読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

おきらく・ごくらく日記

野鳥とゲームとデジタルガジェットの日々

iPadのハードウェアキーボードの言語変更の方法が変わっていて困った

リビングに家族共用で置いている iPad

スマートフォンを家族で唯一持っていない娘が普段は使っております。

私はたまにしか使っていなかったのですが、一応共用ということで、全員が使える状態にはしておりました。

つい先日、息子がアプリの「モンスターストライク」を一緒にプレイしたいと言われ、プレイしようと思って起動したら、アプリの更新を要求されました。

モンスターストライク

モンスターストライク

  • XFLAG, Inc.
  • ゲーム
  • 無料

結構長い間プレイしていなかったので、当然と言えば当然なのですが・・・

で、アプリのアップデートをしようとストアを覗いてみたら、インストールしている iOS のバージョンではアップデートできないとのこと。

それまでにインストールしていたのは iOS7 だったのですが、アプリをインストールするには、iOS8 以上でないと対応しておりません。

しばらく悩んだ末、iOS をアップデートすることに。

iOSのアップデートは、その時点で公開されている最新の iOS にしかアップデートできないので、その時にリリースされている最新の iOS10 にアップデートすることになりました。

iPad の容量がかなり危険だったので、Macに接続して、iOSのアップデートを行いました。

そして、iOS10になった後、「モンスターストライク」をアップデートし、無事にゲームをプレイできる状態に。

その場は、特に問題なく、息子と一緒に久しぶりにモンスターストライクをプレイできました。

その数日後、リビングで調べものを使用と iPad を取り出し、接続している外付けのキーボードから文字を入力。

LOGICOOL ウルトラスリム キーボードカバー TK710WH

LOGICOOL ウルトラスリム キーボードカバー TK710WH

日本語入力から英語入力に変換しようと、いつものようにキーボードの「Command(⌘)+スペースキー」を入力したところ・・・
f:id:KEN-S:20170106234244j:plain
何故か検索画面が表示されました。

キーボードの入力を間違えたかなぁと思って、もう一度操作してみても、やはり同じ状態。

普段 iPad をメインで利用している娘に確認したところ、数日前からそんな状態だとのこと。
どうやって切り替えているのかと聞いたら、Capsキーで言語入力を切り替える設定にしているとのこと。

設定>一般>キーボード>ハードウェアキーボード>CapsLockで英字モードと切替

をオンにして設定できます。

おかしな挙動をしているなら、先に教えてくれれば良いのにと思いつつ、キーボードの不具合を疑ってみたものの、文字自体は問題なく入力できているので、キーボードがおかしいということではなさそう。

なにか iOS の設定で、そういう設定になっているのかと調べてみても、特にそういった設定項目はありませんでした。

設定もないのに、キーボードの言語変更操作ができなくなっている・・・


一体何が置きているのかとネットで検索してみたところ・・・どうやら iOS9 から発生している仕様変更だと言うことが判明しました。

AppleiOS 側の仕様を、こっそり(かは不明ですが・・・)と変更していたようです。

iOS9未満では、

Command(⌘)+スペースキー

で、入力言語を切り替えることができていました。
ところが、iOS9 からは、

Ctrl(コントロールキー)+スペースキー

で、入力を切り替える方式に変更されたようです。
f:id:KEN-S:20170106234017j:plain


一体何のために、Apple はこういった変更を加えるのかは分かりません。
ただ、ユーザーにとって、不便というか、支障をきたすような変更を平気で行い、それを周知徹底しないというのは、メーカーとしてはどうなのかと。

これまでに慣れ親しんだショートカットを捨てさせるメリットが、一体どこにあるのでしょうか?

こういう状態を見るにつれて、Apple の凋落の片鱗を見せつけられているような気がしてしまいます。

やはり、iOS というか、Apple は早々に衰退してしまうのでしょうか?

iPhone7 も売れていないようですし、Apple にとって顧客からの信頼度を上げないといけないようですね。

ただ、毎年のように必要もないのに iOS や Mac OS のアップデートを行って、ソフトを供給している側や、周辺機器を製造している会社、さらにはユーザーに対して負担ばかりかけていると、そのうちそっぽ向かれてしまうのではないかと思ってしまいます。

そのアップデートによって、何かが劇的に良くなったり、変化するならまだしも、不要な機能が追加されたり、UIが変わっただけだったり、ほとんど意味のない無駄なもの。
しかも、リリース当初は不具合を連発するというのは、正直もううんざりしております。

OSは正直に言えば安定動作してくれることが一番大切だということを、忘れているのではないかとさえ思えて来ます。

OSを毎年のようにメジャーアップデートするよりも、今のOSのマイナーアップデートで安定性を上げてもらう方が良いと思います。
メジャーアップデートは数年に1回で十分だと思っているのは、私だけでしょうか?