おきらく・ごくらく日記

野鳥とゲームとデジタルガジェットの日々

ワールドカップで決勝トーナメント進出おめでとうございます

昨夜(2018年6月28日)に行われた、サッカーワールドカップ2018ロシア大会の予選となるグループリーグの試合で、日本が決勝トーナメントへの進出を決めました。

日本が決勝トーナメントへ進出できたので、喜ばしいことですね。

選手の皆さんや周りの関係者など多くの方々が頑張ってきた結果だと思うので、それが結実したので良かったかなぁと。
ただ、すぐに決勝トーナメントが始まるので、まだまだ一息は入れれない状況だとは思いますが・・・

日付が変わる時刻まで試合が行われていたので、応援していた人も結構大変だったのではないかと思います。
リアルタイムで観戦されていた方々もお疲れ様でした。
決勝トーナメントに出場できるので、まだまだ楽しめるのは喜ばしいことですね。

個人的には、サッカーに限らず、あまりスポーツ観戦をしないので、それほど大きな関心は持てなかったりしますが・・・
日本全体で盛り上がっているので、良かったかなぁと。

当然、昨夜の試合もリアルタイムでは見ておらず、翌朝のニュースなどで結果を知っただけだったりします。

ただ、昨晩行われた試合・・・グループリーグ最終戦の日本対ポーランドで、日本が0-1でポーランドに敗れた試合については、色んなところで色々と言われているようですね。



試合前の時点で、引き分け以上で決勝トーナメントへ進出できる日本に対して、ポーランドはすでに決勝トーナメントへは行けない事が決まっている状況。
そんな状況であれば、まぁ優位な方は時間稼ぎを行うようなプレイはきっと出てくるだろうなぁというのは何となく想像できましたが・・・

同一時刻に開催されていた同グループのコロンビア対セネガル戦において、日本と同じ勝ち点4で並んでいたセネガルがコロンビアに1点取られたことで、勝ち点4、得失点差0、総得点4で全て並んだ状態に。
しかも、直接対決の結果も日本対セネガルでは引き分け。

その結果、これまでの試合での警告数の少ない方が勝つというフェアプレイポイントでの判定となって、その点で勝っていた日本としては、イエローカードをいかに受けないようにするかというのが重要な状況に。

という状況であれば、決勝トーナメントに出場するためには、今回の日本が取ったように、たとえその試合で負けていても、イエローカードを受けないように戦うことが最善策というのは、当然の戦略だと思います。

結果、ポーランドに0-1で負けていても、パス回しで危険を犯さずに時間を稼ぐという消極的な戦法となって、スタジアムでは大ブーイングとなったようです。
各国のメディアも、日本が取った行動に酷評するところが多かったようです。

個人的には、この戦略は、大局的に見れば正しい判断だと思います。
結果として、日本が決勝トーナメントへ進めたわけですし・・・

ただ、もし試合をリアルタイムで観戦していた場合は、きっと楽しめなかっただろうなぁと。
試合としてみた場合は、非常につまらないものだったのではないかなぁと。

日本で寝る間を惜しんでテレビで試合を見ていた人。
わざわざみんなが集まるパブリックビューイングの会場で試合を観戦した人。

多くの人が、イマイチ消化不良な状態で決勝トーナメントへの進出を見届けたのではないかなぁと。

一番の被害者は、やはり現地へ行って、チケットを買ってまで観戦していた人でしょうね。
チケット代をしらべてみると、上は210ドルで最低でも105ドルです。
チケット情報│2018FIFAワールドカップ ロシア|SAMURAI BLUE|日本代表|JFA|日本サッカー協会

昨日の試合が、果たしてそれだけの価値のある試合だったのかは、支払った人の判断になるとは思いますが・・・
もし私がチケットを買っていて、現地で観戦していたとしたら・・・間違いなくチケット代を返してほしいと思うかなぁと。

ここまできた以上、できるだけ上へと進んでほしいと願っております。

決勝トーナメントでも、ガンバレ日本!