読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

おきらく・ごくらく日記

野鳥とゲームとデジタルガジェットの日々

IKEA のシーリングランプのガラスが破損

MONO 日常 家族

我が家では、寝室として利用している和室に、2段ベッドがあり、子供達は2段ベッドで寝ております。
上の段が息子で、下の段が娘。

そろそろ子供部屋のことを考えないといけないかなぁと思いつつ、部屋を分けるとなると、現在の仕事部屋を区切らないと行けないかなぁと。
しかし、仕事部屋にある資料の山をどうすることもできないで、ズルズルと来てしまっております。

昨日の夜にいつものように、息子が寝るために2段ベッドの上に上がる際のこと。

何かの拍子に、息子が天井のシーリングランプに当たって、シーリングランプの保護ガラスが落下し、割れてしまいました。

このシーリングランプは、過去に娘も同じように当たったことがあるもの。

その時はガラスの落下は免れ、保持していた金具だけが破損するにとどまりました。
その破損した金具を、修理したことがあるシーリングランプです。
ken-s.hateblo.jp



今回もどうやら息子がランプに当たった拍子に金具が外れてしまったようです。
ちなみに、外れたのは、別の場所の金具で、私が作った金具は本体についたままでした。
f:id:KEN-S:20151227013214j:plain

ガラスが割れましたが、幸い当たった息子にはケガがなかったのが、不幸中の幸いでした。

ただ、このシーリングランプ、割れるとガラス片がかなり鋭利な状態になり、片付けている最中に、少し当たっただけなのに、左手の小指をケガしてしまいました。
f:id:KEN-S:20151227012129j:plain

けっこう鋭い状態なので、もし同じ製品を使われている方は、割れた際にはご注意を。

さて、とりあえずこのままの状態だと、今度は息子が電球に当たってしまいかねないので、早々に照明カバーを調達する必要がありますね。

同じ物を購入すると、またガラスが割れる危険性もあるので、プラスティック製のものを検討した方が良いかもしれませんね。