読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

おきらく・ごくらく日記

野鳥とゲームとデジタルガジェットの日々

幸せを感じる食べ物

日常 食べ物

食事って、生命を維持して生きて行くための栄養を摂取する行動ですよね。

極論で言えば、栄養さえ摂れれば、形状や味覚にこだわる必要はないはずなんですよね。

でも、美味しい物を食べると、幸せを感じることができますよね?

皆さんは幸せを感じることができる食べ物って、ありますか?

私の場合は、食べ物ではありませんが、毎日の晩餐で飲んでいるビールに幸せを感じたりしています。

すると、私は毎日が幸せということになるのでしょうか?
まぁ、人に比べれば、かなり小さな幸せかもしれませんが・・・

それとは別ですが、この歳になって、初めて食べたものの中にも、こんなに美味い物があったのかと、幸せを感じれるものがあったりします。



私は最近になって生まれて初めて食べた「エビマヨ」に感動していたりします。

個人的には結構考え方が保守的なのか、「エビマヨ」と聞いて「中華なのにマヨネーズを使うのは邪道でしょう」と、存在は知っていても、わざわざ選んで食べるということはありませんでした。

ところが、妻が近所にできた中華料理屋さんのお昼のランチが美味しいと聞き、その中でも「エビマヨ」が絶品だと聞いて、気になり始めたのがきっかけ。

そのお店は「月泉」というお店。tabelog.com
今は人手が足りなくて、ランチは休止中らしいですが・・・

このお店のシェフが、元々いらっしゃったのが「空心」という本町にあるお店。kuushin.com

この「空心」というお店には、過去に2〜3度行った事があったのですが、いつも行列が出来ていて、なかなか入るまでに時間がかかるお店。
確かに美味しいけど、何分も並んでまで食べたいほどのメニューには巡り会っておらず、並ぶのが面倒なので、あまり行っておりませんでした。

ところが、先月に、たまたま時間ができて、お店へ行った際に、これまたたまたまその日のランチメニューに「エビマヨ」があり、そういえば妻が「月泉」のエビマヨが絶品と言っていたなぁと思い出して注文して食べてみたところ、これが大正解。

マヨネーズの味がきついかと思ったら、どちらかというと山椒や唐辛子の辛さの方が強く、マヨネーズはコクを出すのに一役買っており、マヨネーズを使った料理のわりには見事に中華の味になっているのです。

しかもこの辛さが辛いもの好きの私にはぴったりで、ご飯が進みます。
気づけばあっという間に食べ終えてしまい、食べた後はこの上ない幸せを感じるほど・・・

個人的に大好きな麻婆豆腐に勝るとも劣らないほどの美味しさ。

まさかこの歳になって、新しい料理に巡り会い、さらにはそれに幸せを感じるとは、思ってもいませんでした。

ただ、一般的に言われている「エビマヨ」とは、見た目からして若干違う感じなので、全ての中華料理屋さんの「エビマヨ」がおいしいかは分かりません。
麻婆豆腐の場合は、よほどの事がない限りは、大外れということはないとは思いますが、エビマヨの場合は大外れがありそうな気もするので、他の店では頼めないかも・・・

味の素 Cook Do 海老の中華マヨネーズ炒め用 100g ×10個

味の素 Cook Do 海老の中華マヨネーズ炒め用 100g ×10個

インスタントの商品も出ているようですが、見た目的にかなり違うので、他のお店で食べたときに、同じような幸せを感じれるかは分かりません。

初めて食べたその日以来、平日は大抵ダイエットのためにカップラーメンしか食べていない私ですが、ランチメニューに「エビマヨ」が出た時だけは「空心」に行くことにしようと心に誓った次第です。ken-s.hateblo.jp

ダイエットも大事ですが、何の為にダイエットをするのかと考えると、健康な体を維持するため。
健康な体を維持するためには、まずは健康な精神から。
ということで、幸せを感じることができる食べ物を食べて、健康的な精神を養おうと・・・

そして、先月に引き続き、本日約1カ月ぶりで「エビマヨ」がランチメニューに登場したので、「空心」に行ってきました。

今日は昼に雨が降っていたこともあって、私が行ったときには列がなく、そのままお店に入ることができました。
注文したのは当然「エビマヨ」です。

空いていたおかげで、注文してから5分も経たずに料理が到着。
f:id:KEN-S:20150924215233j:plain
今日もやっぱり美味しくて、非常に幸せなひと時を過ごせました。

食べ終えた後お店を出ると、雨が降っているのに、10人ほどの待ち行列ができていました。
空いているタイミングで入れたのは、かなりラッキーだったのかもしれませんね。

次回「エビマヨ」が出た際には、また来たいと思っております。