読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

おきらく・ごくらく日記

野鳥とゲームとデジタルガジェットの日々

PS3「DARK SOULS II」を始めました

ゲーム 日常

先日、エンディングを迎えたPS3「FallOut3」。
ken-s.hateblo.jp

次に何をプレイするかと悩んだ末、先週末に買って来たのがPS3DARK SOULS II」というゲーム。

DARK SOULSII(通常版)

DARK SOULSII(通常版)

こちらも「FallOut3」に対しての「FallOut4」と同様に、最新作の「DARK SOULS III」が、PS4で発売される予定だったので。

(2016/3/24に発売済みですが、先週末時点では未発売でした)

当然、PS4を持っていない私としては、プレイしてみたくてもプレイできないから前作をプレイしてみようと言う感じ。

まぁ、実際には中古で安く売られていたので、評判もそれほど悪くないようだし、買ってみようかなぁという程度の軽い気持ちでゲームを開始しました。

ゲームのジャンルも、アクションRPGだし、それなりに楽しめるのではないかなぁということで買ってみたのですが・・・甘かった。

プレイして1時間と経たずに、私の考えは甘かったということが分かりました。


このゲーム、昔のファミコンのアクションゲームのようなゲームでした。

昔のファミコンのゲームというと、初見のステージはクリアーできずに、何度も失敗を繰り返しながら、パターンを覚えて、さらには自分のプレイスキルを上げていくことで、ようやく先へ進めるというゲームが多かったと思います。
ロックマンもしかり、スーパーマリオもしかり・・・

このゲームについても、ほぼそれに近い状態。

プレイ開始早々に、いきなり操作を誤って落下死。
そして、再び篝火(セーブ&回復ポイント)から再スタート。

敵と遭遇して攻撃を外してしまい、相手の連続反撃を受けて死亡。
再び篝火から再スタート。

さらには、自分の体力の上限も減少した状態からのスタートです。

操作方法を覚えるための、チュートリアルのようなステージをプレイしている時からこの状態。
これは、かなりのマゾゲーな予感しかしません。

この年になって、今更ファミコンのような初見殺しのゲームをプレイするのは、正直に言うとかなり辛いです。

そう思いつつ、せっかく買ったのだから、もう少し先を見てみようとプレイを進めて、何度目かにしてようやく新しい場所へ進むことができました。
そして、新しい篝火を発見し、ようやく先へ進むことができた気がしました。

そして、この新しい篝火のそばにきて、ようやくアクションRPGらしさ・・・キャラクターのレベルアップができるようになりました。

それまでの戦闘で貯めていた「ソウル」と呼ばれる経験値兼お金を消費して、キャラクターをわずかにレベルアップ。
これで少しは楽に敵を倒せるようになったかと思ったら・・・

次のエリアではいきなり剣を持った巨大な騎士のようなモンスターが目の前に立ちはだかり、あっけなく撃沈。

何度か突撃していると、そのモンスターの横にある道に、新しい篝火があるのを発見。
今度はそこを拠点にして、巨大な騎士に何度も挑戦し・・・ようやく撃破。

先へ進めるかと思ったら、先ほどの巨大な騎士の武器違いキャラ(打撃武器)が登場して、再び撃沈・・・
篝火から再スタートするも、先に倒したはずの剣持ち巨大騎士が再び復活していて、それと戦うはめに・・・

先へ進めた時の達成感はかなり大きいのですが、あまりにも死にゲーすぎて、この年になってプレイするには、少々厳しいゲームです。

特に操作ミスというか、PS3のコントローラーの調子が悪いのか、触っていないのにキャラクターが勝手に移動してしまう状況で、シビアな操作が必要となる地形での落下死は理不尽としか思えない状態です。

とりあえず、限界を感じるまでは、プレイを進めてみようと思いますが、もしかしたら最後までクリアする前に、挫折してしまうかもしれません。