読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

おきらく・ごくらく日記

野鳥とゲームとデジタルガジェットの日々

マルちゃん正麺「辛こく塩担々麺」を食べてみました

食べ物 日常

本日、いつものようにコンビニに立ち寄ったところ、カップ麺のコーナーにて、新しい商品を発見。

それが、マルちゃん正麺「辛こく塩担々麺」というカップ麺です。

マルちゃん正麺シリーズは、テレビのコマーシャルではよく見かけていたのですが、私自身はこれまでにあまり食べた記憶がありません。
特に避けていたという分けでもないのですが、商品のラインナップとして、興味を持つものが無かったというのが、その理由なのですが、今回の商品については、担々麺ということで、興味がそそられました。

もしかしたら、私の人生で「マルちゃん正麺」を初体験かも知れません。(ちょっと大げさですが・・・)

パッケージは金色でなんとなく高級な感じ。
f:id:KEN-S:20160602001121j:plain
購入してお湯を注いでから気付いたのですが、通常の担々麺ではなく、「辛こく担々麺」。
f:id:KEN-S:20160602001258j:plain

「塩担々麺」という食べ物があるのか、それとも「担々麺」に「辛こく塩」が使われているのか。
前者の場合は、通常の担々麺との違いは一体どこにあるのか、買ってから気になりました。

カロリーはこれ一食(102g)で345kcalです。
f:id:KEN-S:20160602001210j:plain

まずはフタを開いて、カヤク2袋を入れてお湯を注ぎます。
1つは溶き卵の袋、もう一つはネギと肉そぼろです。

液体スープを蓋の上で温めながら5分待ちます。
f:id:KEN-S:20160602001238j:plain

5分後、フタを開いて、軽く混ぜ、その後液体スープを入れて、出来上がりです。
f:id:KEN-S:20160602001320j:plain

具材の中では、見た目的にも溶き卵が目立っております。

さて、早速食べてみた感想です。



麺は生麺ぽく、結構モチモチしています。
縮れ具合もなかなか良くて、スープもよく絡んできます。
この麺は個人的には結構好きなタイプの麺です。

スープはそれなりに辛いのですが、個人的にはもう少し辛くても良かったかなぁと。
辛さとしては唐辛子の辛さが強い感じ。

普通の担々麺であれば、辛さと共にコクが感じられるのですが、この商品はかなりあっさり目。
胡麻の風味というか、コクがあまり感じられず、かなりあっさりとしておりました。
もしかしたらこれが普通の担々麺ではなく、「塩担々麺」ということになるのかもしれません。
個人的には、担々麺にはゴマのコクが欲しいので、ここは少し残念ですが、「塩担々麺」がそういうものということであれば、それはそれで仕方が無いのかと。
というか、塩味系のあっさりとした担々麺ということで良いのかと思います。

カヤクの中では、見た目と同様にやはり溶き卵が一番印象的。
食べるとフワフワとしていて、それでいてつるんとした喉越し。

全体的な感想としては、個人的には結構美味しいと思いました。
機会があれば、また買って食べてもいいかも。

麺自体が好きなタイプの麺だったので、「マルちゃん正麺」シリーズは、もしかしたら他の商品も買ってみても良いのかもと思いました。