読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

おきらく・ごくらく日記

野鳥とゲームとデジタルガジェットの日々

まさか、iPhone6 余ってる?

スマートフォン

本日発売の「iPhone6 」の行列が、どんなもんかと気になって自転車で朝9時ごろに、通りがかったauショップに立ち寄った。

全く行列がなく、店内も閑散とした感じ。
もうひと段落ついた後かもしれない。
本日は「iPhone6」が発売のため、店舗は8時からオープンとチラシが貼ってあったし。

とりあえず、入店して在庫の有無を聞くと、「iPhone6」 のゴールドなら、64Gと128Gが残っていて、今なら買えますと言われた。
今だけとか、今ならと言う言葉に弱い私。
買おうかどうするか、しばし悩む。



先日「iPhone6 PLUS」の画面サイズが、見やすそうと言って、買い換えようかと考えている妻と、デザインがひどいと言う話をした際、「どうせカバーするから一緒じゃん」と言う言葉が、脳裏をよぎる。

メインで持ち歩く気はないが、解像度が違うから、アプリ製作者として、動作チェック用の端末はあってもいいかという考えも脳裏をよぎった。

しかし、デザインあってのiPhoneだし、常用しないなら、容量は最低で良いと思い直し、買うのをやめた。

「iPhone6 PLUS」 の方は入荷が少ないらしく、予約しないと買えないと言われた。

たまたま入った店で、朝早かったのもあるとは思うけど、発売日当日に在庫残っているのは、大丈夫かと、心配になる。

今回、SIMフリー版も同時発売なので、2年縛りに嫌気さした人が、そっちに流れて、キャリア発売の端末は売れないとか?

そんな事を考えつつ、お店を後にした。