おきらく・ごくらく日記

野鳥とゲームとデジタルガジェットの日々

WiiU「XenobladeX(ゼノブレイドクロス)」をプレイ開始

先日無事にエンディングを迎えた3DSドラゴンクエストXI」。

実はその後もお話が続いていて、現在も引き続きプレイを行っております。

スタッフロールの後はやり込み要素だけだと思っていたら、予想外にストーリーが続いていて、ちょっと驚いております。

これまでのシリーズでは、エンディング&スタッフロールの後は、裏ボスと戦うぐらいのおまけ要素が残っているぐらいだと思っておりました。
しかし、普通にストーリーが展開するというドラゴンクエストシリーズは、オンラインの「ドラゴンクエストX」を除けば、無かったような気もしますが・・・

とりあえず、引き続き「ドラゴンクエストXI」はプレイを続けておりますが、そろそろ新しいゲームも何かプレイしたいなあと思い始め、ストックしているゲームの中から、プレイするゲームを選ぶことに。

とりあえず、携帯ゲーム機はまだ「ドラゴンクエストXI」をプレイしているので、据え置き型のゲーム機の中から、どれをプレイしようかと選んでみると・・・

WiiUXenoblade X(ゼノブレイドクロス)」をプレイすることにしました。

XenobladeX (ゼノブレイドクロス)

XenobladeX (ゼノブレイドクロス)

ハードディスクをわざわざ入手して、ゲームデータのダウンロード&インストールをして、いつでもプレイできる状態にはしていたというのも、選択した理由の一つではあります。
しかし、それ以上に間もなくNintendo Switchで続編となる「Xenoblade2(ゼノブレイド2)」が発売されるということもあって、発売前に前作をプレイしておく方が良いかなぁと。

Xenoblade2 (ゼノブレイド2)

Xenoblade2 (ゼノブレイド2)

発売前といいつつも、現時点では我が家に Nintendo Switch 本体がないので、発売されても「Xenoblade2」をすぐに購入することはできませんが・・・

いつになったら、安定供給されることやら・・・

とりあえず、Nintendo Switch が入手できた際には、是非購入してプレイしたいゲームの1つではあるので、入手する前に前作をプレイしておかないと、入手してからではさかのぼってプレイすることはないだろうなぁということで・・・

WiiUXenoblade X(ゼノブレイドクロス)」は、その前に発売された WiiXenoblade(ゼノブレイド)」の続編のゲームです。

Xenoblade ゼノブレイド(特典なし)

Xenoblade ゼノブレイド(特典なし)


私はWiiXenoblade(ゼノブレイド)」も過去にプレイしております。

広大なフィールドと、ちりばめられた沢山のクエスト。

オンラインRPGのような低レベルモンスターと高レベルモンスターが同じフィールドにいる状態。
全ての要素を楽しみたい私は、発生したクエストを1つずつクリアーしたり、フィールドのモンスターと戦ったりしながらゲームを進めていたのですが、あまりにも量が多すぎて、結局メインのストーリーを最後までクリアーできませんでした。

今思えば、私が初めてプレイしたオープンワールドのゲームは、「Xenoblade(ゼノブレイド)」だったのかもしれません。
今にして思えば、オープンワールドのゲームで、全ての要素をこなしつつストーリーを追うというのは、ちょっと無謀だったかなぁと。
オープンワールドのゲームに慣れていなかったのが、最後までクリアーできなかった理由の1つだと思います。

ただ、個人的にはそれ以降、何本かオープンワールドタイプのゲームをプレイしてきたので、ゲームの楽しみ方も何となく体得できているはず。

ということで、続編である WiiUXenoblade X(ゼノブレイドクロス)」を早速プレイ開始。
f:id:KEN-S:20170926212614j:plain

ゲームを開始すると、いきなり表示されたウィンドウがこちら。
f:id:KEN-S:20170926212641j:plain
WiiU では長時間操作していないと、自動的に電源が切れる仕様があり、その機能をオフにするかどうかの質問です。

ゲームを開始して最初の質問がこれというのは・・・寝落ち対策ということなのかなぁと。
プレイ中に寝てしまって、それまでに進めていたゲームデータが消えるのを防ぐために、こういう設定が用意されているのかもしれませんね。

その後、キャラクターメイキングまで進み、ここでいろいろと触って、自分のアバターを作成していきます。
f:id:KEN-S:20170926212658j:plain

フェイスペイントにパンダなんかも用意されているのは、面白いとは思いますが、使うかと問われると、私は使いません。
f:id:KEN-S:20170926212708j:plain

やはり、四六時中見る事になるキャラクターである以上、多少は見栄えの良いキャラクターの方が愛着がわくかなぁということで。

キャラクターのボイスも何種類かから、選ぶ事ができます。
f:id:KEN-S:20170926212753j:plain
「耽美」とか「中二病」とか、なかなかに面白いものがあったりします。

最終的には、こんなキャラクターを作ってみました。
f:id:KEN-S:20170926212847j:plain

キャラクターボイスは軍人(cv:浪川大輔)です。
f:id:KEN-S:20170926212856j:plain

キャラクターのモデルの顔タイプは青年と書かれておりますが、見た感じはおっさんっぽい出来になっていて、個人的には満足しております。

その後、ゲームが開始され、最初のオートデモが表示されます。
ストーリーが軽く語られて、プレイヤーの現在の状況などが分かります。
f:id:KEN-S:20170926213032j:plain

そして、実際のフィールド移動の際には、簡単なチュートリアルというか、アドバイス画像が表示されました。
f:id:KEN-S:20170926213050j:plain

その後、戦闘前にもこういった画像が表示されていたので、今後も新しい要素が出て来る際には、表示されるのではないでしょうか。

とりあえず、キャラクター作成に少し時間を取られてしまったので、本日のプレイはここまでです。
セーブはメニューを開けば、いつでもできるので、好きなタイミングでゲームを中断できるのは有り難いです。

プレイを開始したばかりで、他にどういう要素があるのかはこれから徐々に判明していきますが、軽く触った限りでは、前作同様に楽しめそうな感じがしております。

オープンワールドのゲームなので、途中で飽きない限りは、クリアーまでに時間がかかると思います。
費用とプレイ時間とのコストパフォーマンスを考えると、オープンワールドタイプのゲームは、かなり優れていると思っております。
ただ、楽しんでいる間に、他に気になるゲームが出てきた時には、そちらに手を出しづらいというのがあったりします。

当分の間は、WiiUXenoblade X(ゼノブレイドクロス)」を楽しもうと思っております。
テレビが使えない時などは、3DSドラゴンクエストXI」も進めて行く予定ではありますが・・・

あと、久しぶりにWiiUのゲームの記事を書きましたが、Miiverseを使えば、ゲーム画面のスクリーンショットが撮りやすいので便利ですね。

ただ、この「Miiverse」については、2017年11月8日(水)15時をもってサービスが終了するそうです。
『Miiverse(ミーバース)』サービス終了のお知らせ|サポート情報|Nintendo

となると、それ以降のスクリーンショットは、従来通りにデジカメやスマートフォンを使って撮るしかなくなるのかぁと思うと、少々残念です。