読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

おきらく・ごくらく日記

野鳥とゲームとデジタルガジェットの日々

カップ麺「どん兵衛 担々焼うどん」を食べてみました

最近、コンビニの棚で見るようになったカップ麺に、「どん兵衛」の担々シリーズがあります。

売られているのは、「どん兵衛 担々うどん」と「どん兵衛 担々焼きうどん」の2つ。

個人的には、辛いものが好きで、担々麺などは大好きなので、こういうものが出て来ると、真っ先に飛びついてしまいます。

以前、「担々うどん」の方は食べたことがありました。
ken-s.hateblo.jp
その時のイメージは、スープは美味しいけど、麺に絡まないのでイマイチという感じでした。

今回はもう一方の「どん兵衛 担々焼うどん」の方を食べてみようかなぁと買ってみました。
スープではなくソースなので、逆にしっかりと麺に味が絡んで来るのではないかなぁということを期待して。

「辛さしびれる花椒仕立て」という言葉にかなりそそられます。

カロリーはこれ1食(114g)で510kcalです。

カップを開くと、小袋が2つ。ソースと花椒パウダーです。

具は最初から麺の上に入っております。

花椒パウダーは入れる量によって辛さを調整できます。

とりあえず、お湯を注いでフタをとじ、スープをフタの上に乗せて5分待ちます。

5分後にお湯を切って、フタを開くとこんな感じです。

そこにソースを投入して。

混ぜてやるとこういう感じの色になりました。

見るからに辛そうに見えます。



とりあえず、花椒をかける前に、どれぐらいの味なのかを確かめてみたのですが・・・実際にはほとんど辛くなく、むしろゴマのコクや甘みを感じるぐらいでした。

これなら、心置きなく花椒パウダーをかけれそうだったので、全部かけてみました。

まぁ、辛いもの好きの私は、何があっても、全部かけるつもりではあったのですが・・・
さて、これで準備は完了です。

ではさっそく食べてみます。

食べてみると、ゴマのコクとかすかな甘みと、花椒の痺れるような辛さ「麻」が適度に混ざって、かなりいい感じの味です。

具はチンゲンサイと肉ですが、肉はカップヌードルの謎肉っぽい味で、こちらも個人的には好感が持てます。

唐辛子形の辛さ「辣」はあまり感じないのが、少々惜しい感じではありますが、味としては十分に担々麺っぽい仕上がりになっています。

やはり、スープ以上にソースが麺にしっかりと絡んでくれるので、麺を食べていてもしっかりと味わうことができました。

これは個人的には結構美味しく食べれたし、好きな味だったので、機会があればまた買ってみても良いかなぁと思いました。