おきらく・ごくらく日記

野鳥とゲームとデジタルガジェットの日々

Docomoの端末購入サポートに「Xperia XZ Premium」などが追加されて悩む

本日、NTT Docomo からの発表で、端末購入サポートの対象端末に、SONYXperia XZ Premium」や サムソン「Galaxy S8」 などが追加されました。

白ロムdocomo XperiaXZ Premium SO-04J Luminous Chrome

白ロムdocomo XperiaXZ Premium SO-04J Luminous Chrome

白ロム docomo Galaxy S8 SC-02J Orchid Gray

白ロム docomo Galaxy S8 SC-02J Orchid Gray

他社から NTT DocomoMNPする場合は、それぞれの端末が 15,552円で入手できます。
期間は限定で、2017/7/21から2017/8/31まで。

この発表を受けて、私としては、かなり気持ちが揺れております。

実は8月1日から9月末まで、ちょうど私が契約しているauフィーチャーフォン(ガラケー)が2年縛りの切れるタイミングだったりします。
せっかくの2年縛りが切れるので、このタイミングで、機種を変更するか、他社へ移行するのか、どうしようかなぁと悩んでおりました。

MNP格安SIMにして料金を下げるか、そのまま継続するか、それとも、何か条件の良い別のキャリアーに移行するべきか・・・

ただ、このタイミングでMNPするというのは、少し都合が悪い事情もあったりします。

私がガラケーというか au から MNP していない理由は、娘に未だにガラケーを使わせているからというのがあります。

中学生の娘がまだ auフィーチャーフォンを使っており、万が一のために娘の携帯電話の位置が分かるサービス「安心ナビ」に加入中。
何かがあった時のために、ガラケーで子供の位置が分かるサービスに加入しております。

MNPau 以外のキャリアに移行した場合は、その「安心ナビ」が使えなくなるというのが、少し困ってしまいます。

だからといって、このタイミングで娘もMNPしたり、スマートフォンに切り替えるというのは、考えられなかったりします。

理由は、我が家のルールとして、スマートフォンは高校に入ってからという取り決めを行っているため。
上の息子も、スマートフォンに変えたのは高校生になってからです。

スマートフォンを渡してしまうと、時代的にSNSなどを利用することは間違いないでしょう。
中学時代に渡してしまうと、娘だけではなく、周囲の友人達も成熟していないため、色々なアクシデントに会う可能性もあるかなぁと。
主にはそういう理由で、SNSのできないガラケーを持たせておりました。

実際には、完全にSNSを遮断しているわけではなく、自宅で共用の iPad を使って、LINE などを仲の良い友人とやっていたりはするのですが・・・

共用の iPad であれば、何かあった時・・・異変などがあれば、その理由を確認することもできるかなぁと。
実際に私や妻が娘の Line を見ることは絶対にありませんが、両親に見られる可能性があるとなれば、娘も少しは考えてやり取りするので、不用意なアクシデントは防げるのではないかという判断です。

ただ、これが娘専用のスマートフォンともなると、そういう抑止力は働かなくなるので、様々なアクシデントに巻き込まれてしまうことがあるのではないかなぁと。

さすがに高校生になれば、娘も周囲の友人達も多少は分別ができて、そういったことが発生する確率は低くなるのではないかなぁと。
そういった理由で、中学生の間はガラケースマートフォンは高校生になってからというのが我が家での取り決めとなっております。

ただ、このタイミングを逃すと、次に変更できるのは2年後となってしまい、その時期まで果たしてフィーチャーフォンが使えるのかどうか・・・
au の3Gケータイ向けサービスである EZアプリ は、2018年3月31日に終了すると公表されている以上、それ以降はいつ 3Gガラケーが使えなくなるか分かりません。

そう考えると、auガラケーからいずれはスマートフォンに切り替えないとダメかなぁと。
そして、今回の2年縛りの切れたタイミングが、ちょうど切替には良いのかなぁと思いつつ、娘のガラケーのことを考えると、今しばらくはそのままにしておく必要があるかなぁといった葛藤を繰り広げております。



そんな中、今回の発表があって・・・渡りに船というか、まるで私のことを見ているかのような、MNP へ背中を押されたような感じ。

しかも、「Xperia XZ Premium」は、脱 iPhone の為の Android 端末としては、狙っていた機種だったりします。
そういったことを考えると、このチャンスに乗るべきではないかなぁと思っていたりします。

ただ、発表された時にも、結局はすぐに移行しなかったのにはいくつか理由があります。

まず一つ目はそのサイズ。
これまで使っていたスマートフォンといえば、最大でも現在メインで利用しているスマートフォンの iPhone6s です。

Apple docomo iPhone6 A1586 (MG4C2J/A) 128GB シルバー

Apple docomo iPhone6 A1586 (MG4C2J/A) 128GB シルバー

Xperia XZ Premium はさらにそれよりも大きく、iPhone6s Plus などに近いサイズです。
実際に、サイズの違いを表にしてみるとこんな感じ。

Xperia Xz Premium iPhone6s iPhone6s Plus
画面サイズ 5.5インチ 4.7インチ 5.5インチ
解像度 3840×2160 1334 x 750 1920 x 1080
サイズ 77×156×7.9 67.1x138.3x7.1 77.9x158.2x7.3
重量 191g 143g 192g

携帯性にはやはり今よりもかなり劣るかなぁと。
それでも、画面が大きくなったことで、見やすさはかなり上がると思われるので、老眼が進んでいる私にしては、これぐらいでも良いのかなぁと思ってみたり。

あとは、カメラについての不具合というか、不都合な仕様。
現在判明しているのは、撮影した画像が、中央がくぼむような糸巻き型に歪むという現象が発生しているようです。
スマートフォンは結構頻繁にカメラとして使っているので、この部分はかなり気になるところです。

あとは、毎月の支払額。
現在はガラケーのプランなので、2000円ぐらいに収まっております。

今回端末購入サポートで 15,552円になるとはいえ、月々の料金については、最低でも 6000円〜7000円ぐらいかかってしまいます。
さらにはそれが、今後2年間続きます。

途中で解約するとしても、端末購入サポートの解約金は約4万円(39,204円)かかるので、それを支払わないようにするには、最低でも14カ月は契約しておく必要があります。

そういった諸々のことを考えると、果たして、このチャンスに乗っかるべきか、どうするべきか・・・かなり判断を迷ってしまいます。

とりあえず、MNPへ移行できるのが、8月1日から9月末まで、まだ少し時間がありますし、「Xperia XZ Premium」の端末購入サポートの申し込み期限も8月末まであるので、もう少しどうするべきか悩んでみようかなぁと。