読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

おきらく・ごくらく日記

野鳥とゲームとデジタルガジェットの日々

皆さんのテレビ・レコーダーは大丈夫ですか?

時事ネタ

テレビで放送を見ている際に、テレビ画面の右上に「デジアナ変換」の文字はありませんか?
もし、あった場合は、そのテレビ放送が間もなく見れなくなるかもしれません。

というのも、アナログ対応テレビで、デジタル放送が見れるデジアナ変換サービスが今年の3月で終了するそうです。

デジアナ変換サービスは、2011年7月にテレビのアナログ放送が停波したことに合わせて、地上デジタル放送へ移行する時の混乱を避ける目的で、総務省が経過措置としてケーブルテレビ事業者に要請して行っていたサービス。
アナログ放送にしか対応していないテレビでもデジタル放送を見ることができるようにするサービスです。
そのサービスの提供期限が、スタート時から2015年3月までと言われておりました。

実際の終了期日は、ケーブルテレビ会社によってまちまちだそうですが・・・



デジアナ変換サービスが終了すると、デジタル放送に対応していないテレビでは、テレビの放送が見れなくなってしまうようです。

さらにはテレビだけではなく、ビデオデッキやDVDレコーダーなども、デジタルに対応していない機器も、録画ができなくなるようです。
(再生はこれまで通りにできます。)

当然、PCに取り付けているテレビのキャプチャーボードなども対象です。

テレビが見れなくても困らないという方であれば良いのですが、もしそうでない方はテレビやレコーダーといった機器を、デジタル対応機種への買い替えを検討された方が良いかと思います。

ある日突然テレビが見れなくなって、困る前にご自宅のテレビやレコーダーのご確認を。