おきらく・ごくらく日記

野鳥とゲームとデジタルガジェットの日々

Nintendo Switch「Splatoon2(スプラトゥーン2)」第10回フェスが開催されました

Nintendo Switch用ゲーム「Splatoon2(スプラトゥーン2)」にて、昨日(2018年4月21日)15:00から本日(2018年4月22日)まで、フェスが開催中されました。

Splatoon 2 (スプラトゥーン2)  - Switch

Splatoon 2 (スプラトゥーン2) - Switch

フェスのお題は「どっちにロマンを感じる? 未知の生物 VS 先進の技術」です。
f:id:KEN-S:20180422203214j:plain

JAMSTEC」というところとのコラボイベントのようです。
JAMSTEC」というのは、「海洋研究開発機構(Japan Agency for Marine-Earth Science and Technology)」という団体のことだそうです。
JAMSTEC | 海洋研究開発機構 | ジャムステック

さて、「未知の生物」と「先進の技術」となると、どちらも気にはなりますが・・・
ロマンというところで、やはり「未知の生物」の方が良いかなぁと思って、今回は「未知の生物」側に参加することにしました。
f:id:KEN-S:20180422203622j:plain

正直に言えば、前回のフェス以来、「Splatoon2(スプラトゥーン2)」は我が家では誰もプレイしておりません。
現在も私は「ファンタシースターオンライン2クラウド」をプレイしている方がたのしいかなぁとも思っております。
ken-s.hateblo.jp

とりあえず、フェスが開催されていると知ったので、一応参戦しておくことにしました。
f:id:KEN-S:20180422212809j:plain
f:id:KEN-S:20180422213259j:plain

とりあえず、プレイして、約1時間程度で、「スーパー未知の生物ガール」まで到達しました。
f:id:KEN-S:20180422213707j:plain

その後、用事があったのでゲームを終わらせたのですが・・・

結局、その後はプレイできず、結果として今回は「スーパー未知の生物ガール」が最終的な称号となってしまいました。

ちなみに、今回も「ミステリーゾーン」のフェス専用ステージが用意されておりました。
f:id:KEN-S:20180422214227j:plain

今回のステージは、ステージ奥にある「でんでん太鼓」を撃つことで、地形が変化するというギミックでした。
f:id:KEN-S:20180422214510j:plain

両軍のスタート地点は、すぐ真横で、ガラスの壁で仕切られておりました。
f:id:KEN-S:20180422214756j:plain

17:00を過ぎると今回のフェスの結果が発表されました。

はたして、結果はというと・・・



今回も、得票率、ソロ勝率、チーム勝率の3つのうち、上回ったものが多い陣営が勝ちとなります。

まずは、得票率。
f:id:KEN-S:20180422215241j:plain

得票率は「未知の生物 46% VS 先進の技術54%」 で先進の技術の勝ち。
f:id:KEN-S:20180422215302j:plain

未知の生物の方が、分からない事が沢山あって、ロマンを感じると思うのですが・・・どうも一般的にはそうではないようですね。

さて、続いてはソロ勝率とチーム勝率です。
f:id:KEN-S:20180422215633j:plain

ソロ勝率は「未知の生物 49% VS 先進の技術51%」と先進の技術の勝ち。
チーム勝率も「未知の生物 48% VS 先進の技術52%」とこちらも先進の技術の勝ちとなりました。
f:id:KEN-S:20180422215858j:plain

ということで、最終結果は火を見るよりも明らかですが・・・

「未知の生物 0勝 VS 先進の技術 3勝」と、圧倒的なワンサイドゲームとなってしまいました。
f:id:KEN-S:20180422220112j:plain

今回は私が参加していた陣営が負けてしまいました。

今回は最高ランクまで到達できず、「スーパー未知の生物ガール」だったので、敗北チームでもらえる「スーパーサザエ」は7個でした。
f:id:KEN-S:20180422220428j:plain

久しぶりにプレイすると、面白いのですが、プレイしていて、そっから何か新しい変化を感じなくなって来ているので、ちょっと飽きて来たというのも正直なところだったりします。
そうなると、たまにやってくるフェスをプレイするぐらいが、ちょうど良い感じなのかもしれませんね。