おきらく・ごくらく日記

野鳥とゲームとデジタルガジェットの日々

「鳥貴族」が値上げを発表したそうです

我が家が外食の際に比較的よく使うお店に焼き鳥チェーン店の「鳥貴族」があります。

鳥貴族「280円均一」の経営哲学

鳥貴族「280円均一」の経営哲学


メニューは全品単一価格の280円(税込302円)と安く、味も悪くないので結構使っております。

育ち盛りの子供2人を含んだ家族4人で外食となると、おいしいお店というのは当然重要ですが、それと同時に安いというファクターも非常に重要なので、コストパフォーマンスに優れる「鳥貴族」の存在は、非常に助かっております。

日によっては、いつも使っているお店が満席だったりするので、その場合はもう一軒別の近くの「鳥貴族」に行ったりもしております。

外食産業の中でも勝ち組とされていて、焼き鳥屋さんだけに、飛ぶ鳥を落とす勢いのはずだったのですが・・・

その「鳥貴族」が本日のニュースで価格の値上げを発表したことを知りました。
www.itmedia.co.jp

今年(2017年)の10月1日から、現在の全品単一価格280円(税込302円)から、全品298円(税込321円)になるそうです。
1品あたり18円の値上げ。

記事によると、人手不足を補うための人件費上昇と、原価の上昇、酒税法改正の影響を補うための値上げだそうです。

それでも、1品300円を越えずに、何とか298円で留めていることろが、会社としてもギリギリの決断だったのかなぁと感じてしまいます。

いつも使っているお店の値上げなので、少し残念だとは感じますが、状況を考えれば仕方がないことかなぁと。



個人的には、今回の値上げの金額についても、まだ許容範囲なので、これからも利用させてもらおうと考えております。

値上げせずに頑張りすぎて、結果会社として倒産してお店に行けなくなるよりは、多少の値上げで、これまで通り利用できる方が、一消費者としてはありがたいですし・・・

何よりも、我が家の近くに焼き鳥屋さんは数軒あるのですが、味はともかくとして、「鳥貴族」ほどの安い焼き鳥屋さんというのはさすがにないので、近くの「鳥貴族」が万一なくなってしまうと、家族4人で外食で利用できる焼き鳥屋さんに非常に困ります。

多少の値上げがあったとしても、残ってほしいし、利用し続けたいと思うお店と、値上げされると、もう行かなくても良いかなぁと思うお店があるのは、自分の中でも不思議かなぁと思ったりしますが・・・

自分の中である程度その商品に対しての価値があって、値段がその価値よりも安ければ利用するし、高ければ利用しないということなのかなぁと。

果たして自分の中で「鳥貴族」の商品にどれぐらいの価値を感じているのかというところだと思うのですが、今回発表された値上げ後の価格については、想定している価値よりも安いと感じるので、今までと同じように利用し続けるだろうなぁという感じです。

個人的には「鳥貴族」には、是非今後もがんばってほしいなぁと応援しております。