おきらく・ごくらく日記

野鳥とゲームとデジタルガジェットの日々

いつものショウエイドーのA6方眼ノートを購入

日々の生活でとるちょっとしたメモやアイデアなどをまとめておくのに私が使っているのは A6 サイズの方眼ノートです。

スケジュール帳と一緒に持ち歩いていて、私にとっては無くてはならない存在です。

今はスマートフォンがあるので、ノートやスケジュール帳を持ち歩かない人もいるかと思います。

Apple au iPhone6s A1688 (MKQK2J/A) 16GB シルバー

Apple au iPhone6s A1688 (MKQK2J/A) 16GB シルバー

私もスマートフォンは持ち歩いているのですが、仕事をする時にはスケジュール帳とノートを外すことはできませんでした。

実際に、後から見返すことを考えると、スマートフォンに記録してデジタル化しておく方が検索しやすいとは思います。

ただ、私がノートに書くのは文字だけとは限らず、ちょっとした表やイラストなども書くことが多かったりします。
表やイラストを書くには、デジタルガジェットよりも、昔ながらの紙のノートの方が扱いやすいので、未だにノートを使っております。
何かを考える時にも、ペンを走らせながらノートにメモを書くことで、頭が整理できたりするので、考え事をする時には必需品です。

以前は本を読んだ時に気になったところの引用をノートにメモしたりもしておりました。
※最近は、老眼がすすんで本を読むのが辛くなって、あまり本を読まなく(読めなく)なったのと、気になるところは本に直接メモを書き込んで、後から Evernote などにメモしてデジタル化するので、ノートを使わなくなりました。読書は若いうちにやっておく方が良いですね。

さらには、行ったお店のショップカードや、飲んだお酒のラベルなんかもノートにメモと一緒に貼付けていたりするので、どうしてもデジタル化するのは難しかったりします。

それに、万が一スマートフォンの電池が切れたら・・・スケジュールも確認できないし、メモも取れないというのは非常に困ることになります。

野鳥探鳥の時やワンコの散歩のように、歩き回ることが分かっていて荷物を減らしたい時には持ち歩いておりませんが、それ以外の時はカバンの中に入れて、常に持ち歩いております。

普段から持ち歩いているので、極力邪魔にならないもので、そこそこの書けるスペースがあるものを検討した結果、私の場合は A6サイズが一番扱いやすいとなりました。

そして、メモをとるのと同時に、簡単な表なども書くことがあるので、普通の横罫よりも、方眼の方が扱いやすいという理由で、方眼線の入ったノートを探しておりました。

その2つを加味した結果として、A6サイズで方眼が入ったノートが、私の用途には一番適していると思って、その当時に該当するノートを探したのですが、案外市販されているものにはありませんでした。

今探せば、もしかしたら違う結果になるのかもしれませんが、7年以上前には、見つけることができませんでした。

その当時見つけることができて、比較的手に入れやすかったのが、現在も愛用しているショウエイドーという会社が作っている A6方眼ノートです。

当時からアマゾンで購入することができて、しかも価格的にも安かったので、それ以来は無くなりかければ、追加で購入するようにしております。



ただ、過去に一時期、この会社のノートの生産頻度が下がってしまって、入手できなかった期間もありました。

その時には、他のノートで代用していたのですが、使い勝手はイマイチよくなくて、思わず自分でオリジナルで生産してもらおうかとも考えました。

実際に色々と調べたのですが、最少ロット数で頼んだ場合のノート1冊あたりの単価がかなり高くなるし、かといって単価が下がるまで生産しようとすると、一生かかっても消費しきれないほどの冊数を注文する必要が出て来ると分かったので、独自生産はあきらめました。

結局あまり使いやすくないノートを数冊使った後、ショウエイドーさんがようやく生産を再開してくれたので、再びこのノートに戻すことができました。

それ以来、生産を中断している恐れもあるので、ノートのストックがあるうちに、在庫があるかを確認し、あれば注文するようにしております。

結局、このノートを使い始めて、すでに50冊ぐらい使用しております。
途中、息子がノートが欲しいからと何冊か分けたりもしましたが、ほとんど私一人で消費しております。

そしてまた、ノートの残りがあと1冊となったので、新たに注文して、本日到着いたしました。

今回は、黒表紙のみのものにしました。

10冊入りで、おまけとしてカレンダーとしおり用のゴムと紐がついております。

中身はこんな感じの方眼線がノートの端まで入っております。

紙の裁断位置が違うせいで、方眼の位置はノートごとに数ミリずれて違っていたりしますが、そこまで厳密なものは求めていないので、私にはこれで十分です。

前回購入したのが、2015年の9月だったので、約2年持ったわけですね。
ken-s.hateblo.jp

10冊を2年ということは・・・1年で5冊程度しか使っていないということになります。
昔は色んなメモや、アイデアを頻繁に書きなぐって、1冊で1カ月も持たなかったことを考えると、最近はあまりメモをとっていないということになります。

脳の思考が停滞しているのか、あまりアイデアをメモしなくなったのか・・・これはちょっと自分自身が退化しているのが見える化されたような気がしますね。
もう少し積極的にノートを使うようにしないと、脳が老化してしまいそうな気がしてきますね。

とりあえず、今回注文したノートは、できれば1年以内で使い切るように、積極的にメモやアイデアを書くようにしようかなぁと思っております。