読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

おきらく・ごくらく日記

野鳥とゲームとデジタルガジェットの日々

ワンコの狂犬病注射へ行ってきました

ワンコ 日常

先週末に約1年ぶりとなるワンコの狂犬病注射へ行ってきました。

散歩にはかなり早い時間なのに、外へ連れ出してもらえると少し喜ぶワンコでした。
ところが、マンションの玄関ではなく、そのまま駐車場へ連れて行かれ、さらに妻がワンコを抱いて、車の後部座席に乗り込んだ辺りで、少々不安な顔つきに。
f:id:KEN-S:20150823161510j:plain
妻の膝の上で、鞄にあごをのせて少々憂鬱そう。

毎回獣医さんに連れて行く際には、妻がワンコを後部座席で抱いて乗るので、この状況になると必ず痛い事をされると覚えているのではないかなぁと。

さらにはその不安を紛らわせるためか、後部座席にいる状態で、妻の膝の上に乗って、助手席側の隙間から前を覗いております。
f:id:KEN-S:20150823161438j:plain

そして、獣医さんに到着。



いつものように私は車の中で待機して、妻に獣医さんへ連れて行ってもらいます。

この時期、車の中で待っているのはかなり厳しい暑さ。
最初は車のエンジンを止めて、窓を開けて待っていたのですが、やがて室内の温度が上昇してきて、とても耐えれなくなって仕方なくエンジンをかけてクーラーを入れることに。
たった15分程度でしかも窓を開けた状態でここまで暑くなるとは・・・

はっきり言って、わずかの時間だからと窓を閉めた状態で子供やペットを車中に残していくのは絶対にダメです。
そういうことをしてしまう人は、自分が一度エンジンを切って、経験してみるべきですね。

それはさておき、そこから5分ほどで、妻とワンコは戻ってきました。
無事に狂犬病注射は完了しました。

そして、帰りの車の中では、どことなくグロッキー気味でぐったりとした感じです。
f:id:KEN-S:20150823162944j:plain

注射も多分嫌いなのですが、それ以上に獣医さんが苦手のようです。
獣医さんの待ち合いスペースで待ち時間の間、周囲に沢山のワンコやニャンコに囲まれているのが、嫌いなのかもしれません。
何せ、我が家のワンコはワンコ嫌いで、散歩の途中で前から他のワンコが来るのを見ると、いつもの散歩コースを外れて、他の道へ逃げようとするぐらいです。
自分もワンコだということを分かっていないのかもしれませんが・・・

とりあえず、これで狂犬病の注射は来年まで打たなくて済みます。

しかし、もう少ししたら、今度は3種混合ワクチンを打ちにこないといけないので、我が家のワンコの苦難はまだまだ続きます。

狂犬病再侵入―日本国内における感染と発症のシミュレーション

狂犬病再侵入―日本国内における感染と発症のシミュレーション