読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

おきらく・ごくらく日記

野鳥とゲームとデジタルガジェットの日々

WiiU「大乱闘スマッシュブラザーズ」が面白いらしい

ゲーム 日常 家族

先日、発売日に購入したWiiU大乱闘スマッシュブラザーズ」。

娘のために購入したのですが、娘の友人が、日曜日にもやってきて、楽しんでおりました。

さらには、何故か受験生の息子までプレイしていて、買ってよかったのかなぁと、少々不安になっております。

ただ、子供達に聞くと、やはり面白いらしいです。

特に、今回から新たに加わった、「ワールドスマッシュ」というモードが面白いとのこと。
まぁ、これまでのひたすらバトルをするというものとは違った遊び方ができるので、目新しいからというのもあるとは思いますが、リビングで子供達がプレイしているのを見かけると、大抵はこのモードで遊んでいるようです。


ワールドスマッシュモードが新しい

ワールドスマッシュモードというのは、説明書によると、

ルーレットを回してボードマップを進みます。
バトルをしたり能力をパワーアップさせながらファイターを奪い合い、集めたファイターを使って最終戦にのぞみます。

というモード。

簡単に言えば、マリオパーティのようなマス目のあるボード(ただしボードは1枚のみ)の上を、プレイヤー&NPCが同時にルーレットを回して、出た目の数だけマス目を移動でき、マス目に配置されたアイテムやファイターを集めるという感じ。

プレイヤーが同じマス目に止まったりすると、バトルが開始。
その、バトルに使えるのは、それまでにプレイヤーが集めたファイター(使用キャラクター)。
バトルに勝利すれば、相手の使っていたファイターを奪い取ることができる。

ボードゲーム+スマッシュブラザースというプレイ感覚が、これまでになかったので、楽しいようです。

普段利用している得意なファイター(キャラクター)を使えるとは限らず、持っている手持ちのファイターでしか戦えないということと、その持っているファイターの奪い合いという要素、さらには、ボードゲームとアクション(スマッシュブラザーズ)のプレイバランスが、良い感じなのかもしれませんね。

普通のスマッシュブラザーズであれば、人によって使用するファイター(キャラクター)は、ある程度固まってきますが、このモードなら、いろんなキャラを使うことになるので、上手な人でも使うのが慣れていないファイターを使う必要があったりと、誰でも同じぐらいのレベルでプレイできるというのが良いのかもしれません。

子供達がプレイしているのを後ろから見ていても、確かにこれまでにはないプレイ感覚のようなので、非常に楽しそうに見えます。

本当なら、すぐにでも参加したいところですが・・・我慢我慢。