読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

おきらく・ごくらく日記

野鳥とゲームとデジタルガジェットの日々

片手鍋が壊れました

MONO 日常 家族

今日、私が外出から帰って来た際に、妻から片手鍋が壊れたということを言われました。

洗い物をしている時に、結構持ち手がぐらぐらとしているので、いつかは壊れるだろうなぁと思っておりましたが、今日取手が取れてしまったそうです。
f:id:KEN-S:20150820003334j:plain
取手の部分は、壊れてしまったということで、早々にゴミ箱行きで、鍋の方だけを見せてくれました。
f:id:KEN-S:20150820003447j:plain
見事にプラスチック製の取手が取れてしまっておりますが、それを支えるネジは、全く問題ない感じです。
f:id:KEN-S:20150820003549j:plain
裏面は、それなりに年季が入った感じですね。

幸い、鍋に何かを入れていたタイミングではなかったそうで、大事には至らなかったそうですので、一安心。
もし、お湯等を沸かしていて、それが入っている状態で取手が取れてしまっていたら、一大事になっていたかも。
片手鍋が壊れてしまったのは不幸ですが、妻にケガなどがなかったのは、幸いでした。

今年に入ってから、色んな物が壊れて行く我が家。ken-s.hateblo.jp

時期的にそういうものかもしれませんが、何となく嫌な感じです。



とりあえず、テレビやコーヒーメーカーに比べて、片手鍋は緊急度が高いので、早々に購入する必要があります。

片手鍋も色々で、素材によるものか金額にかなり幅があります。

安いものから

ブレンディー 深型アルミ雪平鍋 18cm 3002

ブレンディー 深型アルミ雪平鍋 18cm 3002

高いものまで。

新鎚起銅器シリーズ 深型片手鍋18cm

新鎚起銅器シリーズ 深型片手鍋18cm

安い商品と高い商品で、価格差が100倍程度あるということも、すごいですね。
きっと高い商品はそれだけ美味しいものが作れたり、長く使えたりするんでしょうね。

さて、我が家での鍋の選定はどうするべきか?
デザインを重視するか、価格を重視するか、材質を重視するのか、生産国を重視するか、手軽に買えるものにするか・・・
といっても、最終的にはメインの使用者である妻の判断に任せることになるのですが・・・

とりあえず、両手鍋は生きているので、それである程度は大丈夫ですが、近日中には購入しないと、生活に支障が出てきそうですね。