読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

おきらく・ごくらく日記

野鳥とゲームとデジタルガジェットの日々

久しぶりにWiiU「Splatoon(スプラトゥーン)」をプレイ

ゲーム 日常 家族

本日、久しぶりにWiiU「Splatoon(スプラトゥーン)」をプレイしました。

Splatoon(スプラトゥーン)

Splatoon(スプラトゥーン)

前回の第8回目のフェス「食べたいのはどっち? 山の幸 VS 海の幸」をプレイしたのが最後だと思うので、かれこれ20日ぶりぐらいでしょうか。
ken-s.hateblo.jp

そのおかげで、ゲームを開始すると、いきなり前回フェスの結果発表画面から開始されました。
f:id:KEN-S:20151210215747j:plain

結局は「海の幸」が勝ったんですね。
一応前回のフェスも海の幸陣営に参加して、数ゲームプレイしていたので、今回も報酬のスーパーサザエはもらえました。
f:id:KEN-S:20151210215857j:plain

「ふつうの海の幸ガール」なので、報酬はスーパーサザエ4つですが・・・
そのおかげで、所持しているスーパーサザエが100個に到達しました。

その後、新ステージ「マヒマヒリゾート&スパ」の追加情報が入ってきたり。
f:id:KEN-S:20151210220040j:plain

新ブキ「スクリュースロッシャー」の追加情報が入ってきました。
f:id:KEN-S:20151210220125j:plain

実際のゲームに入ると、この「スクリュースロッシャー」以外に3つほど新しいブキが追加されていたのですが、それらの告知は、スタート時に入らなかったところを見ると、ブキのアップデート情報は、どんなに貯めていても、1個しか表示されない仕様のようですね。

さて、以前はあれほど頻繁にWiiU「Splatoon(スプラトゥーン)」をプレイしていたのに、最近はめっきりというか、ほとんどプレイしておりません。


バタバタしているというのも理由の一つではあります。
PS3メタルギアソリッドV ファントムペイン」にハマっているというのも理由の一つではあります。
ken-s.hateblo.jp

でも、最大の理由は何かというと・・・やはり私自身、そろそろ飽きてきたかなと。

実際には、短い時間でもプレイできるので、区切りが付けやすいゲームで手軽にプレイしやすいです。
たまにプレイすると楽しいので良いのですが、以前ほどは集中してプレイすることはめっきりなくなったかなぁと。

ただ、私が飽きているだけで、我が家の娘は相変わらずプレイをしております。
一時期あまりプレイしていなかった息子も、ここに来て再びプレイするようになっております。

飽きてきた私と、未だにプレイしている娘。
さらには、最近になってプレイを再開した息子。
私と子供達に違いがどこにあるのかというと・・・それは一緒にプレイできるフレンドがいるかどうかという点。

娘は同じ中学校に通っている友だちで、同じくこのゲームにハマっている子がいます。
ken-s.hateblo.jp
その友だちと、LINEで通話しながら、オンラインプレイで楽しんでおります。

息子にも、PCのゲームで知り合って、ボイスチャットなどをする知り合いが数人いて、彼らと一緒に Skype で通話しながら、オンラインプレイを楽しんでおります。

そう、WiiU「Splatoon(スプラトゥーン)」も、その他の任天堂製のパーティゲームと同様に、知り合いや友人たちと、しゃべりながら一緒にプレイするのが、楽しいゲームなんですよね。

友だちや知り合いとのコミュニケーションツールの一つとして、一緒に時間と体験を共有しながらこのゲームをプレイすれば、楽しみは持続していつまでも飽きずにプレイすることができるんです。

最近では、息子と娘はゲームで用意されているステージを塗る遊びだけではなく、かくれんぼや鬼ごっこといった遊びを、このゲームでプレイしていたりします。

しかし、私のような社会人となると、知り合いは皆忙しかったり、時間が合わなかったりして、一緒にプレイできる人は皆無だったりします。
当然、ゲーム内のフレンドも全くおらず・・・ボッチでプレイする場合は、他のゲームと何ら変わりはありません。

ゲームの向こう側には確かに見ず知らずのプレイヤーがいるのですが、普通のスタンドアローンのゲームと、プレイしている感覚としてはあまり大差はないのかなぁと。

やり込み要素もそれほどない結構シンプルなゲームなだけに、飽きるとあまりプレイしなくなる感じです。

レースゲームやスポーツゲームのように、上達するためにストイックにプレイを続けるというのは個人的に性に合わないので、このゲームをやり込んで上達するというのもやる気になれませんし・・・

たまに立ち上げて少しだけプレイするというのが、私にとってこのゲームとの付き合い方かなぁと。

と書きつつも、もしかしたら今後何かの拍子に、再びどっぷりとやり込む可能性も否定はできませんが・・・
プレイすれば楽しいゲームではありますので。