読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

おきらく・ごくらく日記

野鳥とゲームとデジタルガジェットの日々

靭公園で白いキノコ

日常

9/21水曜日に大阪の本町にある靭公園へ立ち寄った際。

公園の中央にある花壇の中で、巨大な白いキノコが生えておりました。

せっかくなので、持っていた iPhone で撮影してみました。

あまりにも堂々とした佇まいだったので、最初見かけた時は、てっきり花壇で育てているのかと思ってしまうほど。

実際にはそばにあった植物が本来植えているものだと思うのですが・・・あまりにもそこに群生していたので、白いキノコを栽培しているのかとも勘違いしそうな状態でした。

全部で5つほど、手のひらぐらいの大きさのキノコが生えておりました。

実際には、「スヴニール ドゥ アンネ フランク」というバラの一種が植えられている場所なのですが・・・

この1週間雨が多かったので、生えてきたのかもしれませんが、あまりにも巨大に育っているのにびっくりしてしまいました。

ただ、キノコにはまったく詳しくないので、なんと言うキノコなのか分かりませんが・・・



ちなみに、なぜ靭公園に立ち寄ったかというと・・・
「Pokemon GO」をプレイするためです。

靭公園では結構「ディグダ」がゲットできるので、近くに行った時には、わずかな時間でも立ち寄るようにしていたりします。

「Pokemon GO」のおかげで、普段立ち寄らないところへ立ち寄るようになって、色々と見たり知ったりすることができるので、楽しめております。

ちなみに、野鳥はというと、靭公園では、カワラヒワシジュウカラヒヨドリの声がしていたのですが、案外生えている樹が高いので、その上の方にいて肉眼では確認できなかったりします。

お昼時で、カメラを持って行かなかったので、撮影はできませんでした。

じっくり野鳥を探せば、違う野鳥も見つかるのかもしれませんので、時間があれば、カメラを持って散策に来ても良いのかもしれませんね。