読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

おきらく・ごくらく日記

野鳥とゲームとデジタルガジェットの日々

書籍「大阪城公園の野鳥 26年間の全記録」が届きました

毎週のように探鳥に出かけている大阪城公園

その大阪城公園で、26年間ずっと野鳥の記録をされている元山さんという凄い方がいらっしゃいます。
blog.goo.ne.jp

大阪城でお見かけした際には、色々とお話をさせていただいたりするのですが、大阪城公園での探鳥での大先輩。

その元山さんが、この度その大阪城公園の野鳥の記録をまとめて、書籍として上梓されました。

それが、「大阪城公園の野鳥 26年間の全記録」というA4サイズ231頁の書籍です。
一般の書店では売られておりませんが、元山さんに直接お願いすれば、在庫がある限りは、1部3000円でお譲りいただけるかと思います。

大阪城で探鳥をする身としては、これは是非入手しないといけないと、先日大阪城でお会いした際に、お金をお渡しして送っていただくようにお願いしておりました。
その書籍が本日無事に到着いたしました。

231頁というのがどの程度なのか、手に取るまでは分かりませんでしたが、結構分厚くて驚いてしまいました。



かなりの情報量があるので、全てに目を通したわけではありませんが、大阪城で26年間に観測された全169種類の野鳥の種類ごとに、何年の何月頃に見られたのかが分かるように表になっておりました。

そこには、過去に見られた野鳥で、今はほとんど見られなくなったものや、過去に数度しか見られたことがないもの、渡り鳥の飛来する季節などが一目でわかるようにまとめられております。

26年といえば、四半世紀以上です。
その間、ずっと観察をされ続けているということに、改めて驚きました。

私はまだ大阪城で野鳥を探鳥するようになってからわずか3年程度、まだまだひよっこです。
しかも、週に1度だけ数時間登城するぐらい。
さらには、見れた野鳥をメモする程度で、元山さんのように数を数えるところまでは出来ておりません。

私には到底真似ができないことを行われて、さらには書籍としてまとめられるということに、尊敬してしまいます。

せっかく元山さんがまとめてくださった書籍、これからの大阪城での野鳥探鳥で生かせるように、細かく読んで知識として習得しておきたいと思いました。

ちなみに、こんな私ではありますが、一応書籍の中に記載されている大阪城で見られた全169種類のうち、1種類だけ私が情報としてお伝えしたものが元になって記載されているものがあったりします。
ken-s.hateblo.jp

大阪城で探鳥をしていて、これほどの偉業にわずかでも助力できたことは、秘かな喜びだったりします。

これからも探鳥を続けて、さらに色んな野鳥に出会えればなぁと改めて思いました。