレイした際の個人的な感想などをメモを兼ねてまとめておきます。

記事中にネタバレとなる内容が含まれている可能性もあるため、読まれる際はご注意ください。

続きを読む

カンムリカイツブリ2羽・アカハラ・イカル・カワセミのホバリング(大阪城野鳥探鳥20210117 6:45-12:40)

本日の日の出時刻は7:04。
先週よりも少し日の出時間が早くなりました。
日の出時刻が早まったということは、冬から春へと向かっているということなのではないかなぁと。

本日もいつものように日の出前に大阪城へと向かいます。
西の丸をざっと覗いた後、京橋口から飛騨の森へと入ります。
そのまま内堀へ向かって、水鳥を観察します。

内堀に到着すると、すぐ目の前にいたのはカンムリカイツブリ
f:id:KEN-S:20210117160019j:plain
今季は例年よりも大阪城に立ち寄ってくれるカンムリカイツブリが多いように思われます。
個人的には、約ひと月ぶりぐらいの観察となりました。
ken-s.hateblo.jp

飛騨の森ではジョウビタキのメスがいました。
f:id:KEN-S:20210117160031j:plain

さらには、京橋口入ってすぐの木にアトリの群れ。
f:id:KEN-S:20210117160047j:plain
100羽以上はいました。
とりあえず、レンズの広角側(100mm)でフレームに納めたのがこんな感じです。
f:id:KEN-S:20210117160057j:plain
実際には、周囲の枝にも止まっていて、写しきれておりませんが、この写真の中だけで90羽以上写っております。

ハクセキレイも見られました。
f:id:KEN-S:20210117160124j:plain

ツグミの姿もありました。
f:id:KEN-S:20210117160136j:plain

カワラヒワが3羽いました。
f:id:KEN-S:20210117160146j:plain

高い枝の上を移動する5羽ほどのエナガの群れとも遭遇しました。
f:id:KEN-S:20210117160156j:plain

コゲラもいました。
f:id:KEN-S:20210117160221j:plain

シロハラもいました。
f:id:KEN-S:20210117160231j:plain

モズもいました。
f:id:KEN-S:20210117160244j:plain

シメの姿も見られました。
f:id:KEN-S:20210117160253j:plain

北外堀ではゴイサギがいました。
f:id:KEN-S:20210117160113j:plain

梅林へ移動すると、ツグミがいました。
f:id:KEN-S:20210117160303j:plain

ジョウビタキのオスもいました。
f:id:KEN-S:20210117160332j:plain

シロハラもいました。
f:id:KEN-S:20210117160342j:plain
この個体は右胸に傷を負っているようです。
猛禽類にでも襲われたのでしょうか。

ジョウビタキのメスもいました。
f:id:KEN-S:20210117160355j:plain

シメもいました。
f:id:KEN-S:20210117160406j:plain

アオジもいました。
f:id:KEN-S:20210117160417j:plain

東外堀では、カイツブリがいました。
f:id:KEN-S:20210117160322j:plain

さらには、ここにもカンムリカイツブリがいました。
f:id:KEN-S:20210117160442j:plain
見かけた時には、内堀にいた個体が移動してきたと思っていたのですが、後から大将さんとひでキングさんがそれぞれ同時に内堀と東外堀にカンムリカイツブリがいるのを確認されたので、大阪城に同時に2羽のカンムリカイツブリが滞在していたことになります。
大阪城で同時に2羽のカンムリカイツブリが滞在するのは、なかなか珍しいことだと思います。

その後、梅林で出会った知人から青屋門のそばでアカハラが見られているというので、青屋門へと向かって見ました。
青屋門に到着して探してみたのですが、すぐに見られたのはシロハラ
f:id:KEN-S:20210117160503j:plain

エナガの群れとも遭遇しました。
f:id:KEN-S:20210117160512j:plain

ツグミもいました。
f:id:KEN-S:20210117160523j:plain

アトリもいました。
f:id:KEN-S:20210117160532j:plain

少し時間がかかりましたが、なんとかひさしぶりにアカハラも見ることができました。
f:id:KEN-S:20210117160543j:plain

その後、豊国神社へ移動すると、枝被りですがシロハラがいました。
f:id:KEN-S:20210117160556j:plain

メジロの群れとも遭遇しました。
f:id:KEN-S:20210117160606j:plain

ジョウビタキのメスもいました。
f:id:KEN-S:20210117160617j:plain

ツグミもいました。
f:id:KEN-S:20210117160652j:plain

エナガの群れとも遭遇しました。
f:id:KEN-S:20210117160702j:plain

修道館ではハクセキレイがいました。
f:id:KEN-S:20210117160628j:plain

シロハラもいました。
f:id:KEN-S:20210117160640j:plain

配水池では、ジョウビタキのメスがいました。
f:id:KEN-S:20210117160722j:plain

シロハラもいました。
f:id:KEN-S:20210117160711j:plain

さらには、キセキレイの姿も見られました。
f:id:KEN-S:20210117160732j:plain

日本庭園へ移動すると、カワセミがいました。
f:id:KEN-S:20210117160745j:plain

コサギの姿もありました。
f:id:KEN-S:20210117160755j:plain

コサギを撮った後、再びカワセミに目を転じたところ、突然枝から飛び出します。
小魚でも捕食するのかと思っていたら、池の上でホバリングを開始。
慌ててカメラを構えて撮影したところ、個人的には初めてカワセミホバリングの撮影に成功しました。
f:id:KEN-S:20210117160807j:plain
f:id:KEN-S:20210117160819j:plain
ちなみに、かなり近い位置でホバリングしてくれたので、これらの写真はノートリミング状態です。
このカワセミは3秒ぐらい同じところでホバリングしていたので、私の腕でも綺麗に撮影することができました。
これほどのチャンスに出会うことはめったにないことで、もしかしたら今後もこれ以上の写真は撮れないのではないかなぁと。
少し残念だったのは、止まり物撮影ようのモードにしていたため、連写速度が低速になっていたことです。
高速連写していれば、もっと綺麗な羽ばたきの連続写真が撮影できたかもしれません。

桜広場へ移動すると、ハクセキレイがいました。
f:id:KEN-S:20210117160831j:plain

シロハラもいました。
f:id:KEN-S:20210117160843j:plain
右胸の傷を見ると、この個体はおそらく梅林で見た個体と同一だと思われます。

アトリもいました。
f:id:KEN-S:20210117160853j:plain

音楽堂西通路へ移動すると、メジロがいました。
f:id:KEN-S:20210117160903j:plain

アトリの群れとも遭遇しました。
f:id:KEN-S:20210117160915j:plain

アオジもいました。
f:id:KEN-S:20210117160925j:plain

エナガの群れとも遭遇しました。
f:id:KEN-S:20210117160934j:plain

コゲラもいました。
f:id:KEN-S:20210117160944j:plain

その後、市民の森へ移動すると、ハクセキレイがいました。
f:id:KEN-S:20210117161044j:plain

さらには、遠くから聞こえてくるのはイカルのさえずり。
声のする方へと向かい、探して見ると、イカルが一羽いました。
f:id:KEN-S:20210117160958j:plain
もう少し近づこうと思ったら、そのままいずこかへと飛び去ってしまいました。

シロハラもいました。
f:id:KEN-S:20210117161008j:plain

水飲み場ではアトリの群れが水浴び中。
f:id:KEN-S:20210117161023j:plain

ヤマガラもいました。
f:id:KEN-S:20210117161034j:plain

教育塔ではツグミがいました。
f:id:KEN-S:20210117161100j:plain

南外堀にはカイツブリが2羽いました。
f:id:KEN-S:20210117161109j:plain

その後、西外堀へ戻って本日の探鳥は終了です。

内堀と東外堀でそれぞれカンムリカイツブリが1羽ずつ計2羽見られたのは大阪城ではなかなか珍しいことです。
さらには、久しぶりのアカハライカルとも遭遇できました。

そして何よりも、カワセミホバリングが綺麗に撮れたことが、個人的には一番の収穫だったかなぁと。

続きを読む

猛禽類の獲物はツグミ?(大阪城野鳥探鳥20210109 6:50-13:15)

本日の日の出時刻は7:05。
大阪城へ出かける日には、必ず日の出時刻と気温を確認しているのですが、今朝の気温を確認すると-5度という表示。
まさかの氷点下での探鳥開始となりました。

いつものように日の出前に大阪城へと向かいます。

西外堀を覗くと、今朝はジョウビタキのオスの姿が見られました。
f:id:KEN-S:20210109181504j:plain

その後、ざっと見て回った後、京橋口から飛騨の森へと入ります。

飛騨の森に入ると、樹上からシメの声が聞こえます。
探して見ると、発見したのですが、撮影しようとすると、すぐに西の丸方向へと飛び去ってしまいました。

気を取り直して飛騨の森を回り始めたところ、シロハラがいました。
f:id:KEN-S:20210109181515j:plain

ツグミの姿も見られました。
f:id:KEN-S:20210109181527j:plain

カワラヒワも1羽だけ見かけました。
f:id:KEN-S:20210109181539j:plain

アトリも同じく1羽だけ見かけました。
f:id:KEN-S:20210109181548j:plain

北外堀では大量のユリカモメが着水中。
f:id:KEN-S:20210109181603j:plain

アオサギの姿もありました。
f:id:KEN-S:20210109181612j:plain

ゴイサギもいました。
f:id:KEN-S:20210109181625j:plain

その後梅林へ移動すると、上空に猛禽類の姿。
とりあえず撮ってみたところ、おそらくハイタカではないかなぁと。
f:id:KEN-S:20210109181640j:plain

ざっと数えて50羽程度のアトリの群れとも遭遇しました。
f:id:KEN-S:20210109181651j:plain

アオジも2羽見かけました。
f:id:KEN-S:20210109181703j:plain

ツグミもいました。
f:id:KEN-S:20210109181712j:plain

ジョウビタキのメスもいました。
f:id:KEN-S:20210109181723j:plain

その後、豊国神社裏へ移動すると、南外堀沿いの石垣が再び工事が開始され、入れない状態になっておりました。
それでも、シロハラはいました。
f:id:KEN-S:20210109181736j:plain

ジョウビタキのオスも工事フェンスの中にいました。
f:id:KEN-S:20210109181759j:plain
写真が赤みがかっているのは、オレンジ色の網フェンス越しに撮っているためです。

修道館ではメジロがいました。
f:id:KEN-S:20210109181810j:plain

ハクセキレイもいました。
f:id:KEN-S:20210109182014j:plain

配水池へ移動すると、ここでもアトリが3羽いました。
f:id:KEN-S:20210109181828j:plain

シロハラも見られました。
f:id:KEN-S:20210109181839j:plain

ジョウビタキのメスもいました。
f:id:KEN-S:20210109181854j:plain

ハクセキレイもいました。
f:id:KEN-S:20210109181912j:plain

モズの姿も見られました。
f:id:KEN-S:20210109181923j:plain

日本庭園へ移動すると、池の水が凍って氷になっておりました。
ジョウビタキのオスがいました。
f:id:KEN-S:20210109181938j:plain

凍った池面の上を、コサギが時折滑りながら歩いておりました。
f:id:KEN-S:20210109181947j:plain

ハクセキレイもいました。
f:id:KEN-S:20210109182002j:plain

その後、豊国神社の前を通ると、木の上にシメがいました。
f:id:KEN-S:20210109182026j:plain

音楽堂西通路ではシロハラがいました。
f:id:KEN-S:20210109182107j:plain

アトリの群れとも遭遇しました。
f:id:KEN-S:20210109182115j:plain

カワラヒワもいました。
f:id:KEN-S:20210109182130j:plain

ウグイスもすぐそばまで近づいてくれました。
f:id:KEN-S:20210109182140j:plain
あまりに近すぎたので、フレーミングに失敗しているのが残念な感じです。

フレーミングを調整して撮影した時には、すでにそっぽ向かれてしまいました。
f:id:KEN-S:20210109182202j:plain

メジロも近くに寄ってきてくれました。
f:id:KEN-S:20210109182212j:plain

沖縄復帰の森ではジョウビタキのメスがいました。
f:id:KEN-S:20210109182042j:plain

すぐ近くにシロハラもいました。
f:id:KEN-S:20210109182051j:plain

ヤマガラもいました。
f:id:KEN-S:20210109182221j:plain

コゲラもいました。
f:id:KEN-S:20210109182230j:plain

その後、市民の森へ向かっている途中、前の方から短い野鳥の鳴き声。
その直後に、前方から飛び出してくる猛禽類の姿。サイズ的にはハイタカのように思えました。
すれ違いざまに確認すると、その足に何か獲物を捉えている様子。

ということは、とらえた獲物をその辺の樹上で食べる可能性があると考え、すぐさま飛び去った音楽堂西通路の方向へと向かいます。
ところが、向かっている最中に、先ほどの猛禽類が飛び去った方向から、カラスが二羽騒ぎながら何かを追いかけて飛んできます。
もしかしたら先ほど飛び去った猛禽類かとも思ったのですが、カラスに追われている野鳥は先ほどの猛禽よりも明らかに小さい。
やがてカラス二羽と先頭の野鳥は、東外堀沿いに飛んで行き、先頭を飛んでいた野鳥は途中で力尽きてお堀の中へと落下。
お堀の中に落下した野鳥の姿を確認すると、どうやらツグミのようです。
さすがのカラスも、水面に落下したツグミは襲えないようです。
f:id:KEN-S:20210109182250j:plain
一応、拡大してみると、こんな感じです。
f:id:KEN-S:20210109182303j:plain

一連の流れから想像するには、先ほど飛び去った猛禽類の獲物がこのツグミで、カラスに邪魔されてそれを手放してしまい、ツグミが最後の力を振り絞って逃げたところをカラスが追いかけて東外堀に落下してしまったという感じではないかなぁと。
もし想像通りだとすると、なかなかに自然のドラマを感じてしまいます。
ただし、あくまで私の想像なので、もしかしたら先ほどの猛禽類は無事に食事にありつけていて、お堀に落下したツグミはカラスに襲われた別の事象という可能性もあります。
ただ、タイミング的にはあまりにもジャストすぎるので、個人的には前者の方の可能性が高いと思っております。

その後、市民の森を回っていると、上空に猛禽類の姿。
おそらくハイタカだと思われます。
f:id:KEN-S:20210109182320j:plain

トリミングしてみると、こんな感じです。
f:id:KEN-S:20210109182342j:plain
先ほど獲物を逃したハイタカが、再び新たな獲物を探して飛翔していたのかもしれません。

市民の森ではシロハラもいました。
f:id:KEN-S:20210109182405j:plain

その後、南外堀の外周の城南地区ではカワラヒワがいました。
f:id:KEN-S:20210109182419j:plain

人口側ではツグミがいました。
f:id:KEN-S:20210109182439j:plain

南外堀ではカイツブリが4羽いました。
f:id:KEN-S:20210109182607j:plain

さらに上空では猛禽類の姿。
これも、ハイタカだと思うのですが、もしかしたらオオタカかも。
f:id:KEN-S:20210109182701j:plain

トリミングしてみるとこんな感じです。
f:id:KEN-S:20210109182721j:plain
胸が白っぽく見えるのですが、背中は茶色でした。
大阪城でいつもみかけるオオタカは背中が灰色の個体なので、もしこれがオオタカだとすれば、いつも見ている個体とは違う個体かなぁと。
もう少し鮮明な写真が撮れていればよかったのですが、私の腕ではまだまだ飛び物は綺麗に撮れません。

その後、西外堀へ戻って本日の探鳥は終了です。

本日は風も強く非常に寒い日でしたが、そのおかげで日本庭園の凍った池の上でコサギが滑るように歩く珍しい姿が見れました。

さらには、猛禽類が獲物を持って飛ぶ姿が見れ、その後もしかしたらその獲物だったかもしれないツグミが逃げたものの、お堀の中に落下してしまうという大自然のドラマのようなシーンに遭遇できたことが、最大の収穫でした。
ただ、もしかしたら私の妄想で、事実は異なるかもしれませんが、想像を膨らませるのも、探鳥の楽しみということでお許しを。

続きを読む

2021年探鳥はじめ(大阪城野鳥探鳥 20210103 6:50-13:35)

新年明けましておめでとうございます。
今年もよろしくお願いいたします。

本日は年が明けてからの初探鳥に行ってきました。
日の出時刻は7:05。

いつものように日の出前に大阪城へと向かいます。
西外堀をざっと回った後、京橋口から飛騨の森へ。

飛騨の森に入ると、入り口付近でアトリの群れと遭遇。
f:id:KEN-S:20210103162441j:plain

ツグミもいました。
f:id:KEN-S:20210103162452j:plain

カワラヒワの姿も見られました。
f:id:KEN-S:20210103162521j:plain

メジロもいました。
f:id:KEN-S:20210103162532j:plain

シロハラも数羽見られました。
f:id:KEN-S:20210103162539j:plain

ハクセキレイもいました。
f:id:KEN-S:20210103162547j:plain

北外堀ではアオサギがいました。
f:id:KEN-S:20210103162501j:plain

ゴイサギの姿は本日は3羽見られました。
f:id:KEN-S:20210103162514j:plain

梅林へ移動すると、ツグミがいました。
f:id:KEN-S:20210103162558j:plain

シメとも出会うことができました。
f:id:KEN-S:20210103162608j:plain

コゲラの姿も見られました。
f:id:KEN-S:20210103162617j:plain

ジョウビタキのオスも姿を見せてくれました。
f:id:KEN-S:20210103162625j:plain

ジョウビタキのメスもいました。
f:id:KEN-S:20210103162638j:plain

東外堀ではユリカモメが着水中。
f:id:KEN-S:20210103162648j:plain

豊国神社ではジョウビタキのメスがいました。
f:id:KEN-S:20210103162659j:plain

シロハラの姿も見かけました。
f:id:KEN-S:20210103162708j:plain

モズもいました。
f:id:KEN-S:20210103162718j:plain

ツグミの姿も見られました。
f:id:KEN-S:20210103162728j:plain

修道館ではジョウビタキのメスがいました。
f:id:KEN-S:20210103162740j:plain

シロハラが地面で採餌中でした。
f:id:KEN-S:20210103162750j:plain

配水池ではモズがいました。
f:id:KEN-S:20210103162801j:plain

ジョウビタキのメスも姿を見せてくれました。
f:id:KEN-S:20210103162809j:plain

シロハラもいました。
f:id:KEN-S:20210103162821j:plain

ツグミの姿も見られました。
f:id:KEN-S:20210103162829j:plain

日本庭園ではコサギがいました。
f:id:KEN-S:20210103162839j:plain

アオサギもいました。
f:id:KEN-S:20210103162848j:plain

カワセミもいたのですが、いつも止まっている灯篭付近に観光客が入っていて、落ち着きがなく、撮影する前にいずこかへと飛び去ってしまいました。

日本庭園から西の丸を覗くと、遠くにオオタカの姿が見られました。
f:id:KEN-S:20210103162901j:plain
距離がかなり遠いので、トリミングしてみるとこんな感じです。
f:id:KEN-S:20210103162914j:plain

桜広場ではツグミがいました。
f:id:KEN-S:20210103162929j:plain

音楽堂西通路ではアオジがいました。
f:id:KEN-S:20210103162940j:plain

メジロの群れもいました。
f:id:KEN-S:20210103162952j:plain

沖縄復帰の森ではアトリの群れと遭遇。
f:id:KEN-S:20210103163027j:plain

カワラヒワもいました。
f:id:KEN-S:20210103163040j:plain

市民の森のへ移動すると、水飲み場にアトリがいました。
f:id:KEN-S:20210103163050j:plain

コゲラの姿も見られました。
f:id:KEN-S:20210103163100j:plain

ツグミもいました。
f:id:KEN-S:20210103163108j:plain

モズの姿も見かけました。
f:id:KEN-S:20210103163119j:plain

ハクセキレイもいました。
f:id:KEN-S:20210103163131j:plain

シロハラもいました。
f:id:KEN-S:20210103163140j:plain

聞くところによれば、イカルも見られたそうなのですが、私が行った時にはすでに姿は見られなくなっておりました。

市民の森を回り終えた後、東外堀でカワセミの声が聞こえ、探して見ると少し遠いところに発見。
f:id:KEN-S:20210103163152j:plain
トリミングしてみるとこんな感じです。
f:id:KEN-S:20210103163200j:plain

教育塔ではツグミがいました。
f:id:KEN-S:20210103163210j:plain

ヤマガラの姿も見かけました。
f:id:KEN-S:20210103163218j:plain

西外堀へ戻ると、カイツブリがいました。
f:id:KEN-S:20210103163227j:plain
こちらもトリミングしてみるとこんな感じです。
f:id:KEN-S:20210103163237j:plain

以上で本日の探鳥は終了です。

2021年の探鳥はじめでしたが、特に目新しい野鳥の姿は見られませんでした。
それでも、各所でシロハラツグミジョウビタキなどは比較的容易に見られるようになってきたように感じます。

続きを読む

2020年の探鳥納め(大阪城野鳥探鳥 20201231 6:50-13:05)

本日は2020年の大晦日
ということで、今年最後の探鳥のために大阪城へ。

本日の日の出時刻は7:05。
今日は気温が下がって天気が荒れるかもということで、先週よりも防寒対策をしっかりとして日の出前に大阪城へ。

西外堀を覗いた後、いつものように京橋口から飛騨の森へと入ります。

飛騨の森の入り口で出迎えてくれたのはハクセキレイです。
f:id:KEN-S:20201231155622j:plain

同じく入り口の木の上にアトリの群れも見られました。
f:id:KEN-S:20201231155641j:plain

その中にカワラヒワも混じっておりました。
f:id:KEN-S:20201231155653j:plain

シロハラの姿も見られました。
f:id:KEN-S:20201231155704j:plain

モズもいました。
f:id:KEN-S:20201231155715j:plain

ツグミの姿もあります。
f:id:KEN-S:20201231155725j:plain

メジロもいました。
f:id:KEN-S:20201231155735j:plain

さらには、シメの姿も確認できました。
f:id:KEN-S:20201231155749j:plain

途中、ハイタカの姿も見かけたのですが、気づいた時には西の丸へと飛翔し、撮影できませんでした。

北外堀ではアオサギがいました。
f:id:KEN-S:20201231155801j:plain

ゴイサギの姿も見られました。
f:id:KEN-S:20201231155813j:plain

梅林へ移動すると、カワラヒワがいました。
f:id:KEN-S:20201231155833j:plain

シメの姿も見られました。
f:id:KEN-S:20201231155846j:plain

ジョウビタキのオスの姿も見られました。
f:id:KEN-S:20201231155902j:plain

ジョウビタキのメスもいました。
f:id:KEN-S:20201231155913j:plain

東外堀ではカイツブリがいました。
f:id:KEN-S:20201231155926j:plain

ユリカモメも一羽が着水しておりました。
f:id:KEN-S:20201231155938j:plain

豊国神社、修道館を回ったのち、ミライザ大阪城ハクセキレイがいました。
f:id:KEN-S:20201231155951j:plain

配水池ではツグミがいました。
f:id:KEN-S:20201231160017j:plain

ジョウビタキのメスの姿も見れました。
f:id:KEN-S:20201231160033j:plain

日本庭園ではカワセミがすぐ近くの枝に止まってくれました。
f:id:KEN-S:20201231160044j:plain
ここまで近いカワセミは、かなり久しぶりです。

メジロもいました。
f:id:KEN-S:20201231160055j:plain

ジョウビタキのオスも見られました。
f:id:KEN-S:20201231160106j:plain

その後、修道館へ戻ると、ハクセキレイがいました。
f:id:KEN-S:20201231160124j:plain

豊国神社では、ジョウビタキのメスがいました。
f:id:KEN-S:20201231160135j:plain

さらにはウグイスの姿も見られました。
f:id:KEN-S:20201231160148j:plain

桜広場にもハクセキレイがいました。
f:id:KEN-S:20201231160205j:plain

音楽堂西通路ではアオジがいました。
f:id:KEN-S:20201231160215j:plain

コゲラの姿も見られました。
f:id:KEN-S:20201231160225j:plain

沖縄復帰の森ではシロハラがいました。
f:id:KEN-S:20201231160237j:plain

ヤマガラの姿も見られました。
f:id:KEN-S:20201231160250j:plain

ジョウビタキのメスもいました。
f:id:KEN-S:20201231160300j:plain

アトリとカワラヒワも見られました。
f:id:KEN-S:20201231160312j:plain

市民の森ではアトリがいました。
f:id:KEN-S:20201231160323j:plain

シロハラの姿も見られました。
f:id:KEN-S:20201231160332j:plain

ツグミもいました。
f:id:KEN-S:20201231160345j:plain

ヤマガラの姿も見かけました。
f:id:KEN-S:20201231160356j:plain

コゲラもいました。
f:id:KEN-S:20201231160405j:plain

エナガの群れとも遭遇しました。
f:id:KEN-S:20201231160414j:plain

教育塔ではツグミがいました。
f:id:KEN-S:20201231160424j:plain

南外堀ではカイツブリが4羽。
f:id:KEN-S:20201231160436j:plain

さらにはオオタカの姿も見られました。
f:id:KEN-S:20201231160446j:plain

距離があるので、等倍サイズまで切り出して見るとこんな感じです。
f:id:KEN-S:20201231160459j:plain

その後、西外堀へ戻って、本日の探鳥は終了です。
今年最後の探鳥で、近い位置でカワセミが見れたり、久しぶりにオオタカの姿を撮れたので良かったかなぁと。

2020年も様々な野鳥との出会いがあり、楽しむことができました。
当ブログも多くの方に来訪していただき、まことにありがとうございました。
来年も引き続きよろしくお願いいたします。

それではみなさま、よいお年をお迎えください。

続きを読む