おきらく・ごくらく日記

野鳥とゲームとデジタルガジェットの日々

またもや給湯器の調子が悪くなって・・・

我が家には床暖房があり、そのおかげで毎冬暖かく過ごせております。

一度床暖房を使い始めると、他の暖房器具が使えなくなるほどで、我が家は冬が来ればかならず床暖房がフル稼働状態となります。

その床暖房が本日、エラーが発生してしまい、動かなくなってしまいました。

床暖房のリモコンにエラーコードらしき3桁の数字が表示されております。
今回のエラーコードは、「643」という数字。
f:id:KEN-S:20171213232949j:plain

今年の春先にも、給湯器の調子が悪くなって、修理してもらったばかり。
ken-s.hateblo.jp

そのときのエラーコードは「140」だったので、今回とは故障箇所が違うっぽいです。

このエラーコードを調べてみたところ、給湯器の暖房ポンプの異常ということが分かりました。

症状を確認してみると、床暖房は使えないのですが、風呂場のシャワーやキッチンからはお湯はちゃんと出ております。

どうやら、症状としては、床暖房を使えないということだけのようですが・・・

これからが冬本番。
そんな時期に床暖房が使えないというのはかなり厳しい状態となります。

前回のように修理部品の交換で対応できれば良いのですが、もし給湯器の買い換えとなると・・・ぞっとします。

何せ給湯器を使い始めて15年近く経過しております。
そろそろ寿命が来たとしても、おかしくない年数にはなって来ております。

しかし、大阪ガスサービスショップに交換を依頼すると、40万円ぐらいの出費となってしまいます。

かといって、大阪ガス以外の一般業者や、メーカーで購入すると、次の故障が発生した時に、どこに依頼すれば良いのか分からなかったりします。


ただ、今回は、床暖房以外は特に問題なく、お湯もちゃんと出ている状態。

となれば、床暖房を使わないという選択肢も、今回に限って言えば、あり得るのかなぁと。
たとえば、電気カーペットを床全体に敷いて見るとか・・・

息子と娘が憧れている、こたつを導入してみるとか・・・

とりあえずはエアコンの暖房でしのぐとして、明日にでも業者さんに来てもらって、修理できるかどうか確認するのが先決かなぁと。
その結果を受けて、どうするかを考えるしかないかなぁと。

大阪ガスのサービスショップにお願いするのか、一般の業者さんにお願いするのか、はたまたメーカーから買うのか・・・
できれば修理だけで、だましだましでも使えると有り難いのですが・・・