おきらく・ごくらく日記

野鳥とゲームとデジタルガジェットの日々

東洋水産「マルちゃん でかまる 辛担々ワンタン麺」を食べてみました

辛いものが好きな私は、新しく発売された辛いカップ麺を見かけると、その時に食べるつもりがなくても、買ってしまう癖があります。
カップ麺は結構商品の発売期間が短いので、何度か買っておけば良かったという後悔をしたことから、そういった癖というか習性が身にしみてしまったのですが・・・

本日もストックの中から、どれを食べようかと悩んだ末、選んでみました。

本日は東洋水産の「マルちゃん でかまる 辛担々ワンタン麺」という商品です。

「からたんたんわんたんめん」という名前が何となく、早口言葉のような感じがするのは私だけかも知れませんが、商品名の語呂的には、何となく楽しい感じがします。

個人的には、「マルちゃん でかまる」シリーズはあまり食べた事が無かったりします。

私があまり選ばない理由として考えられるのは・・・あまり辛いカップ麺が出ていなかったのではないかなぁと。

個人的にはあまり知らないカップ麺でも、辛いカップ麺であれば、結構手に取ることが多いことを考えると、これまでに「マルちゃん でかまる」シリーズからはあまり辛いものは出ていなかったのではないかなぁと。
もしかしたら、私が知らないだけで、出ていた可能性もありますが・・・
いずれにしても、頻繁に商品化されてはいないのではないでしょうか。

この商品は、我が家のストックの中では、最近メンバーに入ったような気がするので、発売されたばかりではないかなぁと思うのですが・・・私の記憶違いかもしれません。
f:id:KEN-S:20170924210434j:plain
「つるっとワンタンとしびれる辛味が絶妙!」と書かれております。

側面の説明はこんな感じです。
f:id:KEN-S:20170924210510j:plain
f:id:KEN-S:20170924210535j:plain
花椒のしびれる辛さ(麻)と唐辛子の辛さ(辣)と聞けば、期待せずにはいられません。

カロリーはこれ1食(135g)で645kcal です。
f:id:KEN-S:20170924210623j:plain

開封してみると、小袋は2つで、後入れ粉末スープと、液体スープです。
f:id:KEN-S:20170924210717j:plain

カップの中にはすでにワンタンやミンチが入っておりました。
f:id:KEN-S:20170924210756j:plain

小袋はいずれも後から入れるものなので、先にお湯を注いで3分待ちます。

3分後に開封すると、こんな状態です。
f:id:KEN-S:20170924210937j:plain

そこに、粉末スープと液体スープを投入。
f:id:KEN-S:20170924211005j:plain

粉末スープの赤さが、かなり期待させてくれます。

混ぜると出来上がりです。
f:id:KEN-S:20170924211031j:plain

それでは、早速食べてみます。



混ぜているときから、担々麺らしい香りが漂ってきますが、その中に少し酸っぱいお酢のような香りが混ざっておりました。

早速食べてみます。
食べてみたところ、醤のコクも一応あり、辛さもあります。

酸味のある味なのかなぁと思ったのですが、そんなことはありませんでした。

ただ、辛さは期待したほどではありませんでした。
それでも、スープを飲んだ時の喉の奥に感じる刺激はそれなりにあります。

花椒の辛さがあると書かれておりましたが、そちらもあまり感じられませんでした。

辛さについて言えば、少々期待外れな感じでした。

麺を食べてみると、案外モチモチしておりました。
通常のフライ麺なので、麺についてはあまり期待しておりませんでしたが、結構いい感じの食感です。

ワンタンについても、皮の部分hあつるっとした食感で、なかなか良いです。
ただし、ワンタンの中に入っているミンチについては、まだ戻し切れていない感じで、粉っぽいというか、ざらっとした食感が残っておりました。
ワンタンの具については、時間的にはもう少し長くお湯の中で戻さないと行けないのではないかなぁと。

辛さ的には、ちょっと期待はずれではありましたが、全体的にはなかなかに美味しかった感じです。