おきらく・ごくらく日記

野鳥とゲームとデジタルガジェットの日々

2020年東京五輪の競技日程の大枠が決まったそうです

本日見ていたニュースで、2020年に東京で開催されるオリンピックの競技日程の大枠が、国際オリンピック委員会の理事会に提案して承認されたそうです。
mainichi.jp

それによると、東京五輪の開催期間は2020年7月24日から2020年8月9日まで。

いつものオリンピック同様、夏真っ盛りの時期に開催されるそうです。

北半球では7月といえば季節は夏。
何もわざわざ夏場の非常に暑い時期に、炎天下でオリンピックを開催しなくても、日本ならもっと良い時期・・・春や秋に開催すれば、選手にとってもかなり楽だと思うのですが。

聞くところによると、時期をずらせないのは、放送権の問題があるのだとか。
アメリカで人気のスポーツであるアメフトの開催期間や、ヨーロッパのサッカーの開催期間などを勘案すると、オリンピックの開催は7月から8月にしかできないのだとか。

今年を見ても、すでに暑さがかなりのレベルで、熱中症で搬送される人も多数いる状態。
日中の運動は控えるようにという警告すらこのところ連日で届いている状況です。
f:id:KEN-S:20180719214013j:plain

この状況が、2020年までに改善されるとは思えないので、おそらく今と同レベルの暑さの中、オリンピックが開催され、アスリートはこの炎天下で競技をしないといけないことになります。

いくらアスリートが一般人よりも鍛えているとしても、同じ人間である以上、熱中症を完全に克服することはほぼ無理ではないかなぁと。

聞いたところによれば、幼少期に寒い地域で育った人は、汗をかく汗腺の量が少ないのだとか。
すると、寒い地域から日本にやってきて競技を行うアスリート達は、日本人よりも遥かに体温を逃がしにくい体ということになります。
となれば、日本人以上に、熱中症にかかる人が多くなるのではないかなぁと。

そこから考えると、2020年の東京オリンピックは、かなり過酷な状況というか、下手をすると死人が出たりするのではないかと危惧してしまいます。



その辺を勘案してか、本日の競技日程には、当初の予定していた時刻よりも競技時刻を調整したものがあったようです。

例えば、マラソンは当初から30分早めて、午前7時スタートになったり、50キロ競歩も1時間30分早めて午前6時に開始したりと。

ただ、この時期でも週末に日の出前から探鳥に言っている私個人の経験で言わせてもらうと、今の時期午前7時でもすでにかなりの暑さです。

先週は日の出前から大阪城に入りましたが、その時点ですでにセミが鳴いておりました。
セミは28度以上になると、鳴き始めると言われているので、日の出前の時点ですでにその温度を超えている状況です。

さらには、午前7時にスタートしたとしても、ゴールするのはその約3時間後の午前10時。
2020年も今年と同レベルとなれば、おそらく35度を超える暑さになるのではないでしょうか。

42.195キロの大半を走ってきた最後の方で、その気温の中で最後まで走りきって、果たして無事で済むのかなぁと思ってしまいます。

開催時期をずらせないということであれば、時間をずらすしかないものの、その程度の時間調整では、ほとんど焼け石に水程度の効果しか得られないような気がします。

個人的には、熱中症のことを考えると、屋外の競技は全て日中ではなく、夜に行うようにした方が良いのではないかなぁと思っております。

アスリートのパフォーマンスが、果たして夜に発揮できるかは分かりませんが、少なくとも日中に行って、熱中症などで倒れる人がいるよりはマシなのではないかなぁと。

2020年の東京五輪で、熱中症で倒れる人が多数でてくると、今後のオリンピックの開催地選定にも大きな影響が出てくるのではないかなぁと思っております。

7月から8月にしか夏期オリンピックが開催できないとなれば、その時期に夏がくる北半球の都市では開催されなくなって、南半球の都市だけで開催されることになったりするのではないかと。

そうなると、オリンピック発祥の地であるギリシャでも開催できなくなってしまうのではないかなぁと。

あくまで想像の範囲ではありますが、オリンピックの開催時期が7月から8月の間と定めている以上は、そういったことが今後も出てきてしまうだろうなぁと。

個人的にはせっかく日本で開催されるオリンピックなので、是非成功して欲しいとは思いますが、色々と考えて行くと、かなり危ういオリンピックになるのではないかなぁと感じてしまいます。

オリンピック史上、最悪の大会と言われないように、万全を尽くしてほしいと陰ながら願っております。

これならわかるオリンピックの歴史Q&A

これならわかるオリンピックの歴史Q&A