読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

おきらく・ごくらく日記

野鳥とゲームとデジタルガジェットの日々

大阪城野鳥探鳥 2015/04/04 5:30-12:00

大阪城の野鳥

週の途中での天気予報では、雨だったのが、曇りに変わっていて、朝に雨も降って無かったので大阪城へ。

日の出予定時刻は5:42で、5:00に起床し、5:40に大阪城に到着。

西外堀では、キンクロハジロオオバンカルガモが数羽ずつ。
水鳥の数がかなり減りました。

飛騨の森に到着すると、いつもは聞こえてくる、オジロビタキの声が聞こえません。
西の丸の方に耳を澄ますも、声は聞こえず。
シロハラシジュウカラの鳴き声が騒がしいため、聞き取れなかっただけかとも思いましたが、そのあとも一切姿も声もなく、もしかしたら旅立ったのかも。
なんとなく寂しい感じ。

気を取り直して飛騨の森を回ると、いつもの場所にアトリが1羽。
アトリ

そのあと、声がしたので見に行くと桜にとまるシメ。
シメ

ジョウビタキのオスはまだいます。
ジョウビタキ・オス

そのうち、「焼酎一杯ぐいー」の鳴き声が。
もしかしてと探すと、やはりセンダイムシクイでした。
センダイムシクイ
鳴き声を動画に撮影してみました。youtu.be
残念ながら、レンズのカタカタ音が入っております。

ムシクイが見え始めたということは、いよいよ春の渡りが始まった感じがしますね。

そのあと、豊国神社へ移動。
数日前にオオルリが目撃されたらしいので
念入りに探します。

色的に変わった鳥が飛んでいく姿を見たと思ったらモズでした。
モズ

そして、桜にとまるエナガ
エナガ

修道館と豊国神社の間では、桜にとまるアオジ
アオジ
残念ながら、オオルリの姿は見れず。

とりあえず、配水場へ移動すると、ジョウビタキのメス。
ジョウビタキ・メス

なぜかカラスが50羽ぐらいいました。
もしかしたら、花見客の残飯狙いかも?

そのあと、再び豊国神社へ移動すると、探鳥で知り合った方から、すぐそこでオオルリのさえずりが聞こえたと言われたので、急いで向かったものの、さえずりも聞けず、姿も見つけられませんでした。

市民の森でもオオルリが数羽いたときき、元射撃場でキビタキと言う話も聞いたので、音楽堂西通路の脇の階段を降りて、市民の森へ。

水飲み場で、大将さんがいたので、情報を求めると、アオバトがいる所と、朝オオルリがいて、今は市民の森を回っているとの情報。

聞いた場所へ行くと、アオバトが。
アオバト
全部で、5羽を確認出来ました。

さらに、大将さんからオオルリのいた場所を聞いて、探しに行ってみることに。
オオルリの鳴き声をあまり知らないので、探せるか少々不安でしたが、聞きなれない声が。
その声の方へ向かっていき、声の主を探すと、声の主かは分からないものの、少し高い所にオオルリが。
オオルリ
オオルリ
オオルリは同所でオス3羽までは確認できました。
大将さんの話では、朝にはメスも1羽いたそうですが、私は見れず。

しかし、オオルリを見たら、春の渡りシーズン到来だなぁと、思ってしまいますね。

そのあと、このまま春の渡りを満喫するなら、キビタキも見たいと元射撃場へ。
私はてっきり城南地区にあるのが、元射撃だと思っていたのですが、大将さんに場所を確認したら、違う所でびっくり。
聞いてなければ、探しても無駄になる所でした。

音楽堂西通路の突き当たりの場所が、元射撃場とは、初めて知りました。

元射撃場へ行くと、カメラマンが多数。
そこに混じってキビタキを待ちます。
上から撮影して、桜の木に出てくるのを待つ感じです。

少し待っていると、キビタキが登場。
キビタキ
キビタキ
キビタキ
春の渡り満喫中な感じです。

オジロビタキは見れませんでしたが、センダイムシクイオオルリキビタキが見れたのは、良かったです。

それにしても、週間天気予報では、今週末は雨でしたが、今朝には曇りに変わって、実際には野鳥探鳥している間は、ずっと晴れて結構暑い日でした。
週間天気予報は、あくまで目安と考えておく方が良い感じですね。

本日の写真は以下からご覧いただけます。www.flickr.com


飛騨の森

豊国神社 8:00-8:25

配水場 8:30-8:45

日本庭園 -8:55

豊国神社 -10:05

市民の森 10:15-11:15

元射撃場 -11:40

音楽堂西通路 -11:55

撮影に使用している機材

Canon デジタル一眼レフカメラ EOS Kiss X7 ボディー KISSX7-BODY

Canon デジタル一眼レフカメラ EOS Kiss X7 ボディー KISSX7-BODY