読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

おきらく・ごくらく日記

野鳥とゲームとデジタルガジェットの日々

iPhone6 用のケース&保護ガラス

スマートフォン 日常

昨日検討した末に入手したau 版の iPhone6 128GB。ken-s.hateblo.jp

本当はゴールドが欲しかったのですが、シルバーかスペースグレーしかないと言われ、シルバーを入手しました。

Apple au iPhone6 A1586 (MG4C2J/A) 128GB シルバー

Apple au iPhone6 A1586 (MG4C2J/A) 128GB シルバー

入手したものの、やはりデザインはあまり好きではありません。

特に、背面にある取って付けたような白というかグレーのライン。
背面のデザインなら、iPhone5sの方が圧倒的に好きです。
f:id:KEN-S:20151108131406j:plain

いくら、アンテナの電波受信の都合で、プラスティック部分を作らないとダメとはいっても、これまでの Apple のデザイン優先でその中に機能をきれいにまとめていくというこだわりを失ったのかと思ってしまったほど。

ので、使用している際にはそれを見たくはないし、人に見せたくもない。
それならば不細工な背面を隠してしまおうと考えて、ケースを購入することにしました。

これまでに保有した iPhoneシリーズは、全てデザインが見えるように、全体を保護するケースではなく、バンパーと保護シートなどを利用しておりました。

完全に背面を隠してしまうようなケースは今回購入するのが初めてかも・・・

さっそく、品揃えの多そうな梅田のヨドバシカメラへ探しに行ってきました。



しかし、店頭でいろいろと手に取って見比べてみたものの、手放しでこれが良いと思えるケースが見つからず。

いろいろと検討した結局、購入したのはこちらの商品。

本体全体をすっぽりと保護しつつ、見たくないものを隠してくれる。
それでいて、ストラップホールもついていて、ICカードも入れて使えるというケースです。

カラーは何種類かあったのですが、色として好きなオレンジ色を選択しました。

次に、表面液晶の保護シートを選びます。

最近は液晶保護の目的で、主流になりつつあるのはフィルルム製の保護シートではなく、保護ガラス。
ゴリラガラスという強度のあるガラスを使ったものなども売られております。

妻も iPhone6 を購入した際には、保護ガラスをお店の人に勧められて、それを使っております。ken-s.hateblo.jp

保護シートに比べると少し高いけど、使い勝手は保護ガラスの方が良いとのこと。
手の脂がついてもすぐに拭き取れてきれいになるとか。

ただ、保護ガラスの場合は、保護シートに比べて、少し厚みがあります。
妻の保護ガラスも触った感じ、かなりの厚みを感じました。

店頭で売られているガラスも、調べてみると、厚みが何種類かあり、一番種類が多く出ていたのは 0.33mmの厚みのものでした。
0.12mm という商品もあり、その辺になってくれば、液晶保護シートとそんなに厚みは変わらないのかなぁと。

しかし、厚みが薄い物の方が、何故か値段が高かったりします。
厚みを減らして強度を維持するのが、結構難しいのかもしれません。

さんざん悩んだあげく、購入したのはちょうど真ん中ぐらいの厚みの 0.21mm の商品にしました。

※実際に買ったものとはパッケージデザインが違いますが、製造元が同じようなので、多分同一商品のパッケージ違いかなぁと思います。

あまり薄すぎると、ガラスなので弱そうだし、厚すぎると出っ張りが気になるかなぁということで。

早速家に帰って、購入したものを iPhone6 へ装着します。
f:id:KEN-S:20151108135453j:plain

装着した結果、こんな感じになりました。
f:id:KEN-S:20151108140907j:plain

液晶ガラスはこんな感じで収まりました。
f:id:KEN-S:20151108141101j:plain

背面から見たら、こんな感じになりました。
f:id:KEN-S:20151108141204j:plain

見せたくないものは、きっちりと隠れたので、良いのではないかなぁと。

本来の薄さをスポイルしてしまいましたが、仕方ないですよね。
とりあえず、iPhone7 が発売されるまでは、このままを使い続ける予定です。