読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

おきらく・ごくらく日記

野鳥とゲームとデジタルガジェットの日々

カップ麺「カシミールカレーラーメン」を食べてみました

食べ物 日常

本日の昼食の際に、いつものようにコンビニに立ち寄ったところ、カップ麺のコーナーにて新しいラーメンを発見。

明星「カシミールカレーラーメン」というラーメンです。

パッケージだけを見ていると、日清のカップヌードルの新しい種類かと思ってしまうほど、カップヌードルの雰囲気に似ていたりしますが、明星の商品です。

「スパイスタイム 銀座デリー監修 カシミールカレーラーメン」というのが、正式商品名のようです。
パッケージによると、「スパイスの効いた極辛のカレーです。」とあります。

これは、辛いもの好きとしては、是非一度味わってみないとと思い、早速購入してみました。

「1956年創業のインド・パキスタン料理のデリー」というお店が監修のようです。
f:id:KEN-S:20160528012506j:plain
カシミールカレーというのは、食べた記憶がないので、なかなか楽しみです。

商品の写真を見ると普通のカレーとは異なる色のように見えます。
f:id:KEN-S:20160528012524j:plain

カロリーはこれ1食(65g)で256kcalです。
f:id:KEN-S:20160528012543j:plain

お湯を注いで3分で出来上がりです。
フタを開けてみると、こんな感じです。
f:id:KEN-S:20160528012559j:plain
具材としては、キャベツ、豚肉、ポテト、ニンジンなどが入っているようです。
ポテトはフライドポテトになっているようです。

よく混ぜて食べるようにとの注意書きがあったので、混ぜてみたらこんな感じです。
f:id:KEN-S:20160528012616j:plain
スープの色がよくあるカレーラーメンの色とは異なり、少し黒めに見えます。

さっそく食べてみた感想です。



普通のカレー系ヌードルだと結構スープはとろみがあって、ドロッとした感じですが、この商品のスープはかなりサラサラです。
しかし、それなりには麺にスープが絡んできます。

実際に一口すすって食べてみると、確かに辛い。
しかし、カレーラーメンのようなコクはイマイチ弱くて、比較的あっさりとした感じ。

辛さについても、カレーのような、様々な香辛料が混ざった辛さというよりも、山椒や唐辛子のような麻辣系の辛さ。
通常のカレーラーメンというよりは、台湾ラーメンなどの辛さに近い感じ。
麻辣麺に少しカレーの風味が加わったような印象を受けました。

肝心の辛さはというと、麺を食べ終えてからスープを最後まで飲み干す途中に少しむせたりするほど。
結構辛めだと思います。

食べ終えた後、唇も少しヒリヒリしていました。

辛いもの好きの私としては、嫌いではありません。
ただ、普段知っているカレーラーメンだと思って食べたら、ちょっとイメージが違う感じです。

興味がある方は、是非お試しください。