おきらく・ごくらく日記

野鳥とゲームとデジタルガジェットの日々

サンガリア「まろうまカフェオレ」を飲んでみました

平日のお昼休みに、毎日のように靭公園でプチ探鳥中です。

一昨日、昨日と順調に渡りが進んでいる事を確認でき、今季初観察の野鳥を一気に増やしたのですが、今日はそれらを一羽も見る事ができず。
ken-s.hateblo.jp

見れたのはシロハラぐらいという状態に。

自然を相手にしていると、こういうこともあるとは分かっているのですが、少々寂しくもあります。

ただ、見れる可能性を信じて、ギリギリまで靭公園に滞在しているため、仕事に戻るのもお昼休みが終わる直前になってしまうことも。
普段は仕事に戻る前に、コンビニに立ち寄ってドリンクを買うのですが、ここ数日はできるだけ野鳥を探そうと長く粘ってしまい、コンビニに立ち寄る時間が取れておりません。

しかし、ここ数日の暑さを考えると、ドリンクなしで午後からの仕事に望むのは、少々厳しいものがあります。
大分県日田市では気温が30度に到達し、全国で今年初の真夏日になったそうですし・・・
コンビニに立ち寄ることができないと、必然的に仕事場戻る途中の自販機などでドリンクを買う必要が出てきます。

靭公園から仕事場までの道中、いくつかの自販機があるので、その中から何か良さそうなドリンクはないかと足早に確認していきます。

そんな状態で、本日見かけたのが、サンガリア「まろうまカフェオレ」というドリンクです。

個人的に、コンビニでドリンク棚は確認するのですが、これは見かけた覚えがない商品です。
500mlのペットボトルに入っていますが、100円で売られておりました。

これは、一度飲んでみても良いかなぁという事で早速買ってみました。
f:id:KEN-S:20180420191419j:plain

カロリーは 100mlあたり 36kcal で、これ1本(500ml)で 180kcalです。
f:id:KEN-S:20180420191430j:plain

他にめぼしいドリンクもなく、コーヒー飲料だからという理由だけで買ったような感じではあります。

個人的には、加糖タイプのコーヒーは、普段はあまり飲まなかったりします。
同じ自販機のすぐ横には、同じくサンガリアのペットボトル入りのブラックコーヒー「まろうまブラック」もあったのですが、コーヒー自体の味がもろに影響するブラックをいきなり買うのは少々勇気がいるかなぁと。

個人的には、サンガリアと言えば「みっくちゅじゅーちゅ」などのジュース系がメインの飲料メーカーのイメージがあり、コーヒー飲料が果たしてどの程度の味なのか少々不安だったこともあったので、カフェオレの方を選びました。

仕事場に戻ってから、早速開栓。



匂いを嗅いでみると、コーヒー牛乳っぽい香りがします。
ただ、その香りの中に、少しだけ焙煎されたような香ばしい麦茶に似た香りもします。

一口飲んでみると、香ばしいローストアーモンドのような香りが口の中に感じられます。
味としては、ミルクと砂糖がかなり強くてコーヒー自体の味はあまり感じません。
香りと同様に、カフェオレというよりは、クセのないコーヒー牛乳に近い味わいです。

少し香ばしい香りのする、コーヒー牛乳というのが個人的な感想です。
かなり無難で飲みやすい仕上がりになっているので、あまり人を選ばずに誰でも飲めるのではないかなぁと。
ただ、甘さもコーヒー牛乳なみにそこそこ甘めなので、コーヒー牛乳が好きな人にはおすすめできるかなぁと。

個人的には、少し甘さが強いので、普段ブラックばかり飲んでいる身としては、頻繁に買おうとは思いませんでしたが・・・
気になる方は、是非一度お試しを。