読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

おきらく・ごくらく日記

野鳥とゲームとデジタルガジェットの日々

Canon EOS 7D MarkII との初対面

デジカメ

週末は、バタバタしていたけど、用事のついでに梅田のヨドバシカメラへ行って、1台だけ展示されていた Canon EOS 7D Mark2 を触ってこれました。

持ってみた最初の印象は、やはりずっしりと重くて、結構大きいなぁと言う感じ。
これは、常用するには少し厳しいかも。

しかし、本体の重さとは対象的に、カメラを構えて、レリーズボタンを押すと、連続で軽快な音と共に、高速でシャッターが切れて、気持ちいい。

これ、実際にメインカメラとして使ったら、写真の撮影枚数が無駄に増えそうです。
撮った後の写真の選択に、今よりも時間がかかりそうです。



それ程に中毒性のあるシャッター感触。
ただ感触と言っても、シャッターのによるショックはメーカーが謳っているように少ないように思います。

連写速度とシャッター音による饗宴とでも言えばいいのでしょうか。
とにかく、一度実物のシャッターを切ってみて欲しい感じでした。

ボタンなどを触って、設定を変えてみたりした感じでは、やはり設定項目が今使っているEOS KISS X7よりも多いため、欲しい項目へのアクセスに少し時間がかかりました。

カスタムメニューなどがあると思うので、実際に撮影で使う前に、それらの準備に時間がかかるかもしれませんね。

さて、実際に触った後、果たして買うか?と考えたところ、懐具合を含めて、現時点では購入は見送りかな。

本体の重さを考えると、今と比べて、構えるまでの機会が減ってしまいそうな気がする。
さらに、構えた状態で、待っていられる時間も、短くなりそうです。

現在の私の野鳥撮影のスタイルは、フットワークの軽さを求めて、三脚や一脚を使っていません。
このカメラを使い始めると、そこが失われるか、減りそうな気がする。

そう考えると、今はまだ買うタイミングではないのかなぁ?

撮影スタイルが変われば、かなり欲しいカメラです。

もっと軽くなってくれればなぁ。