読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

おきらく・ごくらく日記

野鳥とゲームとデジタルガジェットの日々

撮影後にピントを合わせることができるカメラ

デジカメ 時事ネタ

毎週のように、大阪城へ行っては、野鳥撮影をしています。

野鳥の動きが激しいと、ピントがなかなか合わなくて、イライラすることが良くあり、もっとピントが早く合えば撮れたのにと言うことが多々あります。



今使っている EOS KISS X7 は、普通に使う限りは、問題ないのですが、野鳥のように、動きが素早く、対象が小さいと、ピントが間に合わなかったり、野鳥の周囲の枝にピントが合ってしまったりして、後からマニュアルで細かなピント合わせを行う必要があることも。

野鳥撮影した後、カメラの液晶で画像を確認した時は、ピントが合っているように見えても、後から自宅に帰って、モニターで見ると、わずかにずれていたりと言うことなども結構あります。

より早く、ピンポイントでピントが合うカメラをと、EOS 7D Mark2 に期待してみたり。

それでも、多分ピントが合ってない写真はでてくるのでしょうが、もし、撮影した後から、ピントを合わせることができたら、こんな悩みもなくなるのでは?
と言うカメラの記事をみました。

中身はAndroid+Snapdragon:撮影後に“リフォーカス”できるカメラ「LYTRO ILLUM」 約20万円で国内発売 - ITmedia デジカメプラス

「LYTRO ILLUM」というカメラが、国内でも発売されるそうです。

このカメラ、かなり気になってます。

野鳥撮影でも使えるなら、ピンボケ写真ともオサラバできそう。
ただし、手ブレ写真とは、まだ付き合うことになりますが。