おきらく・ごくらく日記

野鳥とゲームとデジタルガジェットの日々

セブンイレブン「生ミルキー」を食べてみました

共働きの我が家は、忙しい日は晩ご飯がなくて、時折コンビにで夕食を買う事があります。

本日もお互いに仕事だったため、夕食をどうするかという話になって、コンビニで何かを買って食べるということに。

妻と私がコンビニに立ち寄って、家族の分の夕食を調達していた時のこと。

仕事で疲れている妻が、ついついコンビニスイーツのコーナーに引き寄せられて、そこにある商品を見ていたところ、1つ気になる商品を発見しました。

非常にシンプルなパッケージで、中には銀紙に包まれた何かがいくつか入ったもの。

パッケージに貼られていたラベルを見ると・・・「生ミルキー(7粒入り)」という表示が。

ミルキーと言えば、不二家が出しているソフトキャンディーです。

不二家  ミルキー袋  120g×6袋

不二家 ミルキー袋 120g×6袋

それの「生」というのは一体どういう事なのか・・・
ちょっと気になったものの、値段が案外高めだったこともあり、買うまでもないかなぁと思った私ですが・・・

妻はというとかなり気に成っている様子。
しかも、仕事で少し疲れていたこともあり、甘いものが食べたいという欲求があったようで、結局そのまま商品はレジカゴの中に入っておりました。

そしてそのままレジで清算し、自宅へ持ち帰りました。

夕食を食べた後、早速家族全員で試食してみることに。
f:id:KEN-S:20180611210412j:plain

7粒入りで203円(税込)というと、1粒当たり30円弱ぐらい。

チロルチョコと同じぐらいの価格でしょうか。

パッケージがかなり質素で、銀紙しか見れないので、他のスイーツのように見た目で美味しそうという感じではないので、店頭でもあまり目立っておりませんでした。

消費期限は結構短めで、2週間もない感じです。
f:id:KEN-S:20180611210448j:plain

要冷蔵で10度以下での保存が必要というところが、普通のミルキーとは違うところです。
f:id:KEN-S:20180611210510j:plain

パッケージを開封すると、中身は銀紙でくるまれているものが7粒だけ入っている状態です。
f:id:KEN-S:20180611210528j:plain

銀紙を開けると、白っぽい立方体が出てきました。
f:id:KEN-S:20180611210542j:plain

ミルキーと比べても結構小さめで、これで約30円というのは、ちょっと高いような感じもしてしまいます。

とはいいつつも、すでに買ってしまっているので、早速食べてみます。



食べるために手でつまむと、つまんだ手の温度だけで、溶け始めてしまうほどで、かなり熱に弱い感じです。

手が汚れる前にと口の中に放り込んでみます。

口の中に入れた瞬間から、勝手に溶けて行く感じは、生チョコを食べているような感覚に近いかもしれません。
そのせいか、どことなく味もホワイトチョコに近いように思えたのですが・・・

溶けて行くうちに、徐々にミルキーの味・・・それもかなり濃厚な味わいが口の中に広がります。

正直に言うと、ミルキーということで、それほど期待はしておりませんでしたが・・・
その期待を裏切るに十分な美味しさがありました。

しかも、あっという間に口の中から無くなってしまって、1粒では食べたり無さを感じてしまうほど、名残惜しい感じです。

しかし、我が家は家族が4人。
生ミルキーの中に入っているのは7粒しかないので、割ってみると1人当たり2粒食べれる人が3人と1粒しか食べれない人が1人。

となれば、その不運な1粒しか食べれない人は誰かとなれば・・・私ということにならざるを得ないかなぁと。

ただ、もしかしたらこの味が嫌いという人もいるかもしれないので、一応同時に食べ終えていた妻や子供達に確認してみる・・・

全員が「何これ、美味しい」という共通の感想を抱いておりました。
ということは、当然予想通りとなって、私は1粒、他の家族が2粒ずつ食べて、あっという間に完食となってしまいました。

個人的には、ミルキー自体はそれほど好きというわけでもないのですが、この「生ミルキー」だけは、1粒だけではなく、もう少し食べてみたいかなぁと思えるほど美味しかったです。

ただ、7粒を一気に1人で食べれるかと聞かれると・・・ちょっと濃い目なので、難しいかもしれませんが、時間を置けば十分に食べきれるのではないかなぁと。

ミルキー好きには是非食べてみて欲しい商品ですが、そうでない方も甘いもの好きであれば一度は体験してみても良いのでは無いかなぁと。
興味がある方は、是非一度お試しを。