おきらく・ごくらく日記

野鳥とゲームとデジタルガジェットの日々

「Splatoon2(スプラトゥーン2)」第8回フェスに参戦しました

Nintendo SwitchSplatoon2(スプラトゥーン2)」にて、昨日(2018年3月3日)の15:00から、本日(2018年3月4日)の15:00まで開催されていた第8回のフェス。

Splatoon 2 (スプラトゥーン2)  - Switch

Splatoon 2 (スプラトゥーン2) - Switch

今回も再び、家族でそれぞれプレイして参加してみました。

今回のお題は、「どっちを選ぶ? 花 VS 団子」という、春らしいというか、ひな祭りっぽい感じのものでした。
f:id:KEN-S:20180304212637j:plain

我が家では、私と娘が「団子」側で、息子だけが「花」側に参加しておりました。

一応私は最高ランクに到達できて、「えいえんの団子ガール」になれました。
f:id:KEN-S:20180304213103j:plain

娘と息子も今回は最高ランク、それぞれ「えいえんの団子ガール」と「えいえんの花ガール」に到達しました。

今回用意されたミステリーゾーンは、時間が来ると、エリアが隔離されて、隔離された時点で入っている人以外は誰も入れなくなるというステージ。
f:id:KEN-S:20180304213137j:plain

最初に左右の端のエリアが隔離され、その後中央部分が隔離されてしまうという、少々トリッキーなステージです。
プレイしていると、なかなか駆け引ききが必要なステージで、隔離される時に、いかに相手プレイヤーを進入させずに、味方プレイヤーを中に入れるかというのが重要でした。

隔離された後は、仲間以外はそのエリアに進入できないので、そのエリアは以降塗り放題。
隔離エリアからは、出口用のワープホールができるので、出るのは問題なくできます。

ただ、3つのエリアを取られたとしても、それ以外のエリアをきっちりと占拠すれば、何とか巻き返せることもできていたので、なかなか良く出来たステージだなぁと思ってしまいました。

そしてそのフェスの結果が午後5時に発表されました。

今回も、得票率、ソロ勝率、チーム勝率の3つのうち、上回ったものが多い陣営が勝ちとなります。

果たして結果はというと・・・

まずは、得票率。
f:id:KEN-S:20180304211026j:plain

得票率は「花 43% VS 団子 57%」 で団子の勝ち。
f:id:KEN-S:20180304211108j:plain

個人的には団子の方が多いだろうなぁと予想していた通りとなりました。

プレイしていても、何度か同陣営同士での戦いがあったことも裏付けとなっておりました。
息子が参加していた花では、同陣営同士での対戦がなかったそうです。



さて、続いてはソロ勝率とチーム勝率です。
f:id:KEN-S:20180304211415j:plain

ソロ勝率は「花 51% VS 団子 49%」と花の勝ち。
チーム勝率も「花 52% VS 団子 48%」とこちらも花の勝ちとなりました。
f:id:KEN-S:20180304211522j:plain

ということで、最終結果はというと・・・
f:id:KEN-S:20180304211537j:plain

「花 2勝 VS 団子 1勝」で、花の勝ちとなりました。
f:id:KEN-S:20180304211608j:plain

今回は、私が参加していた陣営が敗北となってしました。
Splatoon2(スプラトゥーン2)」のフェスでは、初めて負け陣営となってしまいました。

得票率が高さそうな陣営に参加して有利なはずだったのですが・・・なかなか上手くはいかないものですね。

負けた場合にもらえる「スーパーサザエ」の個数が気になるところですが・・・
敗北チームではありましたが、最高ランク「えいえんの団子ガール」で、もらえた「スーパーサザエ」はというと・・・21個ももらえました。
f:id:KEN-S:20180304211924j:plain

勝利チームの最高ランクだと24個で、敗北チームの最高ランクだと21個。

3つぐらいの差なら、勝っても負けても、それほど影響はないかなぁと言う感じですね。

以前、勝利チームで真ん中のランク、「スーパー」の時には、9個しかもらえませんでした。
ken-s.hateblo.jp
ちなみに、称号は高い方から純に、「えいえん」「かりすま」「スーパー」「まこと」「ふつう」となっております。

そう考えると、より多くプレイをした方が、勝ち負けに関係なく、多くの「スーパーサザエ」をゲットできるということなのでしょうね。

まぁ、普段のプレイよりもフェスの方が何となく同陣営同士での一体感が感じられて楽しいので、勝っても負けてもフェスを楽しめれば良いのかなぁという気はします。

また次回のフェスも、時間があれば参加できればいいなぁと。