おきらく・ごくらく日記

野鳥とゲームとデジタルガジェットの日々

カップヌードル「エナジー味噌ジンジャー」を食べてみました

最近、コンビニで見かけながら、手を出さずにいたカップ麺があります。

手を出さなかった理由は、パッケージを見ると、どことなくイロモノっぽく見えたから。

それでも、メーカーが日清で、ブランドもカップヌードルなので、そこまでイロモノではないのかなぁと思ったりも。

ただ、パッケージからは、買うのにイマイチ気乗りしない雰囲気が・・・

それでも、何となく刺激を求めてしまい、本日ようやく手をだしました。
それが、「カップヌードル エナジー味噌ジンジャー」という商品。

買った後にパッケージを見ると、味が「エナジー味噌ジンジャー」となっております。

この名称で、味が想像つかないというのも、手に取りにくい理由の一つかなぁと。
何となく、エナジードリンクのような印象を受けてしまい、味もそれに近いものかと勘ぐってしまいます。

側面を見ると「濃厚豚骨味噌と生姜のキレ!」という表示が。

ここでようやく、どんな味なのかが何となく想像がつきました。

豚骨味噌は結構好きだし、生姜も結構好きなので、パッケージを手に取ってじっくりと見ていれば、味がもっと早く分かって、手を出しやすかったかも。

これは、パッケージというか、ロゴのデザインが、私の趣味に合わないなぁと。
パッケージの微妙なデザインが、手にとって見ようという気にさせなかったという感じです。

カロリーはこれ一食(103g)で471kcalです。

パッケージの外に、後入れの調味油が付いておりました。

「GOLDEN GINGER FLAVOR OIL」生姜風味の調味油というところでしょうか。

「エナジー形!アルギニン・ナイアシン配合」というのは、どこかのエナジードリンクでしょうか。

個人的には、カップ麺にそんなものは求めていないのですが・・・

フタを開けると、こんな感じです。

具材は味付卵、味付け豚ミンチ、キャベツ、赤唐辛子という感じです。

それでは、お湯を注いで3分待ちます。

3分後フタを開くと、こんな感じ。

混ぜた後、調味油を入れて、出来上がりです。



フタを開いた瞬間は、味噌と豚骨の香りがしておりましたが、調味油入れた瞬間に生姜の香りが広がります。

そして、さっそく一口食べてみると、しっかりとした味噌豚骨の味が口の中に広がります。
さらに、そこにかぶさって来るように生姜の香りというかピリ辛の味。

これは、パッケージのイロモノっぽさに反して、味としては結構正当な味で案外美味しいかも。
「エナジー味噌ジンジャー」というような奇をてらった名前を付けるよりも、「生姜味噌豚骨」という直球な味の表示の方が、手に取りやすいような気がします。

味噌豚骨だけだと、少し味がくどくなって、食べ進めて最後の方は少々しんどくなったりします。
ところが、そのくどくなりそうな所に生姜のおかげで、さっぱりさせてくれて、食べ進めてもくどさを感じることなく、最後までおいしくいただけました。

個人的には、パッケージというか、ロゴデザインはあまり好きではありませんが、味としては結構美味しくいただけました。

さらに食べた後、生姜の発汗作用のおかげか、結構からだが熱くなって、汗をかいてしまいました。

パッケージで毛嫌いというか、選択肢に入ってきませんが、食べてみると案外いける感じなので、味噌豚骨味や生姜が嫌いな人でなければ、試してみるのも一興ではないでしょうか。