読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

おきらく・ごくらく日記

野鳥とゲームとデジタルガジェットの日々

「League of Legends」日本語サーバーのクローズドベータテストに当選

ゲーム 日常 時事ネタ

先日よりプレイを開始したPC用ゲーム「League of Legends」。
ken-s.hateblo.jp

日本語版サーバーの公開に先立って、クローズドベータテスターを募集していて、それに応募しておりました。

締め切り日が1月31日までで、当選連絡がなかったので、外れたと思っておりました。

ところが、本日、メールを確認したところ、今頃になって当選の連絡がありました。
f:id:KEN-S:20160209235958p:plain

日本語版サーバーのβテストのスタート期日が遅れたのかとサイトを見に行ったところ、テスト自体は2/4から開始されていたようです。


それなのに、なぜ今頃になって、当選通知が到着したのかというと、どうやらサーバーの負荷テストを行うために、随時テスターを増員しているそうです。

私は、その増員枠に引っかかることができたということのようですね。
とりあえず、補欠で当選したというような感じでしょうか。

まぁ、せっかくなので、日本語版サーバーでのベータテストに参加してみたいと思います。

ただ、相変わらずファイルのダウンロードには時間がかかってしまい、結局今日はファイルのダウンロードだけで先へ進む事ができませんでした。
f:id:KEN-S:20160210000721p:plain

プログレスバーは止まったままで、「差異を計算しています」という表示が延々続いておりました。

あまりにも長いので、途中であきらめて、一度ゲームを終了させた後、再起動するとプログレスバーが進行して、無事に起動することができました。

βテストのアカウントのため、使用キャラクター(チャンピオン)を購入するのに使うRP(ライアットポイント)やIP(インフルエンスポイント)は50万ポイントずつ提供されるので、好きなキャラクターを使いたい放題です。
f:id:KEN-S:20160210023511p:plain

名前も日本語で、インターフェースも日本語、スキルの説明も日本語なので、プレイするための言語的なハードルは下がっております。

これからしばらくベータテストをプレイしてみて、使った事がないチャンピオンを使ってみたり、色々とためしてみようと思います。