読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

おきらく・ごくらく日記

野鳥とゲームとデジタルガジェットの日々

「三ツ矢白いサイダー 雪いちご」を飲んでみました

食べ物 日常

先日からコンビニで半額で売られているドリンクシリーズを3本飲んでおります。
ken-s.hateblo.jp
ken-s.hateblo.jp
ken-s.hateblo.jp

今日は、その半額で売られている飲料の3種類目を購入してみました。
「三ツ矢白いサイダー 雪いちご」というドリンクです。

正直に言えば、このドリンクについては、買おうかどうしようか迷いました。
というのも、味の説明に

雪のように真っ白なコンデンスミルクをいちごにかけたような味わいの冬にぴったりな炭酸飲料です

という表記があったため。

コンデンスミルクといえば、かなり甘ったるいイメージしか湧いてきません。

私自身は、甘ったるいものは、それほど好きでなないので、購入するかどうか迷いました。

ただ、まぁ万が一失敗したとしても、半額で売られてるのでダメージはそれほど大きくないのではないかと考えて、購入に踏み切りました。
f:id:KEN-S:20160119224213j:plain
たかがドリンクでそこまで迷う事もないとは思うのですが、甘すぎるのは苦手なので、どうしても躊躇してしまいます。



f:id:KEN-S:20160119224232j:plain
ラベルには「コンデンスミルク」の文字が。

f:id:KEN-S:20160119224244j:plain
カロリー数は100mlあたり48kcal。
これ1本で500mlなので、240kcalです。

さて、甘さを警戒しつつ、開栓してみます。

開栓すると、確かにいちごにコンデンスミルクをかけたような香りがします。

ああ、これはかなり甘いんだろうなぁと甘さを警戒しつつ、一口飲んでみます。

口の中に「コンデンスミルク」の甘ったるい味覚が・・・
あれ? 広がらない?

確かにコンデンスミルクの味はします。
しかし、いちごの酸味と香りがうまく混ざって、コンデンスミルクの甘ったるさはそれほど感じませんでした。

さらに、ほのかに香る三ツ矢サイダーの香りも混ざっているおかげで、コンデンスミルクの濃厚な甘さはかなり薄まっておりました。

三ツ矢サイダーの甘さがありつつも、いちごの酸味と香りが混ざり、コンデンスミルクは控えめな甘さを演出。
これは、想像していたよりも私にとっては良い方向へ裏切られた感じ。

というか、これは積極的に買っても良いぐらいの味ではないかなぁと飲んでいる間に思ってしまいました。

コンデンスミルクの甘ったるさを期待して買うと、少々物足りなく感じられるかもしれませんが、それほど甘ったるくもないので、飲みやすく仕上がっているので、これはアリなのではないかなぁと思いました。