おきらく・ごくらく日記

野鳥とゲームとデジタルガジェットの日々

娘用のPCが到着

先日、娘用としてパソコン工房に注文していた新しいPCが本日無事に到着しました。
ken-s.hateblo.jp

注文してから5日ほどで到着したことになります。


納期が2日〜7日となっていたので、予定納期通りでした。

本体は、ATXタワーサイズの縦型のはずですが、届いた箱は横向きです。
f:id:KEN-S:20180305213643j:plain

安定感という面では、縦型の箱よりも横型の方が確実なので、そういう仕様なのかと思いますが・・・

PCの内部のパーツへの負荷という部分では、本来縦置きのものを横置き状態で移送しても大丈夫なのかと少し不安になってしまいます。

夕方に到着したので、やらないといけないこともあるので、セッティングは明日かなぁと思っていたのですが、娘は今すぐセッティングしてほしいと言われ・・・

だったら、お風呂を洗って入れてきてと伝えると、普段はあまり手伝いをしない娘が即座に行動したのでセッティングせざるを得なくなって、セッティングすることに。



外箱を開封すると、上段に平らなダンボールが入っており、その中にキーボード、マウス、各種パーツの付属品などが入っておりました。
f:id:KEN-S:20180305214007j:plain

メーカー品だとこの辺の各種パーツの付属品などはついてこないので、カスタマイズして組み立てるショップPCならでは。

そして、その上段のダンボールを取り除くと、横向きになった本体が入っておりました。
f:id:KEN-S:20180305214125j:plain

とりあえず、取り出してみます。
f:id:KEN-S:20180305214144j:plain

フロントパネルにはキズ防止のビニールが貼られておりました。

上面からの写真です。
f:id:KEN-S:20180305214209j:plain

前方部分の一部が赤色になっております。
USB3.0端子(芯部が青色)が1つと、USB2.0端子(芯部が黒色)が2つ、そして、ヘッドフォンとマイク端子がついております。

背面はこんな感じです。
f:id:KEN-S:20180305214239j:plain

グラフィックボードはMSI社製のもののようでした。

おそらく、このモデルではないかなぁと思いますが・・・

そして、自宅にあった以前「PowerMac」で利用していた 「Apple Cinema Display」モニターにケーブルを接続。

Apple Cinema Display (20インチフラットパネルモデル) [M9177J/A]

Apple Cinema Display (20インチフラットパネルモデル) [M9177J/A]

キーボードなど必要なインターフェース類を接続します。
f:id:KEN-S:20180305215929j:plain

そのあと、本体を起動しようと思ったら・・・本体の正面にはスイッチらしきものはなし。
電源スイッチを探してみると、本体の上部側面にありました。
(※上面からの写真の下部赤いエリアの右下部分)

無事に電源スイッチが見つかり、本体を起動すると、問題なくモニターに画面が表示されました。
f:id:KEN-S:20180305215306j:plain

実は「Apple Cinema Display」が今回購入したPCで使えるかどうか、ちゃんと調べておらず、立ち上がるまでは不安でした。
もし、起動しなければ、モニターも別で購入する必要があったのですが・・・
とりあえず、解像度は低いものの、無事に画面が表示されたので一安心です。

Windowsのインストール直後の設定をいくつか行って、無事にデスクトップ画面が表示されました。

以前使っていた妻のお古のPC(MacPro)が使えなくなってから、かなりの期間娘はPCが使えない状態になっておりました。

今回、娘専用のPCを新たに購入して、久しぶりにPCを使えるようになって、かなり喜んでおりました。

起動できた後、メールの設定など必要なものだけ設定し、あとは娘に引き渡しました。

すると、以前プレイしていて、PCが使えなくなってからプレイできていなかったお気に入りのブラウザゲームをプレイしていたようです。

とりあえず、ゲームだけでなく、高校の課題のレポート作成などにも使えるようになるので、まぁ良いかなぁと。