おきらく・ごくらく日記

野鳥とゲームとデジタルガジェットの日々

Nintendo Switch「Splatoon2(スプラトゥーン2)」の「Octo expansion(オクト・エキスパンション)」をプレイ

我が家では娘がどうしてもプレイしたいからとNintendo Switch本体とセットで購入した「Splatoon2(スプラトゥーン2)」。

Splatoon 2 (スプラトゥーン2) - Switch

Splatoon 2 (スプラトゥーン2) - Switch

買ってきてから当分は家族で誰がプレイするかという争奪戦が起きるほどの大人気でした。
ken-s.hateblo.jp

しかし、同じゲームをプレイすれば、当然飽きてくるわけでして・・・

毎日プレイしていたのが、2日に1度とか、週に1度という感じで徐々にプレイ頻度は下がり、やがてはフェスの時だけ立ち上げてみるという状態に。

ゲームカートリッジは本体に刺さりっぱなしなので、常に起動時のメニューには表示されているのですが、最近ではめっきり立ち上げることも無くなりました。

娘も最近では Nintendo Switch でゲームをプレイするよりも、パソコンを使っている時間の方が長い感じ。

最近では Nintendo Switch は私がプレイしている時間が一番長いという状況で、プレイしているゲームも「ファンタシースターオンライン2 クラウド」や「Fortnite(フォートナイト)」という感じ。
ken-s.hateblo.jp
ken-s.hateblo.jp

Splatoon2(スプラトゥーン2)」自体はほとんど起動していない状況でした。

なので、つい最近になって、その追加コンテンツとして発売された「Octo Expansion(オクト・エキスパンション)」についても、我が家では買う事が無いかなぁと思っておりました。

ところが先週の末。

息子が突然「Octo Expansion(オクト・エキスパンション)」のダウンロードカードを購入して来ました。
f:id:KEN-S:20180627211715j:plain
f:id:KEN-S:20180627211729j:plain

個人的には、「Splatoon2(スプラトゥーン2)」自体も、我が家では比較的早くにプレイしなくなった息子だったので、何故買ってきたのか意図が分かりませんでしたが・・・
息子曰く、曲が良いから買ってきたとのこと。

なるほど、確かに「Splatoon(スプラトゥーン)」シリーズの曲は、結構ノリの良い曲が多くて、CDなんかも発売されております。

SPLATOON2 ORIGINAL SOUNDTRACK -Octotune-(初回生産限定盤)

SPLATOON2 ORIGINAL SOUNDTRACK -Octotune-(初回生産限定盤)

Splatoon ORIGINAL SOUNDTRACK -Splatune-

Splatoon ORIGINAL SOUNDTRACK -Splatune-

前作「Splatoon(スプラトゥーン)」のサントラCDは、娘が買って我が家にもある状態。
ken-s.hateblo.jp

曲が聞きたいからゲームを買うというのも分からないこともありません。

先週末に私がPS4モンスターハンター:ワールド」をプレイできたのは、息子がNintendo Switchで「Octo Expansion(オクト・エキスパンション)」を買ってプレイしていたからでした。
ken-s.hateblo.jp

結局、息子はその1日で「Octo Expansion(オクト・エキスパンション)」の最後のボスと、さらにその裏ボスまで倒してしまったので、私がPS4モンスターハンター:ワールド」を長時間使えたのは1日だけでしたが・・・

息子がPS4に戻ったので、再び Nintendo Switch のプレイ権が私に戻り、せっかくプレイできるのだからと、私も久しぶりに「Splatoon2(スプラトゥーン2)」を起動し、「Octo Expansion(オクト・エキスパンション)」に挑戦してみました。
f:id:KEN-S:20180627203950j:plain

ちなみに、「Octo Expansion(オクト・エキスパンション)」は一人プレイ専用のモードです。
プレイすることで、ゲーム中で使える様々なギアが入手できるようになります。

以下、一部ネタバレとなる内容も含まれておりますので、そういうことが嫌いな方は、個々から先は読まれない方が良いかと思います。



起動すると、いつものステージ紹介の後にそれらしき会話が加わっております。
f:id:KEN-S:20180627204126j:plain

すでにインストール済みなので、ゲームを開始すると購入特典のアイテムが目の前のダンボール箱に入って届けられました。
f:id:KEN-S:20180627203818j:plain
f:id:KEN-S:20180627203833j:plain

「Octo Expansion(オクト・エキスパンション)」への入り方は、広場のスタート地点から正面右奥にある地下鉄入り口からプレイできます。
f:id:KEN-S:20180627204307j:plain

地下鉄入り口に移動すると、「耳をすます」という選択肢が表示され、それを選ぶことで「Octo Expansion(オクト・エキスパンション)」に突入できます。
f:id:KEN-S:20180627204346j:plain
f:id:KEN-S:20180627204415j:plain

ゲームの最初に、「Octo Expansion(オクト・エキスパンション)」で使うキャラクターの作成を行います。

「ガール」か「ボーイ」かを選び、髪型や肌の色、目の色などを選択すると作成完了です。
f:id:KEN-S:20180627204444j:plain

その後、話を進めると、チュートリアル的なステージをプレイします。
f:id:KEN-S:20180627204607j:plain

そして、NAMACOカードとNAMACO端末をもらって、いよいよ地下鉄「深海メトロ」に乗り込んでゲーム本編の開始。
f:id:KEN-S:20180627204704j:plain

ゲームは地下鉄の駅ごとに短いステージ(チャレンジ)が用意されており、そのステージをクリアーすることで、先の駅へ進めるようになるという感じです。
f:id:KEN-S:20180627204904j:plain
f:id:KEN-S:20180627205022j:plain

チャレンジをクリアーして行ける駅が増えると、地下鉄の路線が増え、進める駅も増えます。
f:id:KEN-S:20180627210327j:plain

各チャレンジごとにプレイするのに必要なNAMACOポイントがあり、それを支払ってチャレンジをプレイします。
f:id:KEN-S:20180627205110j:plain

駅の改札を通ると、チャレンジスタートです。
f:id:KEN-S:20180627205208j:plain

各チャレンジで決められた目標を達成すればクリアーとなります。
f:id:KEN-S:20180627205436j:plain
f:id:KEN-S:20180627205308j:plain

チャレンジをクリアーすると、報酬としてNAMACOポイントを獲得できます。

さらに、「ネリメモリー」と呼ばれるキャラ消しゴムのような収集アイテムも。
f:id:KEN-S:20180627205522j:plain
子供の頃にキャラ消しゴムを集めた世代としてはこの「ネリメモリー」が結構ツボだったりします。
f:id:KEN-S:20180627205618j:plain

「ネリメモリー」にはシリーズがあるそうで、そのシリーズを集めて見せることでアイテムをくれるダイオウグソクムシがモチーフのキャラクターがいたりします。
f:id:KEN-S:20180627210041j:plain
f:id:KEN-S:20180627210137j:plain
f:id:KEN-S:20180627210211j:plain

チャレンジごとにキャラクターのストック数が決まっていて、ストック数を超えて失敗すると、NAMACOポイントを支払ってリトライすることになります。
リトライはそのチャレンジの最初からだけでなく、途中のチェックポイントから再開することもできます。
f:id:KEN-S:20180627205808j:plain

チャレンジごとに、使えるブキは決まっております。
3種類の中から選べるチャレンジもあれば、ブキがない状態でプレイするチャレンジもあります。
f:id:KEN-S:20180627205711j:plain
f:id:KEN-S:20180627211421j:plain

チャレンジの目標には色んなものがあり、敵を全て倒すものや、出現する的を全て壊すもの、ステージのゴールまで到達するものや敵の攻撃をひたすら避け続けるものまで。
f:id:KEN-S:20180627210955j:plain
f:id:KEN-S:20180627211308j:plain
f:id:KEN-S:20180627211355j:plain

Splatoon2(スプラトゥーン2)」自体をかなり久しぶりにプレイしたので、なかなか思ったようにはクリアーできません。
というか、チャレンジによっては、結構難しいものもいくつかあり、正直に言うと果たして私の腕でクリアーできるのか少々怪しいチャレンジも・・・

そういう人のためにゲームは救済措置もあって、同じチャレンジをリトライして、そのリトライ回数が3回目になると、そのチャレンジをクリアーしたことにして、先に進むことができるようになります。
f:id:KEN-S:20180627205849j:plain
ただし、ステージをクリアーした時の報酬のNAMACOポイントと「ネリメモリー」は入手できないようですが・・・

あと、いくつかチャレンジを進めて行くと、テンタクルズの2人とアタリメ指令のチャットを見る事ができたりします。
f:id:KEN-S:20180627210601j:plain
ゲームの進行にはあまり関係ないものなので、チャレンジに疲れた時のヒマつぶしとして楽しむ感じです。

とりあえず、軽くプレイしてみた感じとしては、「Splatoon2(スプラトゥーン2)」の世界観で、ミニゲーム集をプレイしているような感じの内容でした。
チャレンジごとに制約が与えられて、その制約の中で目的を達成する・・・縛りプレイをしているという感じ。
チャレンジ1つ1つも、「Splatoon2(スプラトゥーン2)」本来のシングルプレイのステージよりも短いものがほとんどです。

私はまだ最後まで到達しておりませんが、息子が1日で全てクリアーできたことを考えると、ゲームのボリュームもそれほど大きくはないようです。
それでも、息子は十分に楽しめたと言っているので、本人は満足している様子です。

Splatoon2(スプラトゥーン2)」で、敵との倒すか倒されるかの駆け引きが好きな人にとっては、あまりおすすめできませんが、「Splatoon2(スプラトゥーン2)」の世界観で色んな遊び方をしてみたい人であれば、プレイしてみても良いのではないかなぁと。

但し、通常のゲームよりも全体的に難易度が高めに感じられますので、全てコンプリートを目標としたプレイをする場合は、それなりの覚悟が必要かなぁと。
個人的には、すでにいくつかのステージで挫折しそうになったので、全てのステージの「ネリメモリー」を集めきる自信は、現時点ではなかったりしますが・・・
かといってヘルプ機能を使って、先へ進むというのもゲーマーとしての自尊心が傷つけられるようでやりたくはないので、果たして最後までモチベーションが維持できるかはちょっと分からない状態です。