読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

おきらく・ごくらく日記

野鳥とゲームとデジタルガジェットの日々

今年買ってよかったもの(2014年版)

MONO 仕事道具 デジカメ

今週のお題「今年買ってよかったもの」〈2014年をふりかえる 2〉
今年買ってよかったものというお題が出ていたので、今年って、何を買ったかなぁと見返してみました。
その中で、私が買ってよかったと思ったものを6個を購入した順にピックアップしてみました。

TRIPPEN 「NOMAD」(靴)[2014/1]

靴自体は知っていて、欲しかったのですが、その価格のために、購入するのを躊躇しておりました。
TRIPPEN の靴はなかなか安くならないのですが、年始早々ににバーゲンで3割引になっていたので、仕事用として購入しました。
購入したのはダークブラウンのものです。
履きやすくて、雨の日以外は、ほぼ毎日履いているので、元は取れていると思います。

CHROMECITIZEN Camo」(鞄)[2014/1]

自転車に乗って移動することが多いので、メッセンジャーバッグが欲しかったので、こちらも年始早々に購入しました。
自動車のシートベルトを着脱する金具で、バッグのストラップを体に装着するのが気に入って購入しました。
ベルトをきつくしたり、緩めたりも楽にできるので、非常に便利です。
気に入ったので、もう一つ別のモデルも購入したほどです。


AppleiPad Retina(第4世代)」(タブレット)[2014/3]

購入したのは、Wi-Fi/Cellerモデルです。
たまたま立ち寄ったお店で、iPad Air が出てから、売れ残っていたau版の iPad Retina を安売りしていたので購入しました。
auiPhone5s を利用していたのと、自宅での利用がほとんどだと考えたので、ゼロスタート定額であれば、月々の利用料を下げて運用できると考えての購入でした。
16GB版と32GB版が売れ残っていて、一括価格で16GB版28300円、32GB版38300円と、その差額が10000円。
タブレットの使い勝手が分からないのと、価格的に3万円を超えるかどうかは心理的な障壁になっていたこと、気に入れば買い替えれば良いかなぁという考えで、結局は16GB版を購入しました。
しかし、最近ではニュースサイトを見たり、朝食後にリビングでこのブログを書く際に利用していたりと大活躍中。
容量的に 16GBのおかげで、必要なアプリを厳選しなければならず、もう少し容量の大きいものにしておけば良かったかなぁと少し後悔しています。
だからといって、iPad Air(もしくは iPad Air2) に買い替えたいかと言われると、コスト的なものを考えれば、買い替えるまでもないかなぁというところで・・・
iPad のようなタブレットを安売りで購入する時は、ほとんど買い替えることがないと考えて、少しでも容量の大きいものを購入するのが良いかと思いました。

Logicool「TK710WH」(iPadキーボードカバー)[2014/11]

LOGICOOL ウルトラスリム キーボードカバー TK710WH

LOGICOOL ウルトラスリム キーボードカバー TK710WH

iPad を購入した後、iPadでブログを書いたり、アプリで利用するテキストデータを触ったりするのに、ソフトウェアキーボードでは厳しいので、自宅にあったキーボードを利用していました。
しかし、専用キーボードではないので、キートップに書かれている記号と、入力して表示される記号で、一部異なっているものがあり、入力する際に脳内で変換する必要がありました。
たまたま訪れたヤマダ電機 LABI1ナンバ店で、予想外の価格で売られていたので、ついつい購入してしまいました。

このキーボードのおかげで、iPadでの入力作業がかなりはかどっています。


AppleMacbook Pro Retina 15インチ(Late2013)」(パソコン)[2014/11]

これまで、仕事で利用してきた「Macbook Pro 15インチ(Early 2011)」のディスクリートGPUがダメになり、まともに画面表示ができない状態になってしまったので、仕方がなく買い替えを行いました。
その辺りの流れについては、私のもう一方のブログの方に詳細を書いております。

結論としては、持ち運びもかなり楽になったし、マシンの挙動についても、それほど問題はないので、良かったかなぁと。
ただ、やはり内蔵 SSD の容量が 256GB しかないため、外付けの HDD などが必須となってしまったことが、非常に残念ではあります。
ここでも、iPad Retina を購入した時の教訓が生かせてないのは残念ですが、どうしてもディスクリートGPU付きは避けたかったので、仕方がないといえば、仕方がありません。

SONYDSC-RX100」(コンパクトデジカメ)[2014/12]

SONY Cyber-shot RX100 2020万/光学x3.6/ブラック

SONY Cyber-shot RX100 2020万/光学x3.6/ブラック

つい先日購入したばかりで、あまり使用できておりませんが、すでに購入して良かったかもと思える品となっております。

昨日も、大阪城の野鳥探鳥へ持って行って利用しておりました。
到着早々、まだ太陽が上っていない状態で、野鳥の声が聞こえない時に、飛騨の森で散りかけの紅葉などを撮影してみましたが、野鳥撮影のメインで利用している Canon「EOS KISS X7」よりも、高感度時のノイズは少ないように思われます。写真については、たいしたものが撮れていないので、アップしておりません。
ただ、持ち歩きを考えると、今後使用頻度は高くなってくると思われるデジカメです。


今年買ってよかったものまとめ

こうしてみると、買ってよかったもののほとんどの購入動機は、「安かったから」というのが多い感じですね。
だからと言って、決して衝動買いをしているわけではなく、常日頃から必要だと思っているものを、「安かった」「安くなった」から購入しております。

ただ、「買ってよかったもの」と同時に、買った後で少し後悔している商品もあって、
今年思った一番の反省点というか、今後の購入時の考え方としては

「迷った時は容量の大きいものを買え!」

ということのようです。