おきらく・ごくらく日記

野鳥とゲームとデジタルガジェットの日々

「レモン大福」を食べてみました

普段私は、あまり甘いおやつ類を食べません。
どちらかと言えば、甘いおやつよりも、辛いスナック菓子の方が好きです。

スナック菓子をつまみながら、ビールを飲むというのが、私がスナック菓子を食べる時の主なスタイルです。

それでも、稀に甘いおやつでもお店で見かけて、ついつい買ってしまうことがあったりします。
そういう買い方をする商品は、定番で売られているものではなく、私がこれまでに食べた事がない新商品や、その存在を知らなかった商品が多かったりします。
どんな味がするのか気になるという感じで、好奇心からついつい買ってしまうことがあります。

ただ、それまでに見かけていたとしても、あまり買おうと思わない商品が、その日だけ突然に買ってみたくなるということがあったりもするので、気持ち的なものか、体調的なものも影響している可能性はあります。

本日、コンビニで見かけたのも、そんな感じで、突然食べてみたくなった商品でした。


「レモン大福」というその商品は、お菓子の棚にひっそりと並んでおりました。

もしかしたら、以前からその棚で見かけていたのかもしれませんが、あまり気にも止めていなかった商品です。

しかし、今日見かけたところ、唐突に食べてみたいという欲求に教われて、ついつい買ってしまいました。

個人的には、考え方が案外古い人間で、「大福」という和菓子に、果物が加わったようなお菓子はあまり手を出したりしません。
「いちご大福」なんかは、その典型で、積極的に自分から買おうという気が起きなかったりします。

たた、食べてみると、案外いけたりするのですが、どうも自発的には買おうと思いません。

それなのに、「レモン大福」を何故買いたい、食べてみたいと思ったのか・・・

暑い日が続くので、もしかしたらレモンの酸味をカラダが欲していたのかもしれません。
味の想像がつきにくいというのも、原因の一つだった可能性もあります。

理由はともかく、ついつい手に取って気づけばそのまま買ってしまっておりました。
f:id:KEN-S:20180726214549j:plain

カロリーは1個(17.3g)で58kcal。
f:id:KEN-S:20180726214606j:plain
一袋(4個入り)食べれば、240kcal程度です。

原材料には水あめやもち粉、レモン砂糖漬けなどが含まれております。
f:id:KEN-S:20180726214636j:plain

それでは早速開封してみます。



開封してもそれほどレモンの香りはしません。
一袋の中に4つはいっております。
f:id:KEN-S:20180726214657j:plain

食べる前に断面をと半分に切ってみるとこんな感じです。
f:id:KEN-S:20180726214712j:plain

あん自体も黄色で、レモンピールが混ざっているのが分かります。

それでは、早速食べてみます。

外皮は求肥のような、羽二重餅のような感じのもちもち食感です。

タヌマ ぎゅうひ(赤・緑) 500g 冷凍

タヌマ ぎゅうひ(赤・緑) 500g 冷凍

みのや 羽二重餅 20枚入

みのや 羽二重餅 20枚入


食べてみると、あんが予想以上に甘いです。
あん自体が柑橘系の甘さが強いもので、その中に含まれているレモンピールのかけらが、酸っぱさ出してくれております。

そのレモンピールのおかげで、口の中にレモンの香りが広がります。

しかし、レモンピール以外の部分では、レモンの酸味はなく、レモンピール自体もそう多くないので、酸味はあまり感じられません。
味全体としては柑橘系の結構爽やかな感じです。

てっきり外側の粉がレモンパウダーだと思ったので、レモンの香りや味がついていると思ったのですが、舐めた感じでは普通のメリケン粉のように、それほど味や香りを感じませんでした。

個人的には、もっとレモンっぽくして、酸味を強くして欲しいかなぁと。
あんの中のレモンピールが、もう少し多い方が個人的には好きです。

「レモン大福」ではありますが、レモンピールの部分を除くと、ほぼ甘い柑橘類の味という感じでした。

調べてみると、レモンあんだけで売られていたりするようですね。

甘いものが好きで気になる方は是非一度お試しを。