読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

おきらく・ごくらく日記

野鳥とゲームとデジタルガジェットの日々

au から「mineo」へ MNP 完了しました

スマートフォン

昨日、時間外だったために、できなかった au から「mineo」へのMNP

本日、問題なく完了しました。


昨日中断していた、「MNP転入切替/回線切替手続き」を選んだ後、「mineo」から送られてきたSIMカードの下4桁の数字を所定の欄に入力すると、手続きが完了となりました。

手続きが完了した後も、iPhone5s 本体の表示自体は、全く変化していないような感じだったので、本当にMNPできているのか分かりませんでした。
f:id:KEN-S:20141218214111j:plain

しかし、ガラケーの方から、SIMを入れ替えたiPhone5s を呼び出すと、問題なく呼び出せたので、多分大丈夫なのでしょう。
さらに、プロファイルをインストールして、通信テストをしても、通信できていたので、大丈夫なはず・・・。



そういえば最近しつこいぐらいにやってきていた、キャリアアップデートを行っていなかったことを思い出し、MNPしたので、できないかなぁと思って、キャリアアップデートを行ってみることに。

[設定]-[一般]-[情報]で[キャリア]をタップすると、キャリアアップデートのアラートウィンドウが表示されました。

キャリアアップデート行ったところ、表示が変わりました。
f:id:KEN-S:20141218215543j:plain
これまでの「LTE」という表示から「4G」という表示に変更されました。
設定画面のキャリアの欄には「KDDI 16.1」という表示が。

au 回線の MVNO なので、アンテナ部分の表示や、情報画面の表示自体は au と同じ表示になるようですね。
SIMカードについても、これまでのものと全く変わってませんし、新鮮味は特にない感じです。

そして、懸案だったテザリングについてですが、テストで iPad Retina をつないでみたところ、無事に接続できることを確認しました。
f:id:KEN-S:20141218215124j:plain

できる人とできない人がいるそうですが、我が家は au 回線の時からテザリングオプションを付けていて、何度か iPadテザリングしていたので、「mineo」に移行した後も、その辺の設定が残っていて、できたのかもしれません。


その他の機器で「mineo」のSIMが使えるかテスト

どうせなら、「mineo」のSIMで他の au 機器が接続できるかをテストしてみることに。

まずは、持っている iPad Retina(第4世代)に、nano SIM に micro SIM 用のゲタを付けて、装着してみます。
iOSのバージョンも7.1.2 で、問題はなし。
プロファイルをインストールして、通信テストをしてみると・・・残念ながら使用できず。
電波を拾うことができず、圏外の表示となりました。

次に、「Xperia Z1(SOL23)」を試してみることに。
こちらは「mineo」の公式サイトで、対応機種として掲載されているので、問題なく動作しました。
iPad と同様に SIMのサイズが micro SIM なので、ゲタは付ける必要があります。

ただ、「mineo」から送られてきたマニュアルに掲載されていた設定方法の中で、メニューの表示項目が異なっていました。
[設定]-[その他の設定]-[モバイルネットワーク設定]-[高度な設定]-[CPA設定]で、「mineo」から送られてきた各種設定を行う必要がありました。
ちなみに、Android 4.2.2 です。

iPad で使えるなら、もう1回線データ通信のみの回線を契約してもよいかと思ったのですが・・・
とりあえず iPhone5sテザリングができるので、いざという時はそれで何とかなりそうです。

これで、毎月の通信費が5,000円以上下がるので、家計にも優しいですね。


au から mineo への MNP ならLINEもそのまま使える

今回のMNPで気になっていたのは、アプリの設定関係。
その中でも特に気になっていたのが、「LINE」の設定。

通常、au から SoftBankDocomoMNP する場合、端末ごと入れ替えることになるので、「LINE」などのアプリについても、新しい端末で再インストールが必要になります。

しかし、今回は au から mineo への MNP だったので、電話番号も利用する端末も同じ。

同一の端末で、同一の電話番号だった場合、再インストールが必要になるのかというのを確かめてみたかった。

とりあえず、万一アプリの再インストールが必要になるのに備えて、消えると困るトーク内容がについては、先にバックアップをとっておく。
LINEアプリの[トーク]-[残したい相手のトーク画面]-[右上のアイコン]-[トーク設定]-[トーク履歴を送信]で、メールかDropbox等にのこしておきます。

さらに、ログインできなくなっては困るので、「他端末ログイン許可」をオンにしておきました。
LINEアプリの[その他]-[設定]-[アカウント]-[他端末ログイン許可]をオンに。

これだけやれば、万一再インストールが必要になっても、何とかなります。

そして、実際に SIM を交換して MNP した結果は・・・全く問題なし。
そのまま利用することができております。

MNPで、電話番号もそのままで、通話サービスにも加入しているので、大丈夫だったのかもしれません。

MNPをしない場合や、通話サービスなしのデータ通信のみにした場合などにどうなるのかは不明ですので、試される方は自己責任でお願いいたします。

mineo 1カ月のデータ容量とマイネオを効率よく運用する方法案 - おきらく・ごくらく日記