おきらく・ごくらく日記

野鳥とゲームとデジタルガジェットの日々

開設した仮想通貨の口座に不安が

先日、仮想通貨の取引用にと取引口座を開設した「Zaif」。
ken-s.hateblo.jp

宝くじ感覚で仮想通貨を購入できればと考えて、まずは口座を作ってみようということで、作りました。

ところが、私が口座を作った矢先に、その「Zaif」で、システム不具合が発生したというニュースが。
japan.cnet.com

記事によると、「簡単売買」のシステムに不具合があって、仮想通貨を0円で売買できる状態になったとか。

それぐらいであれば、ある意味ネットショッピングのサイトで、値段を付け間違えたと同じような感じかなぁというイメージ。

本来だったら数万円する商品を、システムの不具合で0円になってしまったというような話は、たまに聞く話なので、仮想通貨でもそういったことがあったんだなぁと。

ただ、0円で購入した仮想通貨を、高額で売られたら、売った人は丸儲けすることになるかなぁというレベルの感想。

ネットショップの場合は、出た損失はお店がかぶることになるけど、仮想通貨の場合は取引所がかぶる事になるのかなぁと。

ところが、問題はそれだけではなくて、その0円で取引ができた仮想通貨の量だったりします。

記事によると、ビットコインが20億BTCも購入できたとのこと。
日本円にして約2400兆円という金額に相当するそうです。

金額がすごいなぁというのが正直な感想ですが、実際には問題はそこではなくて、購入できたビットコインの量「20億BTC」という部分。



仮想通貨の価値の前提としてあるのが、その発行量に上限が設定されているという部分。

仮想通貨革命---ビットコインは始まりにすぎない

仮想通貨革命---ビットコインは始まりにすぎない

無制限に仮想通貨が発行されてしまと、価値が際限なく0に近づいてしいます。
どういう事かというと、無限と思えるほど存在しているものに、価値はないということです。
例えば、砂漠で無制限に存在している砂に対して、お金を出す人はいないというのと同じ感じ。

公称では、ビットコインの発行予定総量は「2100万BTC」で、現時点では全てが流通しているわけではなく、予定ではマイニングによる採掘(新規発行)が行われて、2140年になってようやく総量が流通する予定となっております。

すなわち、ビットコインの取引上限は、本来であれば発行予定分も含めて「2100万BTC」が上限のはずです。

ところが、今回システムの不具合で取引できたビットコインは「20億BTC」。
ビットコインの総発行(予定)量を上回るビットコインを、0円で購入できて、しかもそれを売りに出すことができたということ。

いくら仮想通貨だからといっても、存在しない量のビットコインを取引できるというのは、あり得ないこと。

今回問題が起きたのは「Zaif」の「簡単売買」という仕組みでのこと。

この「簡単売買」というのは、「Zaif」が保有している仮想通貨を売買する仕組みです。
corp.zaif.jp

通常の取引の場合は、仮想通貨を保有している人が、売りたい金額と数量を取引板に出して、購入希望者がそれを購入して取引が成立となります。
なので、保有している人が、実際の保有数以上の仮想通貨を売りに出すことはほぼ不可能。

ところが、この「簡単売買」の場合は売りに出しているのが、取引業者の「Zaif」で、実際に保有している仮想通貨の量は不明。
一応、「Zaif」が保有している仮想通貨から、購入希望者に仮想通貨を売るということになっておりますが・・・
その保有量が分かるのは、「Zaif」のみだったりします。

なので、購入希望者が「Zaif」から仮想通貨を買ったつもりでお金を支払った場合でも、その買ったはずの仮想通貨が、実際に流通されている仮想通貨なのかは分からない状態。
例えば、その買った仮想通貨を、そのまま再び「簡単売買」で売って「簡単売買」の中で完結した場合、流通されている仮想通貨を売買しなくても、支障はないということになります。

その辺が、もしかしたら「Zaif」の「簡単売買」はノミ行為ではないかと言われている理由です。

しかし、存在しないはずの仮想通貨が、実際の市場に出回っって、売買できていたとしたら・・・

幸い、その大量に入手した人が良い人だったので、0円で入手されたビットコインは、指値で取引の場には表示されたものの、実際の購入は行われませんでした。
そのため、ビットコインの価値は何とか維持できました。
もしこれが、成り行きで売りに出されていたとしたら・・・価値は際限なく0に近づいて、ビットコインが崩壊していた可能性もあります。
さすがに、ないはずの仮想通貨なので、取引まではできないと思いますが・・・

仮想通貨自体が目に見えない不確実な存在であるのに、発行総量に関係なく取引できるとなれば、それこそ何を取引しているのか、全く分からない状態になってしまいます。

実際の通貨等と違って、現実に物理的に存在しないあやふやなものだけに、こういうニュースを見ると、仮想通貨って、大丈夫かなぁと思ってしまいます。

一応取引口座はつくったものの、実際の取引には、慎重ににならないといけませんね。