読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

おきらく・ごくらく日記

野鳥とゲームとデジタルガジェットの日々

自転車のサドル「SERFAS RXアドバンス」を買いました

昨日ズボンが破れて、自転車のサドルを早々に買わないとダメだと痛感しました。
ken-s.hateblo.jp

善は急げとばかりに、2日間で色々と検討いたしました。

個人的には、最後まで BROOKS の革サドルが気にはなっておりました。

しかし、金額的な部分で、ちょっと高いかなぁと。
同じく革サドルでも、リーズナブルな価格のものが、GIZA PRODUCT というブランドで出ているのも発見しました。

GIZA PRODUCTS(ギザプロダクツ) レザー スタンダード サドル SDL22301

GIZA PRODUCTS(ギザプロダクツ) レザー スタンダード サドル SDL22301

しかし、やはり革が馴染むまでに時間がかかるという部分で、毎日乗っている自転車で、お尻が痛くなるのはダメかなぁと考え、格好はあきらめて、実用性を取ることにしました。

最後まで、穴空きのレザーサドルにするか悩んでいたのは事実ですが・・・

最終的に購入したのは「SERFAS RXアドバンス メンズ」というサドルです。

SERFAS(サーファス) サドル RXアドバンス メンズ RX-921V  267X187 ブラック 651436

SERFAS(サーファス) サドル RXアドバンス メンズ RX-921V 267X187 ブラック 651436

現状で自転車に乗っていると、お尻というか、お尻から局部を結んだ股間部分が痛くなります。

色んなサイトを見ると、同じような症状の人もいるようです。
サイトによって前立腺という表現がされていたり、尿道が圧迫されるという表現がなされていたりしますが、そういう部分が痛くなっております。

そういう悩みをもたれている人のサイトを見たところ、やはり穴空きサドルがそれらの症状の緩和には良いということが分かりました。

個人的には、持ち物には多少こだわりたいというのがあり、自転車に革サドルはかなり格好いいと思うし、経年による革のエージング変化は、育てている感じがして、持っている所有欲を満たされると考えておりました。

しかし、その所有欲を満たすこと以上に、身体的に負担がかかるというか、痛みが走るのは、自転車を日々の移動手段のための道具として考えた場合、本末転倒なのではないかなぁと。

革サドルを使うことで、所有欲が満たされたとしても、痛みによって使えないというのは、意味がないのかなぁと。

そう考えると、所有欲は満たせなくても、道具として使い勝手の良いもの、使い心地の良いものを選ぶ方が良いのかなぁと。

革は使ううちに馴染んで、使い心地が良くなるという話も聞きましたが、馴染むまでの間の苦痛は、現状の痛みから考えると、耐えられないのではないかと。
現状で痛みがなければ、おそらく間違いなく高くても所有欲が満たされて、なおかつ馴染む革サドルを選んでいたと思います。



で、体の状況から穴空きサドルにしようと考えた時に、穴空きサドルをいくつか調べてみました。

VELO Plush VL3147 男性向けサドル VL3147

VELO Plush VL3147 男性向けサドル VL3147

GIZA PRODUCTS(ギザプロダクツ) VL-1146 サドル ブラウン

GIZA PRODUCTS(ギザプロダクツ) VL-1146 サドル ブラウン

SERFAS(サーファス) サドル RXアドバンス メンズ RX-921V  267X187 ブラック 651436

SERFAS(サーファス) サドル RXアドバンス メンズ RX-921V 267X187 ブラック 651436

ただ、それらの商品情報をもう少し調べようと思っても、商品の詳しいサイトが案外少なかったりします。
商品の特徴を比較しようとしても、メーカーのサイトがないので、比較できませんでした。

結局、サイトが見つかったのが「SELLE」 と「SERFAS」ぐらい。
www.sellesmp.net
SERFAS公式サイト | サーファス ポンプ サドル タイヤ

そこで比較検討した結果、スポーツ医学に基づいて作られた「SERFAS RX アドバンス」を購入することに決定しました。

サイト公式の図解に「局部への痛みを低減」と書かれていたのが、決定的だったりします。

実際には穴空きサドルではなく、ツインバーデザインという、左右でそれぞれ独立した座面を持つサドルです。

買いたいサドルが決まったのですが、実物を見てみないと、やはりそのクッションの強さなどは分かりません。
なので、近所で「SERFAS RX アドバンス」の在庫があるお店がないかと調べてみました。

とりあえず、色んなお店のサイトを見て、扱っていそうなお店を何軒か回ってみましたが、「SELLE SMP」の方は結構見かけるのですが、「SERFAS RX アドバンス」の方はほとんど見かけませんでした。

最終的には、「LORO CYCLE」というお店で実物を見つけることができました。
www.loro.co.jp

実物を触ってみたところ、クッション性も結構高めで、溝があるので痛みも少なそうな感じ。
閉店時間間際でしたが、その場で購入を決めて、そのまま取付もお願いしました。

帰宅した後、2段式の自転車置き場に持ち上げようとしたところ、サドルの座面が2つに分離しているので、サドルを持って持ち上げる時には、少々持ちにくかったりします。

お店で実物を見た後、他の商品を見ていて凄いと思ったのが、今回何軒か回ったお店の中で、BROOKS のサドルの品揃えが抜群に良かったことです。

例えば、スポーツサイクルで有名な Y's ROAD さんでは、各種サドルは品揃えがあるのですが、「BROOKS」のサドルは行った時には3つぐらいしか商品がありませんでした。
ysroad.co.jp

ほかに行ったお店では、 BECK ON さんでは、1つのみだったりしました。
www.beckon.jp

ところが、「LORO CYCLE」さんでは、ざっと見た感じ全種類が揃っているのではないかというほどの品揃えでした。
穴空きで気になっていた「B17 IMPERIAL」の実物も見れましたし、「TEAM PRO」も揃っておりました。

色のバリエーションもほぼ全種全色そろっているのではないかというほど。
「エイジドレザー」のモデルも並んでおりました。

ただ、「BROOKS」以外のサドルは、かなり種類は少なかったりしますが・・・もし「BROOKS」の実物を見て買いたいという方は、是非行ってみることをオススメします。

で、取付けてもらって、実際に帰宅するまでに乗ってみた感想としては、これまでに使っていたサドルよりも少し柔らかめで、クッション性がかなり高い感じ。
クロスバイクの乗り心地というよりは、ママチャリに近いような感じでした。
個人的には、ママチャリ感覚で乗れて、それでいてママチャリよりも走れるからクロスバイクを選んだといういきさつがあるので、この乗り心地は悪くない感じです。
真剣に走る時には、このクッション性がどう感じるのかは、分かりませんが・・・

お店から自宅までの短時間しか乗っていないので、最終的な判定はできませんが、サドルがほとんど局部に当たらないので、痛みもあまり感じることはありませんでした。

数日乗ってみないと、最終的な判断はできないと思いますが、現時点ではこの選択肢は間違っていなかったのではないかなぁと。

ただ、やはり実物を見るとますます気になって欲しくなったのは革サドルだったりするので、もしこのサドルがダメになった時には、次に買うときは「BROOKS」の革サドルかなぁと思っていたりします。
次に買うのは・・・今回と同様に長持ちすれば、もしかしたら10年後になるかもしれませんが・・・