読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

おきらく・ごくらく日記

野鳥とゲームとデジタルガジェットの日々

コーヒーメーカーを検討する

MONO 日常 家族

家で使っているコーヒーメーカー Melitta「リニアウニカ サーモ JCM-1209」が故障してから、かなり時間が経っております。ken-s.hateblo.jp

さすがに、毎回コーヒーを淹れるのに、お湯を沸かして自分で注いでという手間をかけていると、面倒になってきます。
現在は、こんな感じでポットは使えるので、お湯を沸かした後、ドリッパーとして使っております。
f:id:KEN-S:20151104082523j:plain

お湯を沸かす手間と、淹れる間は時間を取られてしまうというのが不便。
お水を注いでスイッチを入れるだけで勝手にコーヒーが出来て来る方が楽。

ということで、真剣に買い換えのコーヒーメーカーを検討してみました。


我が家での使い方

我が家では私も妻も、コーヒーをよく飲むのですが、飲む度に作っていたのでは手間がかかるので、朝に作っておきます。
作っておいて、ステンレスポットで保温して、足りなくなったらまた作るということで、常にコーヒーが飲める状態にしております。

朝食でコーヒーを飲むことが多く、私と妻、そして冬場になると息子もホットコーヒーを飲みます。
※冬以外の季節は、息子はアイスコーヒーを飲むので、必要ないのですが・・・

さらには、日によっては朝食で1人2杯飲む事があったりもします。

現在のコーヒーメーカーについているステンレスポットの容量が1.1リットル。
新しく買い替えるコーヒーメーカーの容量についても、コレに近いぐらいは欲しい。

ステンレスポットの容量で検討する

ポットの容量的には、やはり1リットルぐらいはほしくて、さらにポットは保温効果も必要なので、ステンレスポット。
そこで候補として上がったのは以下の3つぐらい。

  • Melitta「アロマサーモ JCM-1031」

Melitta アロマサーモ 10カップ 【3~10杯用・1×4のフィルターペーパーに対応】 JCM-1031

Melitta アロマサーモ 10カップ 【3~10杯用・1×4のフィルターペーパーに対応】 JCM-1031

ポット容量1.4リットル

  • カリタ 「EC-103 P」

Kalita ステンレス製ポットタイプ コーヒーメーカー 10杯用 EC-103 P

Kalita ステンレス製ポットタイプ コーヒーメーカー 10杯用 EC-103 P

ポット容量1.3リットル

  • THERMOS 「ECH-1000 CS」

ポット容量1.0リットル

ぐらいが良さそうな感じ。

ところが、コーヒーメーカーには、適合する紙フィルターのサイズがあります。

紙フィルターのサイズが・・・

現在使っているコーヒーフィルターは、ダイソーで売られていた2〜4杯用を使っております。
毎日使用するものなので、できるだけコストを下げたい。

このフィルターが現在我が家で使っているコーヒーメーカーで使えました。

JCM-1209 に対応しているフィルタが102(2〜4杯用)なので、もし同じフィルタを使い続けるとすると、新しく買うコーヒーメーカーは、フィルターサイズ「102」もしくは「1x2」に適合する必要があります。

カリタ コーヒーフィルター 102濾紙 100枚入 ブラウン

カリタ コーヒーフィルター 102濾紙 100枚入 ブラウン

しかし、容量で検討した候補として上げた2つのコーヒーメーカーは、

  • Melitta「アロマサーモ JCM-1031」

フィルターサイズ「1x4」

  • カリタ 「EC-103 P」

フィルターサイズ「103」

  • THERMOS 「ECH-1000 CS」

フィルターサイズ「103」か「1x4」

適合するフィルターサイズは「103」や「1x4」となってしまいます

カリタ コーヒーフィルター 103濾紙 100枚入 ブラウン

カリタ コーヒーフィルター 103濾紙 100枚入 ブラウン

Melitta フィルター ナチュラルブラウン バンブー 1x4 「10パックセット」

Melitta フィルター ナチュラルブラウン バンブー 1x4 「10パックセット」

現在安価で手に入っている「102」や「1x2」ではサイズが小さいことになります。

フィルタサイズが小さいとどうなるかと想像すると、コーヒー抽出中に、フィルタを超えて水が供給されるので、コーヒーが薄くなったりするのではないかなぁと。

そして、今使っているフィルタサイズ 「102」や「1x2」に合うものをピックアップしてみると・・・

  • Melitta「ノア SKT54」

Melitta NOAR(ノア)【2~5杯用・1×2のフィルターペーパーに対応】 ブラック SKT541B

Melitta NOAR(ノア)【2~5杯用・1×2のフィルターペーパーに対応】 ブラック SKT541B

0.7リットル(2〜5杯)

  • THERMOS 「ECF-700」

THERMOS 真空断熱ポット コーヒーメーカー 630ml ステンレスブラック ECF-700 SBK

THERMOS 真空断熱ポット コーヒーメーカー 630ml ステンレスブラック ECF-700 SBK

0.63リットル

と、今よりもステンレスボトルの容量が減ってしまうものばかり。
この容量だと、朝食を食べる時で終わってしまうかなぁと、ヘタすると2杯目のコーヒーが飲めない可能性も・・・

紙フィルター不要のモデルも

さらに調べたら、紙のコーヒーフィルターが不要なコーヒーメーカーを発見。

ゴールドトーンフィルターと呼ばれる繰り返し使えるフィルターを利用でき、さらには紙フィルターも利用できるとのこと。
これで利用される紙フィルターのサイズがちょっと分かりませんが、もしかしたらこれはアリなのかも・・・

ただ、ゴールドトーンフィルターの場合は、洗うのが結構面倒なのかなぁと思ってみたり。

最終選考結果

と、色々と検討してきましたが、最終的には容量を妥協するか、紙フィルターのサイズを妥協するかしかなさそう。

そう考えると、現在使っているコーヒーメーカーMelitta「リニアウニカ サーモ JCM-1209」が我が家の用途としては、一番合致しているということを改めて知る事となりました。

しかし、このモデルはすでに廃盤商品。
同じモデルを買い替えることはできません。非常に残念です。

さて、どこを妥協して、どのモデルを購入するのかと、妻と検討した結果・・・

  • THERMOS 「ECH-1000 CS」

に決まりました。
決め手は・・・デザイン。
って、検討項目から外れておりますが・・・

容量がどうこうとか、フィルタサイズがどうこうとかもありました。
しかし、結局はどこか妥協しないといけない。
それで、妥協した上で、最終的に選ぶとなると、家に置いてて嫌いじゃないもの。
デザイン的に好きなものとなると、これしかないのかなぁということに落ち着きました。

とりあえず、今残っているフィルターをこのコーヒーメーカーで使ってみて、不都合があれば、次に購入する紙フィルターのサイズを変更してみる。
不都合がなければ、サイズは合わないものの、そのまま利用するということに落ち着きました。