読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

おきらく・ごくらく日記

野鳥とゲームとデジタルガジェットの日々

「Xperia SO-05D」の内部ストレージがマウントできました

日常 スマートフォン

先日購入して、内部ストレージとSDカードがマウントされない不具合があると判明した「Xperia SO-05D」。

ジャンク品を購入したので、仕方がないといえば仕方がないのですが、どうしても諦めきれず。

何か方法はないかとストレージがマウントされない理由を色々と調べて見ることに。

裏蓋を閉じないとマウントされない

SONYXperia シリーズの中には、「Xperia acro」などで裏蓋が閉じていないと SDカードへのアクセスができない機種があるということが判明。
テスト中、SDカードとの相性かもと自宅にあったSDカードを何枚か抜き差ししてテストしており、いちいち裏蓋を閉じるのが面倒だったので、裏蓋を開けたままテストしたこともあったので、この辺に理由があるのかもと調査。
しかし「SO-05D」はどうかというと・・・スイッチらしきものは見当たらず。
そもそも、マウントされないのはSDカードだけではなく、内部ストレージもマウントされないので、この現象には該当しませんでした。


「あんしんスキャン」アプリに問題?

Docomoの端末に最初からインストールされている「あんしんスキャン」が、頻繁にストレージにアクセスし、そのせいで SDカードが破損したり、マウントが自動的に解除されるという記事がありました。

もしかしてそのせいかもということで、

設定>アプリ>あんしんスキャン

を選んで「アンインストール」ボタンをタップして「あんしんスキャン」を削除してみました。
そのあと、本体を再起動してみましたが・・・やはり状況は改善されませんでした。

サービスモードに何かヒントはないか?

Xperia にはサービスモードと呼ばれるデバッグモードのようなものが存在しております。
そのモードで、端末の設定をいろいろと確認できるらしいので、そのモードで何かヒントが得られないかと試してみます。
サービスモードへの入り方は、電話アプリ(ダイヤルアプリ)を起動したあと、

*#*#7378423#*#*

と入力することで入れます。
サービスモードに入ってそれらしきものがないかを確認すると

Service tests>Storage

というのがありました。それを調べてみると、やはりマウントされていないという表示。
状況は確認できましたが、それへの対策は特にできないようでした。

Docomo に修理を依頼するしかないのかも・・・

いろいろとテストしてみましたが、いずれも解決策には結びつかず。
やはり、ジャンク品は私程度のスキルで手を出すのは間違っていたのかもしれません。

しかし、「SO-05D」をジャンク品であったとしても入手して、持ってみた限りでは、結構良い感じの端末であると認識したので、入手する前以上に欲しいと思えてしまいました。

こうなったら、本当に欲しかったオレンジを新たにどこかで調達するか・・・

それともこの端末をDocomoに修理に出してみるか・・・
一応、Docomo と未契約であっても、端末の修理依頼はできたという人ん記事もありました。

修理するのに、費用的にどれぐらいかかるのかを見積もってもらって、その額次第では、別の端末を買うことも検討しないとダメかなぁと。

ただ、現状で当初の目的である「0 SIM」の自動解約を阻止するための役割は、この端末で十分に果たせるっぽいので、ここでわざわざ新たなコストを発生させる必要もないのかなぁという思いもあります。

とりあえず、修理見積を依頼するために、持って行って預けることを考えて、一度端末に設定したメールアドレスなどを削除するために端末を再度初期化することにしました。

初期化するときの設定を変更してみると・・・

設定>バックアップとリセット>データの初期化

を選択すると、本体を初期化しても良いかという画面が表示されました。
今回「SO-05D」を購入してから、ストレージを認識させるために、すでに何度か見た画面です。
いつものようにボタンを押下しようとしたときに、画面の下の方にチェックボックスがあったことを発見しました。
f:id:KEN-S:20160218004416j:plain
「内部ストレージ内データの削除」という項目です。
内部ストレージがマウントされていない状態なので、このチェックボックスを選んでも意味がないかと思いつつ、とりあえずチェックを入れて、初期化を行いました。
途中でストレージがマウントされていないというようなエラーが出るかなぁと思って画面を見ていたのですが、特にエラーも発生せず、無事に初期化が終了しました。

そのあと、初期化が終了して端末が再起動。
いろいろと確認の画面が出るのをスキップして、メニュー画面を表示します。
これまでは、Xperia のメニューを表示するように設定しておりましたが、Docmoに端末を持ち込むので、ショップ店員さんのことを考えて、メニューを Docomo に設定しておくことにしました。

そして、メニュー画面が表示されたのを確認したあと、持って行く前に再度現象を確認しようと、

設定>ストレージ

を覗いてみると・・・なんと、内部ストレージを認識しているではありませんか!

これは、勝手に直ったということなのでしょうか?
それとも、表示自体がおかしくなったのでしょうか?

とりあえず、これまで使えていなかったカメラアプリを起動してみると、特にエラー表示も行われず。
試しに撮影してみると、問題なく撮影もできました。
撮影した写真も、アルバムアプリで確認すると、ファイルが存在しておりました。

その後、本体の電源を落とし、microSDカードを差し込んで本体を立ち上げてみたら、microSDもあっさりと認識してくれました。
f:id:KEN-S:20160218004435j:plain
もしかしたら、内部ストレージに何か変なファイルが入っていて、そのせいでこれまではマウントできなかったのかもしれません。
もしくは、初期化後の最初のメニューは、Xperia ではなく、Docomoにしないといけないのかもしれません。

いずれにしても、ジャンク品で買った「SO-05D」が、現時点で見えていた問題が解決したということは、非常に喜ばしいことです。

ただ、今のフィーチャーフォンと入れ替えて、常時持ち歩き用として利用するにはまだ不安が拭えません。
しばらくは様子を見て、経過を観察しておく必要があるかなぁという感じです。