読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

おきらく・ごくらく日記

野鳥とゲームとデジタルガジェットの日々

カップ麺「中華三昧PREMIUM 黒胡麻担々麺」を食べてみました

食べ物 日常

本日コンビニのイートインコーナーで昼食を摂ろうとしたところ、カップ麺のコーナーにて新しい商品を発見。

明星の「中華三昧プレミアム 黒胡麻担々麺」というカップ麺

明星 中華三昧PREMIUM 黒胡麻担々麺 101g×12個

明星 中華三昧PREMIUM 黒胡麻担々麺 101g×12個

「中華三昧」といえば、昔高級袋麺として販売が開始された時期を知っておりますが、ここ数年はあまり見かけなくなったので、てっきり廃盤シリーズになったのかと思っておりましたが、まだちゃんと袋麺も売られていたんですね。

当時は普通の袋麺よりもかなり高かった印象があって、中華三昧1つで、他の袋麺なら2つぐらい買えるほどの高級品だったような思い出があります。
それでも、高くても結構美味しかった思い出が残っている・・・というと、けっこう歳をとっていることがバレそうですが・・・

昔は袋麺でしたが、今はカップ麺もあるんですね。

久しぶりの「中華三昧」との出会い、せっかくなので今日のお昼はこれにしてみることに。
f:id:KEN-S:20160830231639j:plain

カロリーはこれ一食(101g)で441kcalです。
f:id:KEN-S:20160830231700j:plain



パッケージを開けると、あとのせかやく、粉末スープ、調味油が入っておりました。
f:id:KEN-S:20160830231718j:plain

それらを取り出して、お湯を注いで待つ事5分でゆであがりです。
f:id:KEN-S:20160830231730j:plain

先に粉末スープと調味油を入れてよくかき混ぜます。
f:id:KEN-S:20160830231741j:plain

そのあと、あとのせかやくを入れて出来上がり。
f:id:KEN-S:20160830231757j:plain
かやくの黒い部分は胡麻で、その他に味付け肉とネギが入っております。

調味油を入れたあと、袋からすこし漏れたものをなめてみた感じとしては、胡麻のコクが凝縮されたペーストのような感じで、単体では辛さは感じませんでした。

麺はノンフライ麺タイプで、昔からの中華三昧らしい感じ。
個人的にはこのタイプの麺は結構好きです。
今思えば、カップ麺でノンフライ麺を生まれて初めて食べたのも、この中華三昧だったような気がします。

そんな思い出にひたりながら、さっそく食べてみました。

麺をすすってみたところ、麺にスープが程よく絡んで、良い感じです。

しかし、スープの味としては、あまり辛くはありませんでした。
食べ進めてみても、担々麺の割にはあまり辛くはありません。

どちらかというと、胡麻のコクがかなり効いている感じの担々麺です。

辛さがあまり強くなくて、胡麻のコクが効いた担々麺といえば、以前食べた「鳴龍の担々麺」があります。
ken-s.hateblo.jp
あちらはお酢が入っていて、酸味を感じましたが、この「中華三昧 黒胡麻担々麺」はお酢は入っていないので、黒胡麻のコクというか深みを一番よく感じる味に仕上がっております。

辛い物好きの私としては、もう少し辛い方がいいなぁと思いました。

辛くないなぁと麺をすすって、あらかた麺を食べ終えた後、スープをゴクゴクと飲んでいたら一瞬むせてしまいました。

全般的にはそれほど辛くはないのですが、スープだけを飲むと、油断しているとむせる程度の辛みはあります。

辛さにそれほど強くない人でも食べられる、胡麻のコクの効いた担々麺でした。
全体的にはよくまとまって、なかなかにおいしくいただけました。

具材が少し寂しい感じで、もうすこし何か食べた感が得られるアクセントになるようなもの・・・例えばチンゲンサイなどがあればさらに良かったのではないかなぁと。