読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

おきらく・ごくらく日記

野鳥とゲームとデジタルガジェットの日々

PS3「討鬼伝2」をプレイ開始しました

ゲーム 日常

先日、それまでプレイしていたPS3ドラクエヒーローズ2」をクリアーしました。
ken-s.hateblo.jp

特に何も考えずにボタンを押すだけで進行できるゲームは、手軽に爽快感が得られてなかなか楽しい。

その後も、クリアーした後に追加されたイベントなどもプレイしておりました。
しかし、クリアーするまでは色々とストーリーが進行されたり、キャラクターが増えたりとゲームを進める度に新しい刺激が得られて、ゲームを続ける楽しみがあったのですが、クリアーしてしまうと、それもかなり減ってしまい・・・

そろそろ飽きてきたかなぁと言う感じになって、あまりプレイしておりませんでした。

ということで、新しい刺激・・・ゲームを求めてゲームショップへ。

気になったゲームはいくつかあって・・・

先日プレイしていた「BATTLE FIELD」シリーズと並んで FPS としては有名な「CALL OF DUTY」シリーズ。

シリーズとしてリリースされているタイトル数が多いので、どれが良いのか良くわかりませんが、いくつかのサイトを調べてみたら、「モダン・ウォーフェア2」がオススメと書かれておりました。

コール オブ デューティ モダン・ウォーフェア2

コール オブ デューティ モダン・ウォーフェア2

これまでプレイしていなかったゲームで、シリーズ化されている作品は、そのシリーズをプレイし始めるにあたって、どれをプレイするのが一番良いかを選択するのが難しかったりします。

シリーズの最新策が必ずしも良いというわけではなかったりするので・・・
特に「洋ゲー」と呼ばれる海外のシリーズものとなると、同じタイトルで内容がかなり違うものもあったりしているようです。

個人的には「アサシンクリード」シリーズにも興味があるのですが、どれが面白いのか良くわからないので、未だに手を出せずにいます。

そして、PS3SKYRIM」も、ずっと気になっているタイトルで、追加コンテンツ入りの「Legendary Edition」をできればプレイしたいと思っておりますが、未だに手を出せずにいます。

そんなことを色々と悩んでいたのですが、結局、購入したのは洋ゲーではなく、日本製のゲーム。

それは、PS3討鬼伝2」というゲームです。

討鬼伝2

討鬼伝2



このゲームは「モンスターハンター」や「ゴッドイーター」などと同じ、ハンティングアクションと呼ばれるゲーム。

クエストを受けて、モンスターを狩って、そのモンスターから出て来る素材を集めて、新しい装備を作るという感じ。
最終的には素材集めが作業のようになって、プレイしなくなって行くのですが、それまでは結構楽しめるジャンルのゲームです。

そして、この手のゲームは、大体フィールドの範囲が決まっていて、そのフィールド内でモンスターと戦うゲーム。
モンスターハンター」シリーズは、大きなフィールドの中にいくつかの部屋のように区切られたエリアが用意されています。
ゴッドイーター」は、ステージ全体が1つの巨大なフィールドになっています。

ところが、この「討鬼伝2」のパッケージを見ると、ハンティングアクションなのに、オープンワールドと書かれています。
オープンワールド、すなわち、ゲーム内で用意された広大なマップ全てが1つのフィールドとして存在しているゲーム。

ということは、強いモンスターに遭遇した場合、「モンスターハンター」のようにエリアを移動して逃げたりすることができないということに?
もしかして大型モンスターに追われて逃げている最中に、逃げた先に新たな巨大なモンスターがいたりして・・・MMORPG などにあったモンスタートレイン状態になったりするとか?

オープンワールド」のハンティングアクションというのは、これまでにあまり見たことがなく、私自身も初めてだったので、その辺がどうなるのか、非常に気になってしまいました。

とりあえずはまだプレイを開始したばかりです。
キャラクターメイキングは、容姿を結構細かく設定できて、その部分に少し時間を費やしてしまいました。

そのため、スタート直後の簡単な操作チュートリアルをプレイした程度で、本日はまだオープンワールドにすら突入できておりません。

巨大なモンスター(このゲームでは鬼と呼ばれております)との戦いが非常に楽しみだったりします。
そして、トレイン状態が発生するのかも、気になっている点ではありますが・・・

しばらくはプレイを進めてみて、また記事として書きたいと思います。

ちなみにこの「討鬼伝2」は、無双シリーズや、先日までプレイしていた「ドラクエヒーローズ」を作った「コーエーテクモゲームス」の制作チームである「ω(オメガ)フォース」の製品です。
個人的には好きなゲームを制作しているチームなので、ますます期待してしまいます。