読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

おきらく・ごくらく日記

野鳥とゲームとデジタルガジェットの日々

そろそろインフルエンザ予防が話題に

時事ネタ 家族

そろそろインフルエンザの予防がニュースやテレビのワイドショーなどで取りざたされる時期になってきました。

インフルエンザ診療ガイド2015-16

インフルエンザ診療ガイド2015-16

今年は、例年よりも早くインフルエンザが流行っているらしく、場所によってはすでに学級閉鎖が出ているところもあるとか・・・

インフルエンザの予防で最初に思い浮かぶのは、インフルエンザの予防注射。

インフルエンザの予防注射の値段は、受ける病院によってまちまちだそうです。
5000円ぐらいの病院もあれば、3000円ぐらいの病院もあったりと様々。

先日テレビで見た情報によると、実際のインフルエンザワクチンの値段は、1500円ぐらいだそうで、残りの差額は技術料だとか。
注射の値段が高い方が効果があるとかそういうことはないそうで、中身はほとんど一緒なんだそうです。

さらに、今年はインフルエンザワクチンの値段が上がるそうです。
去年まではインフルエンザワクチンに含まれていた対応インフルエンザが、
A香港型、Aソ連型、B山形系統の3種類に対応したものだったそうです。
今年からはそれがもう一種類、Bビクトリア系統というインフルエンザへも対応するものになるそうで、対抗するインフルエンザの種類が増えると、原価は上がるので、ワクチンの値段は上がってしまうのだそうです。

あと、インフルエンザのワクチンの持続期間は4カ月ぐらいだそうです。
1シーズンに2回接種してもよいそうなので、どうしても予防したい人は、今打って、4カ月後にもう一度打つということも検討してもよいかもしれませんね。

ただ、注射が苦手な人にとっては、あまり打ちたくないというのが正直なところ。

インフルエンザワクチンは、現在は注射が主流ですが、テレビの情報によると、注射以外のワクチン接種の方法もあるそうです。



今はまだ日本国内では臨床試験が終了していないのですが、注射以外のインフルエンザワクチンの接種方法があるそうです。
「フルーミスト」という予防接種方法で、鼻の粘膜にインフルエンザワクチンを噴射して、インフルエンザを予防するもの。

インフルエンザの予防注射だと、痛みを伴いますが、この「フルーミスト」だと、痛みは全くないのだそうです。

さらに、効果の持続期間も1年間だそうで、一度接種すれば1年間は効果が続くのだとか。

痛みもなくて、効果も長いとなると、もっと大々的に普及してほしいと思うのですが・・・
現状では日本で未認可のため、金額的には少々高くて、1万円ぐらいするそうです。

また、利用できる人も2歳〜50歳までとなっているそうです。
何でも、インフルエンザにあまりかかってない、インフルエンザへの免疫があまりない人の方が効果があるそうで、50歳以上の人は大抵インフルエンザにかかっているので、あまり効果がないのだとか・・・

「フルーミスト」が早々に認可されて、値段が下がれば、かなり普及しそうですね。

ただ、我が家では今年も多分インフルエンザの予防接種は受けないと思います。
何年か前に妻と息子と娘がインフルエンザ予防接種をしたのですが、その年に限って、3人ともインフルエンザにかかってしまいました。
逆に、予防接種をしなかった私が、インフルエンザにかからなかったので・・・
おそらく、接種していなければ重症化していた可能性もありますが、どうも接種した年に限って、かかったという記憶が残っており、インフルエンザ予防接種は効果がないなぁというイメージがついてしまっております。

そのため、去年高校受験だった息子には、インフルエンザ予防に効果があるというヨーグルト飲料を飲ませておりました。

しかし、毎日飲んでいなかったためか、昨年は息子は見事にインフルエンザにかかっておりましたが・・・ken-s.hateblo.jp

そういえば、インフルエンザ予防の消毒薬等も販売されておりますね。

クレベリンゲル 150g

クレベリンゲル 150g

さらには、温度と湿度がウィルスの繁殖に影響を与えるということで、こういうものも啓蒙には良いのかもしれませんね。

あとは、やはりインフルエンザ予防用のマスクとか・・・

我が家では、今年は受験のような大切なイベントがないので、特に予防などはしなくても良いかなぁと思っております。

日々の「手洗い」「うがい」が、一番安上がりで効果が高いのではないかと、個人的には思っております。