おきらく・ごくらく日記

野鳥とゲームとデジタルガジェットの日々

Apple の WWDC 2017 でいくつか新製品が発表されましたが・・・

今年も Appleは開発者向けの「WWDC 2017」で新しい製品をいくつか発表しました。
www.apple.com

  • iPhoneiPad用の新OS「iOS11」
  • Mac用の新OS「MacOS High Sierra」
  • 12.9インチと10.5インチの新しい「iPad Pro」
  • プロ向けの新MaciMac Pro」
  • ホームアシスタント機能も備えるスピーカー「HomePod」
  • スペックが上がった「MacBook」「MacBook Air」「iMac

など。

今回も昨年同様に、WWDCでの新しい iPhone の発表はありませんでした。

個人的には、今回の発表では、やはり特に気になる製品や欲しい製品はありませんでした。
ただ、相変わらずAppleの迷走というか、どこへ行こうとしているのかよくわからない製品が多いなぁという印象はありました。
出すものすべてが何らかの魅力を持った製品だったAppleはもう戻ってこないのかなぁと思うと、かなり寂しい感じではありますが・・・

とりあえず、それぞれについて、個人的な意見や感想などを。



iOS11

発表されている現時点の情報では、個人的に気になる機能はありませんでした。
今回もまたどうでもいいアップデートだなぁといのが正直な感想。
我が家のRetina iPad(第4世代)が、アップデート対象から外れたことぐらいでしょうか。
何よりも、大した機能が追加されていないのに、毎年のようにiOSをアップデートする必要はないと思うのですが・・・
それでいて、使っていると、やたらとiOSのアップデート勧告のダイアログが表示されて、非常に邪魔です。
特に問題なく安定して動作しているOSを、わざわざアップデートする必要はないし、使っているアプリが対応しない限りは、iOSのアップデートをしたくないということをいい加減理解して欲しいところ。
iOSのアップデートをやりたくないユーザー向けに、iOSのアップデート通知を切る機能をつけて欲しいです。
あと、デベロッパーの立場としても、毎年のようにiOSが更新されると、それに対してのメンテナンスが負担になるということをもう少し考えても良いのではないかなぁと。

MacOS High Sierra

今回のアップデートでファイルシステムがこれまでの「HFS」から、「APFS(Apple File System)」に変更されるそうです。
「APFS」へは、iOSが10.3から一足先に対応しております。
MacのOSもiOSと同様に、毎年更新する必要性をあまり感じておりません。
安定して動作しているOSやアプリケーションを、なぜわざわざ刷新する必要があるのか・・・
もっとも、MacOSの方はアップデート勧告のダイアログが画面の端に表示されるだけなので、まだiOSのアップデートダイアログよりはうっとうしくはありませんが・・・

iPad Pro

これまでのモデルは、12.9インチと9.7インチの2モデルでしたが、今回は9.7インチモデルの代わりに、10.5インチの新しいサイズが加わりました。
それに伴って、iPad Pro では 9.7インチモデルは無くなったようなので、9.7インチの iPad Pro の新品が欲しい方は今買っておく必要があるかなぁと。

今回のリニューアルでの最大のポイントはディスプレイのリフレッシュレートが120Hzと高速化した点で、Apple Pencilなどの反応が良くなるそうです。
デベロッパーとしての立場からいうと、今回のiPad Pro 10.5インチでは、これまでにない新しい解像度(2224×1668)になっている点。
またテストする解像度が1つ増えて、手間が増えるなぁというのが正直な感想です。

iMac Pro

27インチの iMac と同じ筐体の中に、ワークステーションクラスの性能を入れたモデルです。
筐体の色は通常のiMac とは違う黒色です。
CPUは、Xeonを採用しており、メモリは最大128GB、GPUAMDRadeon Vega、5Kディスプレイ搭載だそうです。
最低モデルでも4999ドルと結構お高い感じです。

個人的には、デスクトップ機で Proと名前につく以上は、ある程度の拡張性があるものだと思っているのですが、現在の Mac Pro もそうですが、後からの拡張性が失われているような気がします。
現在の Mac Pro もその特殊な形状のせいで、グラフィックボードの変更などができなくなって、パーツ単位での変更ができなくなりました。

Mac Pro MD878J/A 3.5GHz

Mac Pro MD878J/A 3.5GHz

さらに今回はモニタまで変更不可能・・・今はまだ 5Kでいいかもしれませんが、8Kが視野に入ってきている状況で、果たしてこのモデルで何年使えるのか・・・
その時にはまた新しい iMac Pro が出るので、本体ごと買い換えるということになるのかなぁと。
さらにディスプレイの不具合が発生した場合は、本体ごと修理に出さないといけないというのは、製品としてどうなのかと。
Apple がプロユースを想定して「Pro」とつけているとすれば、ディスプレイが壊れただけで作業が止まってしまうような製品を、果たして本当にプロがつ会うのかなぁと、正直これはありえない選択ではないのかなぁと個人的には思うのですが・・・
あとは、iMac と同じ筐体で、果たして放熱は大丈夫なのかなぁというのも気にはなります。
ディスプレイも結構発熱しますし、さらにはCPUやGPUも高機能となると、かなりの熱が発生するかと思うのですが、熱暴走とかは考えられているのかなぁと少々心配してしまいます。

  • HomePod

Siri を搭載した宅内向けスピーカーだそうです。
日本での展開は現時点では不明です。
音声制御用にマイクを6つ搭載して、音楽再生中でも声で操作できるらしいです。
個人的には、こういった製品に興味がないので、特に感想もありませんでした。
ただ、スピーカーに音声アシスタントが必要なのかなぁと思ったぐらいです。

各製品が少しずつスペックアップしております。
それぞれの製品で、特に大きな変更はないので、感想も特にはありません。
まぁ、iMac Pro が発表されたおかげで、iMacが何となく安く感じられるようになったぐらいでしょうか。

それでも、個人的にはコストパフォーマンスを考えると、iMac よりは Mac mini の方が魅力的だったりするのですが・・・
できれば、 Mac mini をスペックアップして更新してほしいなぁと。

APPLE Mac mini (2.6GHz Dual Core i5/8GB/1TB/Intel Iris) MGEN2J/A

APPLE Mac mini (2.6GHz Dual Core i5/8GB/1TB/Intel Iris) MGEN2J/A