おきらく・ごくらく日記

野鳥とゲームとデジタルガジェットの日々

セブンイレブン「鬼旨辛担々麺」はこれまでに食べたコンビニ麺類で一番辛いかも

セブンイレブンで売られている冷蔵タイプの麺類は、私は結構は頻度で購入して食べております。

全体的に、それなりに美味しいので、個人的には好きだったりします。

ただ、販売期間が結構短い商品が多くて、気に入った麺類でも、季節が変わったりすると、商品棚から無くなってしまいます。

そして、その変わりにまた新しい麺類が登場してと、商品サイクルがめまぐるしく変わって行くのが楽しみだったりもします。

ただ、頻繁に食べてはいるのですが、商品サイクルが短かかったり、全国展開の商品でなかったりするのと、安定している味なのですが、メチャクチャおいしいとか、凄く変わっているというような商品とは滅多に出会えないので、あまり記事にはしておりません。

そんな冷蔵タイプの麺類でも、以前紹介した「Wガラスープの辛麺」は、見た目がイマイチなのに、味が良かったので、これは少しでも広めておこうと思った商品だったりします。
ken-s.hateblo.jp

そして、本日コンビニで初めて見かけた「鬼旨辛担々麺」は、前回の「Wガラスープの辛麺」に続く、辛いもの好きの私としては、個人的にはヒット商品だと感じました。

辛いものが苦手な方は、絶対にオススメしませんが、辛いもの好きな方なら、きっと気に入るのではないかと思います。

「鬼旨辛担々麺」という名前ほどは、見た目はそれほど辛そうには見えなかったりします。
f:id:KEN-S:20180720231107j:plain
薬味というか、追加の調味料として、花椒がついてきます。

ちなみにカロリーはこれ一食で696kcalです。



実際に電子レンジで温めてみて・・・温め時間は結構長めですが・・・開封しても香りを嗅いだだけでむせるというようなこともなく、ほとんど辛さを感じない香りです。
f:id:KEN-S:20180720231152j:plain

混ぜた後に、付属の花椒を振りかけて、早速食べてみます。
f:id:KEN-S:20180720231213j:plain

香りはそれほどでも無かったのですが、実際に食べてみると、結構な辛さ。
むせるほどではないにしても、この辛さは結構なものです。

振りかけた花椒のおかげなのか、最初に感じたのは痺れるような「麻」の辛さ。

そして、食べ進めるうちに、唐辛子の辛さ「辣」の辛さが出てきます。

(超鬼殺し50g×2袋入)(NET.50g×2) NP

(超鬼殺し50g×2袋入)(NET.50g×2) NP

この「麻」と「辣」の辛さが渾然一体となって、舌の上で感じられます。

それでいて、決して辛いだけではなく、そこは担々麺らしくしっかりとしたコクもあって、結構美味しいです。

そして、食べ進めるにしたがって、体中から汗が吹き出て来るのが分かります。

夏場に大汗をかきながら食べるので、途中で飲み物を補給しないと、もしかしたら最後まで食べきれないかもしれない感じです。

個人的には、いろんなコンビニの冷蔵タイプの麺を食べてきましたが、この「鬼旨辛担々麺」が、私がこれまで食べた冷蔵タイプの麺の中では、一番辛いかもしれません。

辛いものが苦手な人は、手を出さないとは思いますが、普通の辛いモノ好きの人でも、かなり手応えというか、食べ応えがあるのではないかなぁと。

本日初めてコンビにで見かけたので、おそらく発売して間がないのではないかと思われます。
個人的にはかなり気に入ったので、チャンスがあればまた食べたいと思っております。

辛いもの好きな方は、是非一度近くのセブンイレブンでお試しを。